「仕事」タグアーカイブ

なんでこれで動くのか分からない

以前作って長いこと放置していたプログラムがあるのですが,数日前から俄然やる気に目覚めて取り組んでいます。とある共同研究の一貫で書き始めたプログラムなのですが,なんとなくやる気全開にならないまま月日が流れていきました。

どれくらい流れていったのか。ファイルの日付を見て俄然としました。なんと3年前ですよ。2016年からずっと放置。共同研究者も,呆れを通り越して,すっかり忘れてるっぽい。

コンピュータ・プログラムって,自分で作ったものであっても年月が経ってると,何をしてるのかさっぱり分からなくなります。最近はそういうこともあろうかと,なるべく丁寧にコメントを入れるようにしてはいるのですが,それでも「なんじゃこりゃ」となることしばしば。

先程もパソコン画面を睨みつつ,うーむと唸っておりました。なんだろうこれ,なんでこれで計算できるんだろう。

僕は自分で書いたプログラムは職場の同僚・後輩にそのまま渡しています。使って便利という理由だけではなく,中を読めば何をやってるのか勉強になると思うから。教科書で勉強するより,ずっと効率が良いはずなのです。

でも残念なことに,中を見ようとする人は極わずか。みんな勉強しないなあと少々不満だったのですが,理由は別にあったようです。自分で書いたプログラムを自分が分からないのに,他人に分かるはずがないと。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

誰にも言うなよ,と言ってます

「言うなよ,誰にも言うなよ」

そう言いながら,人事に関する噂話を教えてくれる,ありがたい同僚が何人かおります。噂とは言え,ほぼ確実な話。誰それがどこそこへ移動するとか,あのポストにはあの人が就く予定だとか。同じ職場内の噂話にとどまらず,海外の研究所の人事まで漏れ聞こえてまいります。

僕は基本的にそういう話題には興味ないので,右耳で聞いた声が左耳へと通過していくのですが,もしかしたらそれで口が堅いと思われてるのかもしれません。

数日前,別の同僚が僕のオフィスへ飛び込んできて,

「○○,管理職になるんだって?」

うっかり「ああそれ,正式にアナウンスあったの」とうっかり言ってしまったもんだから,

「なんだ,知ってたのか」

まあ知ってる人は知ってる,知らない人は知らない。人事ってのは裏で色々と微妙なことが蠢いておりますので,あまり関わらないほうがよい。

ところで管理職になるって,日本の会社では出世ということになっておりますが,こちらの職場ではちょっと違います。ある意味,研究者が研究を諦めるということ。マネージメントに入ったら研究なんてしてる暇はなくなりますので,それをやりたがる人と,やりたがらない人が結構はっきりと分かれます。

僕は極力やりたがらない派なのですが,この歳になったらそうも言ってられない。管理職ではないものの,そんな事務書類書きの日々が続くことが多く,最近じゃまともな仕事は自宅に戻った後です。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

盗まれた文章を発見する

昨日に引き続き,作文の話題。

書きかけの仮原稿を編集者に送っておきました。完成度70%程度のものですが,まあ進捗状況報告です。まだ詳細に内容をチェックする段階ではないのですが,彼からちょっとびっくりするコメントが戻ってきました。

○章は他の論文のコピペ」

共著者から送られてきた部分で,特に深く考えもせずに原稿に組み込んでいたものです。まさかとは思いながらも,指摘された元論文を読んでみたら,最初の方の文章が一語一句同じ。途中から少々変わっておりますが,これは剽窃嫌疑をかけられても言い逃れできない。

書き直すのも面倒だったので,その部分はざっくりと削除したのですが,投稿前に発見してもらって助かりました。

剽窃,英語ではplagiarismと言います。「ありま〜す細胞」の人ですっかり有名になり,最近ではとみに厳しくなりました。出版社もこれには神経を尖らせており,コピペ検出ソフトウェアなんてものも開発されているほど。

さて,件の部分は削除したものの,同じ人が書いた別の部分が残っています。こっちもあやしいのかも。どうしたものやら。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ワードできぃの金曜日

昨今ますますMS Word, Excelと格闘することが増えました。Wordのテンプレを送りつけられて,これに書けと。予算書はExcelのスプレッドシートで,これに書き込めと。今の所PowerPointの強要だけは無いので,そこがせめてもの救いです。

今日も一日ミーティングしてるか文書作業してるかで終わってしまいました。共同研究者らが送ってきた文書を一つにまとめる作業。メールの中にベタテキストで送ってくれる人はいいんです。そのままこちらの文書に流し込めます。問題はご丁寧にWordで送ってくれる人。

脚注がついてますが,これは要らないので削除。Deleteキーで消す,けす,け…

消えへんやん!

図が入ってます。でもこの場所では困る。移動しよう。マウスでぐりぐりと持っていって,この辺でいいかな,と置いたら…

図が消えた!

なんと全然別のページに吹っ飛んでます。

Wordって図のキャプションも入れられるんだ。じゃあ図の説明はここに書いて,図の下に取り付けて,ってやってたら,また図が吹っ飛びました。でもキャプションだけ残ってる。一緒に付いて行かんのかい。なんやねんもう。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

有給義務化希望

Washingtonでの会議はたったの3時間,そのために片道合計5時間のフライトで二泊三日です。機内で座ってるだけなんですが,結構疲れます。

さて日本では4月から有給休暇が義務化されるそうです。こちらは義務にせずとも,だいたい皆さん確実に消化しているようで,年末頃には年休が足りないと,同僚らがあたふたしております。

僕も労働者の権利として有給休暇はあるんですが,なかなか使う暇が無い。意味も無く唐突に休暇にしたって,結局自宅で仕事するだけです。たまに帰国に有給を使いますが,観光旅行も滅多に行かない。

さて出張翌日。さほど疲労困憊しているわけでもりませんが,有給消化には丁度よいチャンスです。明日はだらっとしてよう。

. . . という淡い期待は,避けられない会議で砕かれました。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

リタイアするには早すぎます

よくアジア人の年齢は分からないと言われます。こちらの人と比べて皺が少なめなのか,髪の色の濃さのせいなのか,そこらへんはよく分かりません。流石にごま塩頭になった僕に,学生?と聞く人はもういなくなりましたけど。

日本人は若く見える,でもこっちの年長さんは年齢不詳が多いというのは,意外とこっちの人も言う話です。昨年同僚の一人が引退されるという連絡が回ってきたときは驚きました。もうそんな歳だったの?

とは言え,年齢を語ることが稀な環境,何歳になったからリタイアという話は一切出ませんし,そもそも定年もありません。なんとなく直感で僕と同年代かと思っていたのですが,それじゃ引退には早すぎです。そんな疑問が,今日全く関係ない講演会で氷解しました。スライドに表示されていた実験データを指差して講演者が

「これ,〇〇さんのD論データなんですけどね

D論となればその時点で30歳ちょい前のはず。計算すれば現在年齢が推定可能。どうやら彼は,よくある定年年齢だったっぽい。見た目ずっと若く見えてたようです。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail