「レストラン」タグアーカイブ

ウィーンなのに英国

ウィーンでの最初の会議が終わり,じゃあ日本人参加者と韓国からの友人で夕食へ行こうと約束。一時期,韓国焼き肉を定番にしていた時期もあったのですが,まあウィーンまで来て韓国料理もないだろうと,他の店を考えました。場所はこちらの秘書さんお任せで。

ここは良い所だからと予約してもらったレストランの名前がCafe Englander。ウィーンまできて英国料理かよと一瞬身構えたものの,季節物のアスパラガス料理があると言うので,喜び勇んで出かけることにしました。

ちなみに最初の予約は少人数だったのに,そこへ中国人二名追加。まあアジア勢ということでいいでしょう。でもさらにキューバ人にオランダ人,なんかもうちょっとした会食になってしまった。

アスパラガスのリゾットがあったのでそれを注文したところ,実はリゾットはサイド。メインはチキンでした。

横に添えられたとんがり頭のオレンジ色が分からない。切り分けて皆に食べさせてみるも,意見バラバラです。大方はラディッシュの一種じゃないかで一致していたのですが,中国人女性はニンジンだと言い張ります。

普段は取らないデザートですが,メイン料理も美味しかったし,メニューにあったティラミスに惹かれて注文。スプーンを口に運んだ瞬間,粉を吸い込み,むせました。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンなのにペルー

しばしblog更新サボっておりましたが,ウィーン出張しております。毎晩飲んだくれてサボってるわけでは・・・いや,なんでもありません。

こちらの友人に誘われて,なぜかウィーンでPeru料理レストランへ行きました。「ペルーの」という単語はPeruvian。ペルーヴィアンへ行こうと言われて,ナンノコッチャとなったものの,そのまま流れに流されて。

まずこれが名物だから飲めと。彼は店員とスペイン語で会話しているので,こっちはさっぱり分かりませんが,フルーツ系カクテルです。パッションフルーツ? マンゴー?

全く覚えられない名前でしたが,一口飲んでこれは危険と分かるやつです。口当たりよく,でもアルコール度数高い。ラム酒っぽい。

前菜プレート。手前のゴボウ天ぷらのようなものは,ユッカだそうです。New Mexicoでは雑草のように生えているユッカですが,食べたのは初めて。味は芋そのもの。何も聞かずに食べてたら,フレンチフライと思う。

そしてメイン料理。これまた名前は全く覚えられなかったのですが,トウモロコシにマッシュルーム,そして緑色の部分はもしや?と思ったら案の定,パクチー。

最近パクチーの味にはちょっと慣れてきたものの,この料理,見た目に似合わず激辛です。料理自体は冷たいサラダみたいな感じ。カリカリのトウモロコシとマッシュルームの取り合わせはなかなか美味しかったのですが,あまりの辛さレベルに,1/3ほど残してギブアップ。

そんな激辛に,例のカクテルもすっかり空になって,二杯目に突入。それもあっという間に空になりました。

ペルー料理店を出ると,友人が家に寄って行けと申しております。そこから歩いてすぐの場所なんだとか。エレベーターに乗ってまず目につくのが,この電卓風行き先ボタン。3+5と押せば35階に行くという訳ではありません。そもそもこの建物は6階建て。それより上の数字を押すと,ERRORと表示される凝りよう。

リビングのキャビネットを開くと,高級ウィスキーがずらり。どれでも好きなものを飲んでいいというので,スコッチを頂きました。先程のラム酒によるアルコール吸収のことをすっかり忘れて。

ふらふらしながらホテルに戻ってきましたよ。どの経路で戻ったのか,今ひとつ覚えてないんですけど。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

これも一人飲み

友人らとメキシコ料理レストランへと出かけました。メニューを眺めつつ,まずは飲み物のを注文しますが,メキシカンとくれば選択肢はビールかマルガリータ。

専門店らしく,テキーラの種類や微妙にフルーツが違ったりと,マルガリータの種類も豊富です。こういう店に出会えるのは嬉しい。でもここは冒険せず,店のイチオシのスタンダードを注文しました。

さて友人らは何を注文するのかなと見ていると,なんと

Just water, please

え?水だけ?

結局4人のディナーで酒を飲んでいたのは僕だけです。確かに一人は車で来てましたが,他の二人は運転の必要もなし。最近の若モンは酒を飲まないと言いますが,メキシコ料理を水で流し込むなんて信じられません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

進化した支払い方法

レストランでの支払い,各々がクレジットカードで払おうとするから,店員さんもひと手間です。ところが今週,キャッシュレスの進化を実感できるレストランに出会いました。店員さんが持ってきたのは,このタブレットのようなデバイス。客一人に一台。

自分のクレカを差し込み,表示されるボタンをぽちぽち。チップは20%が基本らしく,そこから自分で増減させます。

画面に指でサインして支払い完了。レシートは印刷かメールを選べます。

最近コーヒーショップとかで,iPadを使った似たような支払いシステムを見かけます。でもあれはレジに一つあるのみ。客それぞれにタブレットを持ってくるとは,レストラン全体で何台用意してるんだろうと気になります。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

誰がビール代を払うのかな

Washingtonに会議に来ております。会議場がここだということで,ちょっとばかし良いホテルに泊まることができました。とは言え,こんなでっかいベッドは要らないんですけど。

外に食事に出るのも面倒なので,ホテル内のレストランで夕食することにしました。

窓側に席をとり,まずはビールを注文し,本格的にディナー。と言っても,こう言う場所で食べるのはハンバーガーと決めちゃってるんですけど。

ホテルのレストランで便利なのは,料金をそのまま部屋に付けられること。チェックアウト時にまとめて払えます。請求書に部屋の番号と名前を書いてテーブルに放置し,さて部屋へ戻ろうとエレベータに乗った瞬間に妙な違和感。

さっきの紙には806号室と書きました。でもエレベータの8のボタンを押した記憶がない。こりゃ608号室の間違いだと,レストランへ取って返し,まだテーブルに置きっぱなしになっていた請求書の数字を608へ書き換え。

再びエレベータに乗ってこんどはちゃんと6階ボタンを押して,そこの608号室の前に立った瞬間,

ここじゃない

部屋番号が曖昧でも,ドアの位置くらいはしっかり覚えています。もしやと8階へ上がり806号室のドアにカードキーを刺したら,かちっと開きました。

最初に書いた806が正解でした。もう一度レストランに戻って部屋番号を書き直そうかと思ったのですが,まあいいやと放置。名前も書いてあるんだから,間違いに気づいてくれるでしょう。もし気づかなかったら,きっと608号室の客が払ってくれるでしょう。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

12月のウィーンから,地元料理

初日の夜はWitwe BolteというレストランでAustrian料理.こちらの地元料理となると肉料理メインですので,がっつりいきます.

前菜はかぼちゃのスープ.ジャーで出てくるのがおしゃれです.

そしてメインは鹿肉.出てきたときは,ちょっと少ないかなとも思ったのですが,食べていると結構な量です.美味しい料理ながらも,最後の方は頑張って食べてる気もしなくもなく.

信じてもらえないかもしれませんが,酒は控えめでした.重要なことですので,一応報告しておきます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail