「ホテル」タグアーカイブ

ホテルはハーバーサイド

仕事でBay Areaへ来ております。と言っても,Bay Areaがすぐに通じるかどうか不明ですが,San Franciscoの内海側と言えばよいのか。ここに来るときは大体いつも海沿いの同じホテルに宿泊します。車が無いと不便な場所にあるのですが,それでもタイミングが合えばこんな日没を見ることができ,ちょっとしたリゾート気分を味わえます。

ただ仕事で来るような客は,得てして裏側の眺めの無い部屋を充てがわれがち。そこはもう仕事と割り切っていたのですが,

なんと今回の部屋はハーバービュー。部屋のベランダに出れば,ずらっと並んだヨットを眺めることができます。この写真は部屋からのものではありませんが,まあ大体こんな感じ。

建物を出ると,湾に沿って散歩道が続いています。最初の夕日は,その突端まで行って撮ってきたもの。ちなみに海の向こう側がSan Francisco。Golden Gate Bridgeも見えるのですが,写真にすると遠すぎて何が何だか分からない。

翌朝,こちらが本当の部屋からの眺め。日の出前のマリーナ。海が見えるってのはやっぱりいいもんです。

ちなみにこのホテル,時たま部屋代が高騰します。なにか大きな会議が町中であってたりすると,ぽんと$300越えになるようですが,なんかそれって足元見てますよね。別にこのホテルに限りませんけど,さすがに3万円払って泊まるほどのホテルじゃないと思います。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

酷くて楽しい口コミ情報

Honoluluでの宿泊はHilton村。少々中心部から離れていますが,まあまあ便利な場所だし,何でも揃ってるし,まあ会員だし。とは言え,さほど会員の利点が無いのはリゾート地だし,仕方の無い所。

ハワイのホテルに関しては,ものすごい量の口コミ情報が飛び交っています。どこの高級ホテルでも,殆どの方は満足しておられるようですが,そんな中で★一つしか付いてないレビューを読むのがおもしろい。

実際に酷かったのもあるのだと思いますが,かなりの声が,もう言い掛かりのレベルだったりします。ちょっと変えてますが,適当に拾ってみると…

「日本人スタッフがいつまでも他の客の接客でふさがっていた」

「フロントで日本語が全く通じなかった」

「英語ができないのを,せせら笑われた」

「オーシャンビューの部屋を予約したのに,海が一部しか見えなかった」

「バスの時間が間違っていた」

「部屋にGが出た」

「スタッフの態度が悪かった」

等など。ちなみにHiltonの口コミだけじゃなくて,ハワイあちこちのです。

中には「タオルを交換されなかった」というものもありましたが,もしかしたらタオルを浴室に干していたのかも。床に落としてないと再利用するんだと思われて交換しないエコなホテルもあります。

他にもホテルのシステムを理解せずに,文句を言ってるような例も。

大枚はたいてハワイまでやってきて不愉快な思いをし,その行き先の無い鬱憤を口コミ情報に書いてるような気もしないでもありません。でもまあ「お客様は神様です」なサービスに慣れた方々が,アメリカのホテルでこちらの現実を見るということなんでしょう。あたしゃ,少々のことじゃ気にしない耐性を身に着けましたもん。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

海外出張他力本願

大きな国際会議に,自分のグループから数名参加する予定です。海外出張手続きの最初の手間は,航空券とホテルの手配。

僕はそう言った手続は,出張が決まり次第さっさとやってしまうくちです。日程が迫ってくると,何かにつけて自由度が無くなってくるから。

飛行機を予約するときは,乗り継ぎ時間が長過ぎず短すぎず,かつ最短距離のフライトを探します。そういうのは数ヶ月前に購入しておかないと,良いものがありません。

ホテルは学会会場に近く,でも高すぎず,クチコミ情報も参考にします。大きな国際会議だとホテルを斡旋することもありますが,それを避けることもしばし。同業者と同じホテルで出くわしたくないという精神的な理由もあります。

さて今回の会議。例によってさっさと航空券とホテルを予約しておいたところ,同僚の一人から旅程を教えて欲しいと言われました。隠すのも変なので自分の旅程表をメールしたのが昨日のこと。

そして今日,ポスドク君も出張手続きを始めたようで,フライトとかどうするのかなと思ったら,なんと僕の予定を既に知ってた。もしかして僕の旅程を皆で閲覧してるのか。こりゃ御一行様の旅になるな。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

誰がビール代を払うのかな

Washingtonに会議に来ております。会議場がここだということで,ちょっとばかし良いホテルに泊まることができました。とは言え,こんなでっかいベッドは要らないんですけど。

外に食事に出るのも面倒なので,ホテル内のレストランで夕食することにしました。

窓側に席をとり,まずはビールを注文し,本格的にディナー。と言っても,こう言う場所で食べるのはハンバーガーと決めちゃってるんですけど。

ホテルのレストランで便利なのは,料金をそのまま部屋に付けられること。チェックアウト時にまとめて払えます。請求書に部屋の番号と名前を書いてテーブルに放置し,さて部屋へ戻ろうとエレベータに乗った瞬間に妙な違和感。

さっきの紙には806号室と書きました。でもエレベータの8のボタンを押した記憶がない。こりゃ608号室の間違いだと,レストランへ取って返し,まだテーブルに置きっぱなしになっていた請求書の数字を608へ書き換え。

再びエレベータに乗ってこんどはちゃんと6階ボタンを押して,そこの608号室の前に立った瞬間,

ここじゃない

部屋番号が曖昧でも,ドアの位置くらいはしっかり覚えています。もしやと8階へ上がり806号室のドアにカードキーを刺したら,かちっと開きました。

最初に書いた806が正解でした。もう一度レストランに戻って部屋番号を書き直そうかと思ったのですが,まあいいやと放置。名前も書いてあるんだから,間違いに気づいてくれるでしょう。もし気づかなかったら,きっと608号室の客が払ってくれるでしょう。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

いつの日か社長待遇

北京のホテルの予約をしたときのこと。空港からの送迎サービスが必要かという項目があったので,これは便利かもとチェックしておきました。

市内までは地下鉄もあるし,タクシーに乗ってもたいした金額ではありません。でも地下鉄は乗り換えもあるし,手荷物検査があったり,切符購入が意味不明だったりと面倒。白タクの客引きを避けつつようやく正式なタクシー乗り場にたどり着くと,今度は行き先の説明に一苦労。英語なんて当然通じません。

ホテル専属のリムジンサービスがあるのなら安心です。行き先の説明は不要だし,おそらくは支払いはホテル料金に含まれるはず。

でもその料金のことをさほど深く考えなかったのが失敗でした。ホテルから送られてきた予約メールを見てまず驚いたのが,

送迎はAudi

えっと,それってわざわざ書いておくほどのこと?

さらに金額にびっくり。1万円以上です。自分の記憶では,タクシーは確か2000円程度だった筈。Audiで社長さんする身分ではありません。リムジンサービスのキャンセルをお願いしておきました。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

まだあったチェーン

ホテルのチェーンや航空会社,大体どこでも会員になっています。開店休業のアカウントばかりなのですが,たまに利用せざるをえないこともあり,念の為。

とは言えメリットは全くありません。強いて言うなら,オンライン予約するときに,細々した情報を入力しなくて済むこと。ANAなんて数年に一度使うだけなので,マイルは消えて行くばかりです。

さてAmerican Hotel Chain,有名どころだとMarriott, Hilton, Hyatt。Starwood(SPG)はMarriottと一緒になってしまいました。この3つは全部会員番号を持っており,Hilton系,Marriott系を一番よく利用します。

日本でちょっと知名度は低いかもなのはWyndham。Ramada, Days Inn, Super 8をグループ傘下に持ちますが,Ramadaだけは二度と宿泊しないと心に決めていますので,ここはスルー。

さて,もう一つあります。それはIHG (InterContinental Hotels Group)。最高級のInterContinentalは縁がありませんが,Holiday InnとCandlewood は稀に利用します。そして今回,なんと,いんたーこんちに宿泊できるチャンスが訪れたのです。予約したろうじゃないかと,会員サインインをクリックしたら,会員番号を入れろと出て,あれ?

自分では覚えてませんが,大概ブラウザが覚えてくれてます。それが出ない。なんとここだけ会員番号が無い。ホテルチェーン全て(らまだ以外)網羅していると豪語していたのに,なんとぽっかり抜けてました。

そうなると気になるのが他のチェーン(って,仕事中に何やってんだ)。調べてみたら,Comfort InnのあるCHI (Choice Hotels International)も無かった。全然網羅してないじゃん。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail