「レストラン」タグアーカイブ

夏のウィーンで中華

8月のウィーン,すごく暑いのを覚悟していたのに,朝晩は冷え込みます。でも昼間は程よい気候で,ほんの少しだけ秋の気配すら感じられます。今日の食事は,そんな初秋晴れのもと,中華料理。

ここはどこの国?と疑うばかりの庭園を備えた本格的な中華料理レストラン,China Sichuan Restaurantですが,カジュアルな格好で気楽に入れます。おそらくVIPルームみたいなのもあるんでしょうけど。

点心を2品目,それに幾つかの料理を友人らとシェア。青椒肉絲,麻婆豆腐,それに炒飯。標準的セレクション。

麻婆豆腐はかなり辛口で,汗を流しつつの食事です。どれも本格的な中華でしたが,ウィーンまで来て中華料理ってどうなのかという問題はともかくとして。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

夏のウィーンで焼き魚

日の長いウィーンの夏です。友人らと川辺のギリシャ料理レストランへ夕食に出かけました。

レストラン入り口に書かれたサイン「水曜日は魚料理半額」を見逃しません。今宵は焼き魚。

右は鱸のような魚(?),左は鯛みたいなもの(?)。奥のは鰯のフリッター。ナイフとフォークじゃ少々食べにくい。さりとて,お箸くださいとは言えない。とにかくビールがすすみます。

ビールがすすめばトイレが近くなる。店の外の公衆トイレへと駆け込むと,

なんともまあ古典的形式。過去にも何度かウィーンで見かけたこのタイプ,まだあるんですねえ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

見た目がいまいち

久々に友人らと町中でランチ。選択肢はほとんど無いのですが,そこそこクォリティのレストランがちらほらあります。夜はしっかりしたディナーを出すレストランも,ランチタイムは気軽なアメリカン。

ビールでも飲みたいところですが,さすがに平日,そこはぐっと我慢します。アメリカでも水はタダです,たぶん。値段に上乗せされてるっていう噂もありますけど。

地元レストランの定番はグリーンチリ入りハンバーガーや,普通のサンドイッチ,エンチラーダのようなメキシカン,パスタ。こういう場ではかなりの高確率でグリーンチリバーガーを注文するのですが,この日はスペシャルメニューのポークサンドを注文しました。

Pulled Pork,どういう訳を当てるのか分かりませんが,BBQスタイルの豚肉をほぐしたもの。南部の定番料理で,甘いソースにビールが欲しくなること請け合いです。

とってもアメリカンな料理で美味しいのですが,いつも思うのが,もうちょっと盛り付けなんとかならないのかなってこと。

ざっくりとバーガーにどっさりポテト,味付けはもちろんケチャップ。見た目じゃないんだぜって主張する高カロリー食,せめて少しくらい緑が欲しかった。

あ,ポテトは野菜か。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ハーフサイズでフルサイズ

先週は来客続きで,何度か夕食会。幸い会議はLos Alamosだったので,こちらも楽です。Santa Feだったら,食事後1時間かけて戻ってこなくちゃいけない。ここなら歩いて帰れます。

さてこの日はビアパブ。でもSanta Feからの参加者2名は自宅で夕食が待ってるからとビールとおつまみ。

そのおつまみはナッチョサラダ。軽くしておこうと,二人で一皿,それもハーフサイズを注文。そのハーフサイズがこちら。

一瞬目を疑いましたよ。これフルサイズの間違いだろうと店員さんに確認するも,これがハーフだと。

「あれ,見てみろよ。あれが普通サイズだ」

と彼が指差した他人のテーブルの上には,さらに巨大なナッチョ山が。

そりゃ確かにナッチョなら隙間も多いだろうから,実際の量はそこまでないのかもしれませんが,見た目迫力です。

ちなみに僕が注文したのは,Fish & Chips。この店のF&Cはほどほどサイズで美味しいのを知っております。

ところでSanta Fe組の二人,ナッチョ山をほどほどに片付けて去って行きました。ビアパブなので,もちろんお飲み物を終了してからです。どうやって50kmの道のりを戻っていたのかは秘密です。



Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンなので季節の名物

この時期,ドイツ・オーストリア方面出張の最大の楽しみ,それはSpargel,巨大な白アスパラガスです。茹でて柔らかくなったものをソースで頂きます。僕は塩茹でのシンプルなのが好きなのですが,こちらはレストランで出たもの。

メニューに書かれたお値段は17Euroだったので,もうちょっとなんかこう,料理的というか,そういうものを期待してたのですが。シンプルですねえ。

そして晴れた週末の午後はホイリゲへ。つまみのような料理ばかりなのですが,ワインは安く,がぶがぶといけます。


キャラフに入った白ワインは1リットル。4人で食事して,4L飲んだ…ような気が,いや気のせいかな。

さて,こちらは別の夜の夕食。軽く食事しようと3人でワインバーへ入り,まずはワインを一本,そこへ食事をちょっとばかり注文し,それを皆でシェアすることに。そのメニューで目についた単語,それは Beef Bowl。

ビーフボウルって,直訳したら牛丼ですよねえ。ウィーンのワインバーで牛丼,これはもうインスタ映え…じゃないけど頼むしか無い。

んっと,ステーキ丼?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンなのに英国

ウィーンでの最初の会議が終わり,じゃあ日本人参加者と韓国からの友人で夕食へ行こうと約束。一時期,韓国焼き肉を定番にしていた時期もあったのですが,まあウィーンまで来て韓国料理もないだろうと,他の店を考えました。場所はこちらの秘書さんお任せで。

ここは良い所だからと予約してもらったレストランの名前がCafe Englander。ウィーンまできて英国料理かよと一瞬身構えたものの,季節物のアスパラガス料理があると言うので,喜び勇んで出かけることにしました。

ちなみに最初の予約は少人数だったのに,そこへ中国人二名追加。まあアジア勢ということでいいでしょう。でもさらにキューバ人にオランダ人,なんかもうちょっとした会食になってしまった。

アスパラガスのリゾットがあったのでそれを注文したところ,実はリゾットはサイド。メインはチキンでした。

横に添えられたとんがり頭のオレンジ色が分からない。切り分けて皆に食べさせてみるも,意見バラバラです。大方はラディッシュの一種じゃないかで一致していたのですが,中国人女性はニンジンだと言い張ります。

普段は取らないデザートですが,メイン料理も美味しかったし,メニューにあったティラミスに惹かれて注文。スプーンを口に運んだ瞬間,粉を吸い込み,むせました。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail