「レストラン」タグアーカイブ

古都ウィーンでモダンな百水カフェ

保守的で古風なイメージの強いウィーンですが,街中心からちょっとだけはずれたところに何やらゴタゴタした建物があります。ここが有名なHundertwasser Museumのカフェ。以前からずっと行ってみたいと思っていたものの,やや不便な場所にあるせいで,チャンスがありませんでした。

フンデルトヴァッサーはちょっと変わった建築家で,曲線の多いカラフルな建物をあちこちに設計しています。

写真では分かりにくいかもしれませんが,床も曲面。当然ながら椅子もガタガタします。

金曜日の午後だったので,観光客が多いかと思ったのですが,ちょうどピークタイムの間だったせいか,ゆっくりと食事できました。

メニューには,特別に変わったところはありません。皿もぐにゃぐにゃしてるのかと思ったら,普通でした。魚のフライとカレー味のソース。日本のカフェにもありそうな,ウィーンらしからぬオシャレメニューです。

こちらはカフェほど近くにあるHundertwasser Haus。現在も普通に住居として使われているそうですが,内部がどうなってるのか見てみたいもの。中も曲線だらけだったら,さぞかし生活しにくそう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

青いけど灰色なタコス

秋晴れのSanta Fe。仕事さえなければ最高なのですが,そこは観光モードになるのをぐっと我慢。でも会議最終日くらいはと,友人らと夕食へ出かけてきました。Blue Corn Cafe,Santa Feのカジュアルなレストランです。

ブルーコーンタコスという,ここらではよくある小粒のとうもろこしで作ったタコスなんですが,後で写真を見たらほとんどサラダに埋もれてますね。

ざっくりした味で,これを使ったドーナツも名物です。

盛りだくさんなプレートですが,実はお手頃お値段で,これだけ乗って1000円ほど。もちろん豆と米を全部食べてたら,大変なことになります。ついでながら,このソースもつけ過ぎ注意,かなり辛いです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

久しぶりにSanta Feランチ

Santa Feの会議でてんてこ舞いしております。実際には会議そのもののせいでは無く,ほぼ同時にやってきたあれこれ。締め切りが昨日までなんて,聞いてないよー,な状況ですが,聞いてないんだから,まあしゃあない。

会議のランチタイムを別の仕事に割り当てているので昼食抜きですが,コーヒータイムに出てくる糖分過多クッキーとかで凌いでおります。

とは言えちょっとくらい余裕はあるので,一回だけ会議場のホテルのレストランでランチ。ハンバーガーがあればそれと決めているので,何も考えずに注文したものの …

写真じゃ分かりにくいですが,ちとでかい。いや,かなりでかい。

これ一個で成人男性が一日に必要なカロリーを摂取,というよりオーバーしてますね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

カスタマイズは苦手です

Los Alamosにあるベーグルショップでランチ。でもこの店のシステムがまだよく分かってません。パンを選び,中身を選び,サイドディッシュを選び,とカスタマイズできるらしいのですが,メンドクサすぎます。

自ずと選択肢は出来合いセットへ流れ,僕の定番はこのBLTベーグルサンド。パンにはグリーンチリが練り込んであり,ぴりっと辛さが効いています。

SUBWAYっていうサンドイッチのチェーン店があります。ずーっと昔,福岡の郊外にこれができて,物珍しさから時々通っていました。でも注文システムがアメリカと同じ,つまりあれこれ選ばなければなりません。

こういう自己主張は,日本人は苦手です。やがてこのスタイルが合わないと経営側が考えたのか,出来合いセットを出すようになりました。これはこれで便利だったのですが,やはり経営が軌道に乗らなかったらしく,その店は消えてしまいました。

こういう自分でカスタマイズするのは,好きなものを作れる反面,とんでもない組み合わせを作ってしまう可能性もあります。以前,とあるピザ屋でそれをやったときのこと。アンチョビを入れたら,ピザが猛烈に塩辛くなって,食べきれませんでした。血圧あがるわって。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

夏のウィーンで中華

8月のウィーン,すごく暑いのを覚悟していたのに,朝晩は冷え込みます。でも昼間は程よい気候で,ほんの少しだけ秋の気配すら感じられます。今日の食事は,そんな初秋晴れのもと,中華料理。

ここはどこの国?と疑うばかりの庭園を備えた本格的な中華料理レストラン,China Sichuan Restaurantですが,カジュアルな格好で気楽に入れます。おそらくVIPルームみたいなのもあるんでしょうけど。

点心を2品目,それに幾つかの料理を友人らとシェア。青椒肉絲,麻婆豆腐,それに炒飯。標準的セレクション。

麻婆豆腐はかなり辛口で,汗を流しつつの食事です。どれも本格的な中華でしたが,ウィーンまで来て中華料理ってどうなのかという問題はともかくとして。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

夏のウィーンで焼き魚

日の長いウィーンの夏です。友人らと川辺のギリシャ料理レストランへ夕食に出かけました。

レストラン入り口に書かれたサイン「水曜日は魚料理半額」を見逃しません。今宵は焼き魚。

右は鱸のような魚(?),左は鯛みたいなもの(?)。奥のは鰯のフリッター。ナイフとフォークじゃ少々食べにくい。さりとて,お箸くださいとは言えない。とにかくビールがすすみます。

ビールがすすめばトイレが近くなる。店の外の公衆トイレへと駆け込むと,

なんともまあ古典的形式。過去にも何度かウィーンで見かけたこのタイプ,まだあるんですねえ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail