「レストラン」タグアーカイブ

食後のコーヒー占い

lamb shish kebab

出張時は外食続きになるのは仕方ないところですが,ちょっとした楽しみでもあります.トルコ料理へ行こうという声があがって友人らとやってきたのは,かなり@Home度の高いレストラン.実際,外見は普通の家にしか見えません.

注文したのはShish kebab,シシカバブなのか,シシュケバブなのか,シシケバブなのかよく分かりませんが,そういうもの.昔,獅子樺ブなのかと漠然と想像してたやつです.見た目何とも無愛想なプレートですが,美味しかったです.

Turkish coffee

トルコ料理ですので,食後はトルココーヒー.かなり濃いと噂には聞いていたものの,なるほど沈殿物が凄い.スプーンでかき混ぜようとしたら,これは上澄みだけを飲むんだとか.

カップ底の沈泥はどうするか.まずカップを伏せます.

待つこと10分.水分が十分に切れたところで元に戻し,その底に残ったコーヒーで運勢を占います.

残りはこんな厚ぼったい唇型になりましたが,はてさて運命はいかに!?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

赤けりゃどれも同じなんだろう

ワインでも飲もうと,フランス人とホテルのバーへ.顔中髭に覆われた熊風貌の巨漢ウェイターに赤ワインを注文しました.でも熊風貌君にとって少々災難だったのは,友人の注文がMerlot,僕がPinot Noir,別の種類だったということ.

しばらくして,片手に二つのワイングラスを軽々と持って,熊貌が戻ってきました.その様子を見た瞬間,思わず友人と顔を見合わせた.

無造作にグラス一つを友人の前,もう一つを僕の前に置いたで,念の為に聞いてみました.

「こっちがPinot Noirだよね」

その瞬間,熊が豆鉄砲喰らったような顔を僕たちは見逃さなかった.でも彼はすぐに平常運転時の熊風貌を取り戻し,自信満々言い放った.

「そう,そっちがPinot Noir」

そう言って去っていったけど,僕たちはもう信じちゃいない.友人と二人,ニマニマしながら赤ワインの色合い,香りをチェック.この二種類,かなり個性が違います.

友人と同時に出した結論は,

逆だな

適当なこと言いやがって.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

食事には酒が付きものの人たちを何とか振り切る

昨日,Santa Feでの国際会議が終わりました.少々寝不足です.最終日夕方,さっさとLos Alamosへ戻ってくるつもりだったのが,引き止められました.

「夕食はどこいく?」

いやもう疲れたし,そもそも相手はフランス人,食べてたら飲まないわきゃない.今日は帰るからと辞退したものの,相手もなかなか引き下がらない.じゃあ食事だけ付き合うと返事しておきました.

で,どんなグループで行くのかと思ったら,フレンチばかり6人.オラやっぱ嫌だ.だって絶対に現地語で喋ってんだもん.

そうこうするうち参加者はさらに膨れ上がり,こりゃどっかのレストランで予約取らないと入れないなとなったところへ英国人登場.

これ幸いと英国人を巻き込み,フレンチを二人に抑えてさっさと分離派だけで英語の食事に行きました.残りのフレンチグループは,カクテルMargaritaで有名なMaria’sへ行ったらしい.そんなのに付き合ってたら,絶対に帰れなくなるところだった.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

American寿司屋であえて弁当

bento

Californiaで友人から「寿司を食べに行こう」と誘われました.先週の話です.彼は寿司大好き人間らしく,毎週一回はお気に入りの寿司屋に食べに行くんだとか.

店内は日本の寿司屋をそのままもっとオシャレにしたような感じで悪くありません.彼が言うには,寿司を握ってる人達は,日本のお隣さんだそうですが.

さてメニューを見て目が眩みました.ファミレスのように全部の料理に写真が添えられているのは助かりますが,そこに並んだのはドラゴンロールだのレインボーロールだの,マグロの赤,サーモンのダイダイ,アボカドの緑が眩しい極彩色の巻き寿司の世界.

メニューの写真撮ろうかとも思いましたが,お行儀悪いかと止めておきました.これはこれでカリフォルニアご当地グルメとして定着してるんでしょうが,もう寿司である必然性が全く無い気が...

友人はその中からお気に入りのロールを注文.僕は無難にBento Box.おかずを二点選べますので,更に無難に天ぷらとマグロ刺し身.

ちなみに弁当おかずの選択肢の中にはプルコギもありました.キムチもあったっけ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

何を食べているんだろう

友人らと夕食.入ったレストランはAfghanistan料理.何があるのやらさっぱり分かりませんが,メニューに並ぶ発音不可能な名前を見ても料理が全く想像できない.

lambとあるので肉料理だろう,spinachとあるので野菜も入ってるんだろう.適当に選んで注文したら,

うーん,いったいこれは何だろう.

味はあまりにポパイだったので,テーブルにあったスパイシーソースで誤魔化しました.世界はまだまだ広い.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

LとRで失われたもの

Roasted Lamb Sandwich

普段から,LとRの区別だけは気をつけております.もう大袈裟になるくらいに区別しないと,「はぁ?」を喰らうとがあるから.話し相手が同僚なら,少々の間違いはこちらの意を汲んで脳内補完してくれますが,レストランだとそうはいかない.

本日のランチに選んだものはローストラムサンドイッチ Roasted Lamb Sandwich.LとRが両方含まれる難関.

Roast LambじゃなくてLost Lambだったら,失われた子羊.哲学的です.

Roast LambじゃなくてRusted Rumだったら,錆びついた酒.暗喩的です.

ウェイターが注文を取りにきたとき,LとR,確実に発音するぞと精神を統一してから言いました.

Lost Rumサンド,ください

What?

失われたラム酒を注文してしまったらしい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

缶に囲まれてビールを飲む

ビール

Californiaに来ております.すごく暑いんじゃないかと危惧していたのですが,全くの肩透かしで,朝晩は寒いくらいです.ジャケットを持ってきててよかった.もっとも朝晩の冷え込みを予想して持ってきたわけではなく,アメリカの会議室で定番の強冷房対策.真夏は寒い.

初日の会議を終え,天気も良いし,夕日に当たりながらレストランFirst Street Ale Houseの中庭で夕食.

ratatouille

夕食はラタトゥイユRatatouille,でっかいチキンが乗ってなくてもいいんだけど,それがCA流なのか.すでに陽が傾き,皿の上にパラソルの影を落としています.

ビールを飲んでた頃はまだ良かったものの,陽が落ちてからはもう寒いのなんのって.耐えきれずに,会計を済ませました.

缶ビールコレクション

小さくて見えにくいですが,これ全部ビール缶です.全米一の缶コレクションなんだとか.但しパブリックな場所では,との条件付き.6000本あるそうですが,全部飲んだのかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail