「仕事」タグアーカイブ

お茶会は少なめに

仕事中,コーヒータイムを設けて,そこで雑談しつつ仕事の進め方などをざっくばらんに相談する.そういう方針を取ってる大学や研究所があります.大英帝国の大学だとティータイムですけど.

悪いアイデアでは無いとは思うものの,半ば強制参加になるのはやはり鬱陶しい.僕のような「人見知り」はなおさらです.コーヒールームに出かけて行ってそこで会話するなんぞは,慰労金を出して欲しいほど.そもそも自分のオフィスに自分専用のコーヒーマシン置いてますし.

そんなのを避けつつやってきたものの,数ヶ月前からうちのポスドクがコーヒーミーティングをやろうと言い出し,会議室の予約まで手配する始末.仕方ないのでしばらく付き合っていましたが,これじゃ会議の時間を増やしてるようなものです.

そこで彼に提案,というか半ば強制的に,

「隔週で内輪のセミナーやってるよね.でも毎回セミナーは無いじゃん.あの時間をさ,セミナーが無いときはコーヒーミーティングにしよう」

勿論,参加できる人だけで,という条件付き.つまり,今ちょっと忙しいからとサボる口実を付けたわけ.ざっくばらんなミーティングでも会議は会議.少ないほうが良いに決まってます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ファイル作成者に注意

随分前のことですが,同僚の論文への査読結果が送られてきたときのこと.かなり酷いレポートで,その内容から即座に誰が書いたのか推測できました.さらに編集者がアホだったことに,レポートのMSWordファイルをそのまんま転送してきたもんだから,誰が作成したのかバレバレ.

その時は笑い話で終わったのですが,こういう事例は後を絶ちません.誰々さんを推薦しますという文書をよくよく調べて見ると,実は本人が書いてるとか.普通はそういう情報漏れを避けるため,文書のプロパティを削除しておくのですが,それを知らない人もたまにおります.

先日も送られてきたPDFファイルのプロパティを何気なく(ってところが,ちょっとイヤラシイ)調べたところ,全く関係ない人の名前が出てきました.どうやら他人のファイルをテンプレートにしたらしい.

もちろん文章のコピペとかじゃなくて単にフォーマットを利用させてもらっただけなんですが,背後の人間関係が垣間見られて楽しいです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

専門外の会議は苦手

町中から見たPajarito山の山肌,そこに広がる黄色く色づいたアスペン.山火事で木々が燃えてしまった場所に,びっしりとアスペンが生え,黄色のカーペットになっています.こうやって森が再生していくらしい.

さて全然関係のない,一昨日あったミーティングの話.普段自分たちがやるミーティングは,専門的な内容です.当然会話は英語ですが,30%くらいは専門用語だし,さほど苦痛ではありません.

でもこの会議は管理職を交えた事務関係,アメリカの会議です.おとなしく黙っていようものなら,突然こっちに振られて意見を求められます.普段滅多に使わないような単語も連発されます.そりゃ滞米期間長いので,会話の内容には問題ありませんが,それでも緊張しっぱなし.

ちらちらとスマホ画面の時計を見つつ,早く終らないかなとひたすら我慢しておりました(日本語だから,書いても大丈夫だよね).

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

夏期実習の季節が終わりました

8月も終わり,最後の夏期実習生も大学へと戻っていきました.今年は大学院生二人,高校生一人を夏期実習に受け入れましたので,少々慌ただしい夏となりました.普段は学生のいない職場ながらも,夏はかなり平均年齢が下がります.

三人とも生粋のアメリカ人.大学院生の一人は生まれも育ちもNew York,いかにも東海岸な話し方をしておりました.もう一人は学部を東海岸,大学院は西海岸と全米を飛び回ったせいか,会話に特徴は感じません.

職場全体でも,今年の夏期実習生の数は多かったらしく,毎日駐車場が満車です.朝はなんとかなるものの,午後昼食から戻ってきたら空きスペースなんて残っていません.かなり遠くの駐車場まで駐車スペースを探して彷徨うことがしばしばありました.空きが見つかったところで,そこからオフィスまでは徒歩.こんなことならバス通勤すればよかった.

日本からの夏期実習生も受け付けているのですが,最近はさっぱりです.夏休みまで勉強したくない学生さんが多いのか,なんか別の理由があるのか.受け入れする僕が嫌われてるとか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

古き良き紙と鉛筆時代にしがみつく

夏季実習に来ている大学院生二人とミーティング.オフィスを出る時,ノートパソコンを一旦抱えたものの,大袈裟にパソコンを持って行く程もないかと机に戻しました.

メモ帳代わりにノートとシャーペンにしようかと思ったものの,やっぱり面倒.話の内容くらい覚えるだろうと手ぶらで会議室へ向かいました.

大学院生の二人はリュックを持ってきてたので,やっぱりパソコンでノートでも取るのかなと思ったら,大間違い.二人が同時にリュックから取り出したもの,それはなんと大型のタブレット.そこへさらさらとペン入力でメモってます.

この新人類め!

なんて言い方,今時分もうしないのかな.未だにノートに鉛筆書きで仕事している自分としては,タブレットのデータが壊れたらどうするんだろう,とか,痩せ我慢的な心配をしてみたくなります.でも大型iPadもちょっと欲しいかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

一日に数度の小さなイラッ

腰を据えて書類を読もうと,ファイルをプリンタへ送り,頃合いを見計らって100歩ほど離れたプリンタ室へ向かいます.でもトレイにあるのは他人の印刷物,しかも紙切れランプが点滅中.

紙が切れたんなら追加しとけよーとぶぅたれつつ,紙を補給してオンラインボタンをポチ.

やがて出てくる印刷物が,先程途中で止まった他人のものなので,さらにイラっときます.おまけにそれに続けて出て来るのも,別の人のものだったり.

紙ならまだしも,トナー切れだったことも何度かあります.どうやらうちの職場では,自分でトナー交換はせず,誰かが交換するのをひたすら待つ作戦の人間ばかりらしい.もしかしてプリンタのカバーを勝手に開けちゃいけないとでも思ってるのか.

以前別の職場の友人から聞いた話ですが,彼の職場ではコーヒーサーバが空になっていたら,次に飲みたい人が新しいコーヒーを淹れるのが暗黙のルールなんだとか.とは言ってもそこはコーヒーメーカ,粉をセットしてスイッチ入れるだけです.

ところが中にはセコいのもいて,コーヒーサーバが空だと分かるや自分の部屋へ戻り,誰かが次に淹れるのをドア陰からこっそり待ち構えているらしい.

それはさておき,つい今しがた.ちょっとした支払いにカードを使おうと思ったら,使えるカードの一覧が VISA, Master, Discover.なんでDiscoverがあって,Amexが無いんだ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail