「会議」タグアーカイブ

急がば回れの会議準備

来月幾つかの講演をこなす必要があり,この週末は発表スライドを作っておりました。スライドって未だ呼ぶのも変ですが,まあプレゼンです。さすがにOHPと呼ぶ人はもういませんが,viewgraphと呼ぶ人は今もたまにおります。

発表スタイルにも個性があります。毎回基本はほぼ同じスライド,でもちょっとだけ内容を変えて持ってくる手抜きスタイルとか,動画てんこ盛りの凝ったのが好きな人とか,ネットで集めてきた,それって著作権的にどうなのよ画像だらけなのとか。

僕は大体毎回作り直しますが,勿論過去に使ったプレゼンテーションのリサイクルはします。適当に喋ればいいだけの会合なら,当然リサイクル率は上がります。時間の節約。

さて来月の講演分も時間節約と思い,2つの会議のスライドをまとめて作っていたのですが,それが良くなかった。聴衆がかなり違うということを,深く考えていませんでした。

このページは,あっちの聴衆にはいいけど,こっちの聴衆には難しすぎるとか。これはあっちの興味外とか。今日,ようやく30ページのプレゼンを完成させた後,2つに分離することに決定。こりゃ初めから真面目に2つ用意しておいたほうが早かった。眼精疲労が …

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

会議でRed or Green

先々週のSanta Feの会議ではmy Laserポインターを持って行きました。緑色のはっきり見えるタイプなので気に入っています。元々パワーの必要なタイプです。スペアの電池も持参。これで準備万端だと思っていました。

ところが使い始めるや,みるみる光が弱くなっていきます。最初はレーザーポインタのトラブルかと思いました。どこか接触不良かと。でも電池を交換すれば,暫くは元に戻ります。半日毎に電池交換する始末。

挙句の果てには,緑は良くないと,会場から赤レーザーを登壇者に渡す人まで出てきました。経験上,赤のほうが信頼できるんだとか。

Red or Green

終いにはスペア電池も無くなり,同僚にコンビニで買ってきてくれと頼みました。こんなのしかなかったからと彼が持ってきたのは,少々高級な電池。4個で$15くらいします。お金を渡そうとしたら,要らないと言う。

そしてその電池が全ての問題を解決しました。その後の二日間,全く交換不要。しかも先週のウィーンでの会議でも大活躍し,ようやく光が弱ってきた模様。

どうやら最初に使っていた無印電池があまりにしょぼかったらしい。リモコンとか時計なら問題無かったものの,レーザーはちと荷が重かったか。

電池代を受け取らなかった同僚君には,ウィーン土産を渡すことにしました。Leschanzのチョコレート,お気に入りのショコラーデで,よくここを利用します。

以前も書いたと思うのですが,この店舗は元々ボタン屋さんだったそうで,棚の上の方にその名残のボタンが並んでおります。某クイズ番組でこれが問題になったんだそうですが,さて,ふしぎ,発見!

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

お茶会は少なめに

仕事中,コーヒータイムを設けて,そこで雑談しつつ仕事の進め方などをざっくばらんに相談する.そういう方針を取ってる大学や研究所があります.大英帝国の大学だとティータイムですけど.

悪いアイデアでは無いとは思うものの,半ば強制参加になるのはやはり鬱陶しい.僕のような「人見知り」はなおさらです.コーヒールームに出かけて行ってそこで会話するなんぞは,慰労金を出して欲しいほど.そもそも自分のオフィスに自分専用のコーヒーマシン置いてますし.

そんなのを避けつつやってきたものの,数ヶ月前からうちのポスドクがコーヒーミーティングをやろうと言い出し,会議室の予約まで手配する始末.仕方ないのでしばらく付き合っていましたが,これじゃ会議の時間を増やしてるようなものです.

そこで彼に提案,というか半ば強制的に,

「隔週で内輪のセミナーやってるよね.でも毎回セミナーは無いじゃん.あの時間をさ,セミナーが無いときはコーヒーミーティングにしよう」

勿論,参加できる人だけで,という条件付き.つまり,今ちょっと忙しいからとサボる口実を付けたわけ.ざっくばらんなミーティングでも会議は会議.少ないほうが良いに決まってます.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

専門外の会議は苦手

町中から見たPajarito山の山肌,そこに広がる黄色く色づいたアスペン.山火事で木々が燃えてしまった場所に,びっしりとアスペンが生え,黄色のカーペットになっています.こうやって森が再生していくらしい.

さて全然関係のない,一昨日あったミーティングの話.普段自分たちがやるミーティングは,専門的な内容です.当然会話は英語ですが,30%くらいは専門用語だし,さほど苦痛ではありません.

でもこの会議は管理職を交えた事務関係,アメリカの会議です.おとなしく黙っていようものなら,突然こっちに振られて意見を求められます.普段滅多に使わないような単語も連発されます.そりゃ滞米期間長いので,会話の内容には問題ありませんが,それでも緊張しっぱなし.

ちらちらとスマホ画面の時計を見つつ,早く終らないかなとひたすら我慢しておりました(日本語だから,書いても大丈夫だよね).
FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

黙想会の参加は自腹

Retreatの普通の意味は後退とか退却,あまり前向きの意味ではありません.避難,隠遁,隠れ家なんていう意味もあります.でも学問の世界での「退却」はちょっと違う.おそらくは宗教上の修行期間の意味から来てるのだと思いますが,Research Retreatと言うと,ちょっとばかり職場を離れてじっくり考える機会となります.

大学の環境を飛び出し,ミーティングルームでも数日間借りてざっくばらんに仕事してみる.別に決まった方法はありません.気分転換しつつ,あれこれ話し考える.そんなRetreatをうちでもやろうという話になりました.大学関係のRetreatに参加したことはありますが,自前でやるのは初めて.

まずは場所の選定.僕はLos Alamosの町中のどっかでいいんじゃないって言ってるのですが,Santa Fe組は当然Santa Feを主張.さすがにSanta Feには勝てませんので,じゃあそっちで良いよ.ホテル? うんそう.ランチは? ケータリングする.等など.

で,一番気になるところを質問.

「全員,Santa Feのホテルに泊まるんだよね」
「いや,俺は家から通うよ」

ん? 泊まれないの,と聞いたら,職場から近すぎるから出張扱いにならない,つまり宿泊費が出ない.泊まりたきゃ自腹...ってなんだいそれ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

出張中に焼きを入れる

なんともいかつい装置ですが,

自分で焼くワッフルメーカー.ホテルのロゴが入るところを見ると,特注なんでしょうか.かなりふわふわです.もうちょっとパリっとしてるほうが好きなんですが.

やっとNew Yorkでの仕事が終わりました.明日早朝,空港へ向かいます.折角の祭日だと言うのに移動に消えてしまう理不尽さ.日本だったら出張の移動なんてすぐなのに.

それにしても,どうしてこんなに出張が多いんだろう.職場の同僚には,出張なんて滅多に無いと言う人もいます.思い返すに,日本の職場でも僕は不在がちで連絡を取りづらいことで知られてたらしい.こういうのは個人の仕事のやり方で決まるのかもしれません.

さて今日の会議中,来年夏に開催されるらしいワークショップの話題が出ていてたのですが,その講演者リストに僕の名前が...

聞いてないよ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail