「会議」タグアーカイブ

マスクあったりなかったり

マスク着用解除になったと思ったら,再び室内では着用せよ,と思ったらまた解除。CDCの勧告に従っているとは言え,なんだか慌ただしい。ずっと着用したままの人もいますが,さすがに暑苦しいので,僕はせいぜいバス中で付ける程度。

そんな着用義務が戻ってきたときのこと。30分ほど人前で喋る機会があり,当然ながらマスク越しです。普通に喋ってたら,マイクがうまく声を拾わないとかで,もっと大きな声を出してくれと。

頑張ってspeak upしてたのですが,途中でなんだか軽い目眩。貧血かな,なんだろう,ここで倒れたら大変と半パニックになりながら喋っていてふと原因に気づきました。

酸素が足りない!

マスクしてる上に声を張り上げて30分も喋ってたら,そりゃ軽い酸欠です。マスクちょっとずらしながら何とかその場を乗り切りました。

でもこれって予想されることですよねえ。講演者のマスクはなんか考慮して欲しいもの。

寒くて暑くて

極端な寒波も去り,ようやく日中の気温が数度まで上がってきました。まだまだ路面凍結してますが,軽く上着羽織るだけで外を歩けます。

通勤の朝,車を降りてオフィスまで野外を歩くこと50mほど。日差しさえあればぽかぽか。昼間は部屋の気温も急上昇し,下手すると冷房のスイッチを入れるほど。

そして会議室で面と向かってのミーティングも次第に増えてきました。久しぶりに会議室へ向かい,着席してから重大なことを思い出しました。マスク忘れたわけじゃありません。

寒い!

暖房が効いてないからではないのです。冷房が入ってるから。

野外の気温5℃。建物内は多分平均20℃くらい。そんな中で会議室は15℃くらいか。おまけに温度調整できないのです。慌てて自室へと上着を取りに戻りました。

オンライン起床時間に翻弄

ヨーロッパの人が会議主催すると,どうしてもこっちは早朝になります。一応気を使ってはくれるものの,あっちの夕方4時がこちらは朝8時。あっちで4時過ぎると,やれ子供の世話が〜とか言われるので妥協せざるをえません。

東海岸人が会議主催。これはまだ余裕ありますが,あっち午前10時ならこっちは8時で同じ。西海岸組を考慮して11時以後にすればいいのに。

そして同僚。これなら9時から5時まで,勤務時間内なので安心です。

と思ったら,朝8時半に会議。理由は忙しくてそれ以外の時間が取れないから。

いやもうね,無理にオンライン会議しなくていいと思うんですよ。時間外手当無いんだから。

ちなみに朝8時半会議は,開始直前にドタキャンされました。理由は出張から戻って来られなかったから。

えっと,出張してても会議できるのがオンラインの利点なんじゃ??

睡魔を打ち破る質問タイム

今週またオンライン会議が続いています。この一年で皆さん慣れたと見えて,一日の会議はせいぜい4時間。それ以上は集中力が続きません。

今日もたらたらと会合を「聞いて」ました。大人なので。

でもそういう時間って,必ずと言っていいほど睡魔に襲われます。ひたすら惰眠の誘惑に耐えながら,目を醒まそうとコーヒー飲んだり,ちょっと別の作業を同時進行してみたり。

そうやって気を緩めた瞬間,必ずやってくるのです。

ご指名質問

あわててマイクをオンにして,えっと,なになに,なんの話だっけ。まったく油断も隙もありません。集中してなかった僕が悪いんですが。

おばかな質問はOK?

会議中,Can I ask a stupid question? 馬鹿な質問してもいい?と聞く人がいたので,速攻で

No!

勿論冗談ですが,あまり回りくどい言い方するのが好みで無いのも事実。本人は恐る恐る尋ねてみたんでしょうけど。

これが学会会場とかで大御所から出てくると話は少々違います。バカ質問どころか,若手研究者にとどめを刺すレーザービームになりかねない。学術世界で伝説の枕詞

「この分野は素人なのですが … 」

で始まる必殺技です。ちなみに僕は言いませんよ。ストレートに「それ間違ってる」って言います。

と,もしかして,件のバカ質問ですがと言ってた人,もしかして相手が僕だから恐る恐るだったんでしょうか。全然怖くないのに。

寝てないから

週明け早々オンラインミーティングが3つ。そのうちひとつは2時間もあって,さすがに疲れました。オンライン会議は1時間毎にちょっと休憩いれないと,集中力が続きません。

とは言えカメラさえオフにしておけば,何をしてるかなんて分からない。マイクもオフにしとけば音楽聞いてても分からない。今日も気配を消しつつ別件処理しておりました。もちろん会議は聞いてましたよ。

でもそんなオフラインモードに会議主催者が気づきました。突然僕に話題を振ってきたかと思うと,

誰か,彼を起こしてきて

寝てないから。ちゃんと聞いてるから。と慌てて返事した瞬間に気づきました。

マイクがオフ