「会議」タグアーカイブ

手を動かしつつ,全く別のことに頭を使うということ

Santa Feのクリスマスツリー
Santa Feのクリスマスツリー

会議続きの今日一日,数時間もすれば集中力も途切れがちになり,ちょっと別の仕事ことを考え始めました.込み入ったことじゃなく,よく小学校の算数の問題である「ミカンが3つありました.そこから2個取ると…」みたいなもの.

会議室にあったメモ用紙に,ミカンの組み合わせを◯☓◯☓で書いていたら,メモ紙一面がまるでマルバツゲーム状態.隣の人から「何してるの?」とは聞かれませんでしたが,変な目で見ていたことだけは確か.でもちゃんと会議の内容は聞いてましたよ.

会議中ずっと手を動かしてる人を,たまに見かけます.今まで見た中で一番極端な例は,お絵かきでした.

ひたすらペンを動かす人.てっきり会議のノートを取ってるのかと思ったら,絵です.それも思いっきり細密なもの.あまりに細かい絵なので,遅々として進まない.成る程これならつまんない会議の暇潰しに最適…って,いいんかいな,そんなことしてて.

かつて会議中ずっと編み物してる女性がおり,業界内では有名でした.彼女が言うには,編み物で手を動かす分には頭は使わないんだそうな.ちゃんと意識は会議に集中してるんだから,何も問題無いとのこと.

僕もピアノを弾きながら,頭の中で全く別のことを考えてることがあります.目で楽譜を追い,殆ど自動的に指先を動かす.でもそっちには意識が行ってない.ふと気づいたら,一曲弾き終わってた,みたいな状況.信じられないかもしれませんけど,結構普通にあるんです.もしかして演奏中は,誰かが乗り移ってるのかも.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

案外と目立つ証拠は見えてない

img_2540

かつての出張時のこと.白状しますが,友人と会議を抜け出し,近くの植物園に行ったことがあります.一時間程で戻ってきて,あたしゃずーっとここに居ましたよん,という顔をして会議室へ忍び込みました.

誰かがプロジェクターで発表してますので,部屋は仄暗い.案外他の出席者のことなんて誰も気にしないものです.ここまでは完璧.

その講演が終わり,質疑応答時間になったときのこと.ほとんど発表を聞いてなかったくせに,その友人,質問の手を上げたのです.もしかしてずっと在室してたことを更に印象付けようとしたのか.でも質問に立ち上がった彼の姿を見てびっくり.

胸ポケットに,植物園のパンフレットが...

なんでそんなもん,わざわざ取ってくるんだよ〜.あまりに堂々と証拠を白日の下に晒しておくと,返って目立たないものです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

突然の代理講演もこなす図太い神経

代理という意味の英単語 surrogate は,日本では「サロゲート」と読まれることが多いと思いますが,実際の発音は「ソリゲート」のように聞こえると思います.研究会等で登壇者が急用で来られなくなり,その代理講演をした話.

自分の共同研究者の代理なら発表内容は分かっているので,どうにでもなります.過去にも何度か同僚の代理発表をしたことがあります.でも問題は全く無関係の発表の代理.そんなのやると嘘八百並べてしまいそうですが,頼まれて已むを得ず講演したことも何度かあるのです(普通そんなの,会議主催者は認めないよね)

アプリコットの黄葉
アプリコットの黄葉

勿論発表スライドは予め送ってもらいます.それを予習しておき,あたかも自分の仕事のように喋るわけですから,もうこれは詐欺モノ.

どうやら僕がそんな詐欺に長けていると思われてるらしく(前科があるので),昨日まで参加していた会議でも突然そんな依頼が来ました.会議参加者の一人が母親危篤の知らせに早退し,彼から発表スライドとともに代理講演依頼のメールが送られてきたのです.

ええ,やりましたとも.発表10分前にざざざーーっとスライド全体を眺め,ややこしそうな所はスキップすることに決め,本番では

「ここんとこは,非常に技術的な内容ですので割愛します

もうこれを詐欺と言わずしてなんと言おう.

Halloween Chocolate
Halloween Chocolate
FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

カタチから入る国際会議

dsc05563

来週,少々堅苦しい会合に出席する予定です.どれだけ堅苦しいかって,出席者のおそらく殆どがネクタイを締めてているぼど.僕が普段出席する,短パンTシャツがうろついてるような会合とは大違いです.

畢竟自分もフォーマルな服装を余儀なくされる訳ですが,そういうのに慣れない僕としては,何とか目立たないようにラフな格好で過ごしたいと企む訳です.

こういう場合の僕の服飾変遷は,以下のとおり.

会議初日の月曜日.おそらくは自己紹介みたいなのがありますので,参加者の耳目を集める瞬間もあるでしょう.ジャケットにネクタイ,シンプルなシャツ,下は見えないのでコットンパンツでOK.

会合2日目の火曜日.ネクタイは締めたまま.Yシャツ.暑いようならジャケットは無しで.

水曜日,木曜日.半袖綿シャツかポロシャツに薄手ジャケットを引っ掛ける.下はジーンズ.

金曜日.すでに参加者は疲れてだらけています.ポロシャツとジーンズでOK.

とまあ皮算用してるわけですが,考えてみればスーツにしときゃ楽なんですよね.何も考えなくていいんだもん.問題は,この歳になって未だにスーツなるものを持ってないことか.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

研究費を洗濯すること

レンタルバイク
お金は天下の回りモノ

日本に負けず劣らず,こちらの職場でもややこしい倫理規定が山のようにあります.ここ数年面倒になってきたのが,会合を開いた際に出すコーヒーとお茶菓子.これを税金から出すのはまかりならんと言うわけです.ご高説ごもっとも.

でもですよ,お客さんにお茶の一つも出さないなんておもてなしの心に欠けるじゃありませんか.

会議にコーヒーを調達する唯一の方法,それは参加費を取ることです.お客さんを招待しておきながら会費を取るなんて,これまた残念至極ですが,大方の参加者は無コーヒーよりお金で解決するほうを選びます.

さてじゃあ会費を幾らにするかという算段を同僚としていた時のこと.ふと思いついたのです.

要するに,自分たちが参加費として大枚払えばいいんじゃないか.つまり,外部からの参加者からはお金を取らない.自分達が参加費として,一人10万円くらい出す.

勿論自前ポケットからじゃないですよ.会議参加費は経費として認められるので,研究費で払うことができます.結果的に自分たちの研究費からお茶代を出すのと変わらない.

これっていいのかな.同僚は「そりゃマネーロンダリングだろう」と言うのですが...

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

融通がきかない日本の研究所事務

大人のきのこの山
大人のきのこの山

日本の某研究所からSanta Feの会議に参加された方から,ちょっとした依頼がありました.会議参加費の領収書を作りなおしてくれ,とのこと.

領収書ならとっくの昔に発行済みの筈です.それを無くしたのかと思ったら,そういう話では無いらしい.

彼が言うには,

「あの領収書は昨年度の日付になってるんですよ.事務から『4月過ぎたので今年度のもので無ければ決済できない』と言われました」

一瞬目が点になりました.それって思いっきり日本だけの事情じゃん.そもそも今年って平成何年?

別に領収書を印刷し直すくらい訳無い話です.でも何だかすっきりしませんよねぇ...

最近,日本の所謂研究所と呼ばれる閉鎖空間に生息する世間知らずな研究者達の実態が,しばしばテレビに映されております.そう言った研究者ばかりが研究所運営に迷惑かけてるようにも見えますが,実はすごく迷惑な事務方も生息してたりします.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail