「レストラン」タグアーカイブ

ウィーンの水辺にて,葡萄のある風景

木曜日,ウィーンの気温は一気に上昇し真夏となりました.こんな日に仕事場に籠もっていても辛気臭い.Donau沿いレストランへランチに出かけました.

確か4年前にも来たことのあるギリシャ料理レストランです.英語メニューには安い定食が載っておらず,ドイツ語メニューから選択したのはカラマリ.またフライを食べてしまった.こりゃほんとにヤバイね.

ちなみにレストランの名前は食べるね,ソクラテス.食べたくないから.

そして夕方,ウィーンの森へ.市街を一望に見渡せるKahlenberg.この眺めを肴にビールを飲んだら,のんびりとぶどう畑の続く斜面を降りて行きます.

そして麓のホイリゲへ.冷えた白ワインと炭酸水がどんっとテーブルに置かれ,お手軽スパークリングワインが散歩後の喉を潤してくれます.

夕食は再びSchnitzel,さすがにこのサイズは一人分じゃなくて,4人で切り分けております.冷たいワインと相まって,いやはや極楽.旅の目的はなんだっけと考えてしまうほど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンの水辺にて,異国で異国

ウィーンの水辺と書いたからには水の風景が必要です.夕暮れ時の散歩,Donauの向こう岸に並ぶ近代的なビル.旧市街の風景とは対照的です.

昨晩は日本人3人で町中で食事しようと7時にStephan寺院前に集合.ウィーン現地委員(やまと人)にもメールすると,なんと先約が入っているらしい.でも同じ7時で,しかもすぐ近くのレストラン.

あちらのグループも全員知った仲です.すぐ近くにいるんなら合流するしかない.あちらは3人グループ,あと3人増えたって誤差の範囲に違いない.

で,ウィーンまで来てなぜか韓国料理の店.プルコギのビビンバを食べたんですが,これが本格的ですごく旨い.ウィーンのお気に入りレストランリストに追加しときますけど,ここまできてビビンバってどうなのよ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

トルコ料理の全部乗せ

トルコ料理コンボ

New York出張中に再びトルコ料理レストランへ行こうという話になりました.以前も行ったレストランです.でもなぜこの小さなレストランなのか.それは酒が持ち込めるから.その分,お安くなるわけ.

でも料理の量が多いのは,前回経験済み.まあ小さめのプレートを何か探せばいいか.

と思っていたら,夕食会の人数が多すぎるから個々の注文には対応できない,全員セットメニューにしてくれというレストラン側からのお願い.多いと言っても,たかだか16人ですよ.なんせ小さな店なもんで.

結果,出てきたのがこのプレートですよ.トルコ料理全部乗せ.肉,肉,肉...

味は良いのですが,如何せん量が問題.なんとか1/3くらい食べてギブアップしそうになった頃,ふと向かいに座っていたアメリカ人の皿を見たら,綺麗さっぱり平らげてます.この分量の料理が,いまあいつの胃袋に入ってるのかと思うと,余計に苦しくなっちゃった.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

使用済みのコーヒーと紅茶の謎

出張先での食事,友人らと何処かに食べに行くのでなければ,ホテル内のバー兼レストランで簡単に済ませてしまいます.日本だとホテルのレストランって高級なイメージがありますが,普通こちらではカジュアル.一杯やってそのまま部屋へ戻れるのが良い.

もっとも選択肢は限られ,定番はステーキ,ハンバーガー,フィッシュ&チップス,シーザーサラダ,パスタってところ.僕は深く考えずにハンバーガーばかり食べております.

さすがにバーで深酒することもなく,早々に部屋へ引きこもり,口寂しさを紛らわすためにコーヒー.

と思ったけど,紅茶と書かれたパッケージが目に留まり,たまには紅茶もいいかとそれをコーヒーメーカーにセットしてスイッチを入れ,待つこと数分,出来上がった紅茶を一口啜ってみて,

あれ? これってもしかしてコーヒー?

ゴミ箱に捨てたパッケージの袋をつまみ上げて,しげしげと眺めてみると...

なんだこれ? コーヒー紅茶?

茶葉が入ったコーヒーなんでしょうか.さっぱり分かりません.

ちなみにこのパッケージを見て,使用済みの何かを想像したあなた,心が汚れています.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

軽い昼食が見つからない

コーヒーショップで昼食.見た目美味しそうだったシナモンロールですが,激甘だった.しかもでかい.半分食べて限界.

Baltimore空港にて.レストランで普通に昼食する気分でもなく,ビールだけでいいやと思ってバーに入ったら,メニューに Light Bites Menuの文字を見つけました.ビールとつまみで昼ご飯にしちゃおう.

フィッシュタコスをオーダーしたのですが,なんかワイルドなのが出てきました.

めっちゃ食べにくいです.ソフトタコスだったので持ち上げるのはほぼ不可能.試してみたら,ぼろぼろと具が落ちていきます.已む無くトッピングだけをフォークでつつく.最後に残ったペラペラの皮だけを虚しく口に運び,ビールで流しこむ.そこそこ Heavy Bitesです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

科学者だからってパンが好きだと思うなよ

ぼっち夕食,まずはビール.本でも読みながら料理を待ちます.

...と,そこへパン.

注文した覚えはありません.無料サービスなのか.気がきくじゃねぇか.

でも注文したのはハンバーガーなんだが...

パンにパンって,どうなのよ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

バスに乗せてくれないようなので,今夜はオニオンスープ

RER B

パリの電車RERのC線が閉鎖になり,仕事先へ辿り着く手段が狭まってきました.B線に乗り,途中で友人に車で拾ってもらうか,あるいは研究所が運行する無料バスを利用するか.バスなら直行なので,朝7時半にバス停集合と相成りました.

研究所行きバスですので,バス停なんてのはありません.知る人ぞ知る場所で待ってると,ほぼ定刻にバスがやってきて,人々を乗せて去っていくのみ.まだ暗闇のパリの朝,そんなバスが到着しました.

まず弟子のM君(アメリカ人)が乗り込み,Strasbourgから来た友人女性,続いてスパニッシュ友人C氏,その後に僕が続いた時のこと,運転手が突然

@$%&#$&&%$!!!!!

いや何言ってんだかさっぱりなんですが,なんか文句いってるっぽい.想像するに,なんでおめーみたいなアジア人がこのバスに乗り込んでるんだ,ってことか.

僕は無視して座席に座りましたが,後ろにいた僕のフランス弟子がひたすら説明していました.挙句の果てに自分の身分証明書まで出して.

アメリカ人とスペイン人は顔パス,僕だけに文句言うってのは,要するにアレですよね〜.ま,いいけど朝から面倒起こすのも気分悪いので,今朝は電車B線に乗って仕事場へと行きました.

2日続けて少々ヘビーなフレンチディナーが続いたので,今日は軽く済ませます.Sorbonne大学すぐのところにあるカフェで軽食.周りは学生っぽい客だらけでした.

ワインとオニオンスープだけのシンプルディナー.これでお腹は十分です.

それにしてもあのバス運転手,フランスの研究所にアジア人が来るのはおかしいとでも言いたかったんだろうけど,あんただってどう見ても外国人にしか見えないよ.

というわけで,後はワインでも飲みながら寝るだけ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail