「ホテル」タグアーカイブ

大満足と言わせるSurvey

出張でホテルに泊まると,ほぼ毎回サーベイがやってきます.当ホテルは如何でしたか〜,何か問題はありませんでしたか〜,当ホテルをお知り合いに勧めますか〜.

めんどくさいので昔は放置してたのですが,何度もメールしてくるのにめげて,何度かアンケートに答えました.それも正直に.シャンプーが無かったとか,コーヒーが2つともデカフェだったとか,まあ細かいこと.

10点満点で採点しろと言うので,じゃあ7点かな〜なんて点数つけたらいけないんです.即「何か至らぬところがございましたでしょうか〜」とホテルからメール来ます.それはそれでめんどくさい.

結局どうするのか.サーベイには付き合います.でも何も考えずに10点満点をポチポチポチ...全く意味ないですな.どうせ何言ったって改善すべきとこは変わらぬままです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

使用済みのコーヒーと紅茶の謎

出張先での食事,友人らと何処かに食べに行くのでなければ,ホテル内のバー兼レストランで簡単に済ませてしまいます.日本だとホテルのレストランって高級なイメージがありますが,普通こちらではカジュアル.一杯やってそのまま部屋へ戻れるのが良い.

もっとも選択肢は限られ,定番はステーキ,ハンバーガー,フィッシュ&チップス,シーザーサラダ,パスタってところ.僕は深く考えずにハンバーガーばかり食べております.

さすがにバーで深酒することもなく,早々に部屋へ引きこもり,口寂しさを紛らわすためにコーヒー.

と思ったけど,紅茶と書かれたパッケージが目に留まり,たまには紅茶もいいかとそれをコーヒーメーカーにセットしてスイッチを入れ,待つこと数分,出来上がった紅茶を一口啜ってみて,

あれ? これってもしかしてコーヒー?

ゴミ箱に捨てたパッケージの袋をつまみ上げて,しげしげと眺めてみると...

なんだこれ? コーヒー紅茶?

茶葉が入ったコーヒーなんでしょうか.さっぱり分かりません.

ちなみにこのパッケージを見て,使用済みの何かを想像したあなた,心が汚れています.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

チャンネルを勝手に変えて行く人

Washington D.C.出張では,もう何年も同じホテルに泊まっています.Marriott系のビジネスホテルなので,チェックイン時には恐る恐るHiltonのクレカを差し出します.正確に言うとD.C.じゃないんですが,そこは誤差の範囲と言うことで.

定宿とは言え,年にたったの一度です.それでもレセプションのおばちゃんは「毎年来られてますね」と小さなリビングスペース付きの広い部屋にしてくれました.結局このソファはカバン置きになってましたけど.

この手のホテルの朝食時は,ほぼ間違いなくCNNが映っています.まあ無難な選局でしょう.火曜日の朝,ベーグルを齧りながらCNNを眺めていたときのこと.

中年女性宿泊客がそこへやってくるや,テレビのリモコンを鷲掴みしたかと思うと,チャンネルをFOX Newsに変更.FOXですよ!

おまけに彼女,朝食を適当にかき集めると,そのまま部屋に戻っていきました.人がCNNを見てたのもお構いなし.そっち方面の人なのか.

水曜日の朝,全く同じ事が起こりました.彼女は無言でCNNをFOXへ変えると,そのまま去っていきました.右傾きに歩いてるんじゃないかと,思わず後ろ姿を確認したほど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

系列が変わったらお値段倍

先日パリで宿泊したホテルは,以前も利用したことがある場所で,Best Westernの系列です.とくに会員とかでは無いのですが...あれ,会員だったっけ.ま,いいや.ヨーロッパでは☆☆☆クラスのお値段お手頃,安心して泊まれるので,欧州出張時はよく利用します(アメリカ国内のは利用しない).

このホテルもBW系列だったはずなのに,今回その気配がすっかり消え失せ,全く普通のホテルになっておりました.それはそれで別に構わないのですが,驚いたのがお値段.

以前宿泊したのは丁度2年前.多分一泊€120くらいだったと記憶し,同じホテルの予約を職場のトラベルオフィスにお願いしておいたのです.そして送られてきた旅程表の金額を見て,目ン玉飛び出ました.€240!!.日本円で32000円くらい?

系列で無くなったために,宿代が跳ね上がったのでしょうか.そんなルームレートを物ともせず予約しちゃうトラベルオフィスって...

ところで前回泊まったのは内側にある806号室.今回は804号室.2年越しのパリ滞在でしたが,偶然にも同じポイントに戻ってきてたようです.2年後は805号室かも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

初めてのAmerican Express

メインに使っていたHilton系のクレジットカードはVISAだったのですが,今月からAmerican Expressに変更されました.初めてのAmexです.縁が無かったのは,単に年会費が高いから.

それと勧誘がウザいってのもありました.毎日のように入会案内のダイレクトメールがやってくるもんだから,逆に敬遠していました.でも今回ばかりはHilton側が勝手に変えちゃったので,逃げられない.

とは言えアメックス,ほんのちょっとだけお金持ちになった気分.とは言えホテル系,本物持ってるよりはちと落ちそう.

ところで,新しいクレジットカードが届いたら真っ先に裏にサインしますよね.郵送されてくる案内にも,すぐにサインするよう注意書きがあります.

でもこのHilton Amex,そんな注意書きも無く,そもそも名前を書く所にデカデカとカード番号が印刷されてるんです.今のところサイン無しで使ってるのですが,なんかちょっと不安.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

まだ帰ってこいとの声は無いので,パリの眺めの良い部屋から

Notre-Dame de Paris

合衆国予算の攻防が議会で,政府機能の一部停止が続いています.パンダのライブカメラが見られないなんて,なんてひどい状況なんだ!

それはともかく今のところこちらには何の連絡もない(聞こえないふり?)なので,無事にSalt Lake Cityから雨のParis CDGへと飛んできました.今回の出張は弟子...ってもう言っちゃいけないか.元ポスドクで現若手バリバリ研究者のM君を従えております.彼はパリは初めてのことで,駅のチケット売り場で早速「パリ流おもてなし」の洗礼を受けておりました.その話はまた後日.

ホテル到着するも,まだ部屋の準備ができていない.別の部屋で良ければもう入れるけどちょっとランク落ちるよと言われたので,待つことにしました.そんなに良い部屋予約した覚えは無いんだけど.

Mona Lisa

M君と超基本的かつ大雑把なパリ観光をし,ホテルへ戻ってくると,ようやく部屋の準備ができております.チェックインを済ませ,さてどんな「良い部屋」なのかとエレベータで上っていくと,

部屋は最上階.写真で分かるでしょうか.天井が斜めの屋根裏部屋.過去に別のホテルで最上階に泊まったことが何度かありますが,この変な出っ張りが面白い.夜中に頭をぶつけそうになりますけど.

向かいの建物よりこちらが辛うじて高いので,屋根越しにNotre Dameが見えます.これが良い部屋の意味かな.確かにパリのホテルで眺望なんて滅多に望めるもんじゃありません.

斜め天井の部屋に遭遇するたびに,映画「Sous les toits de Paris 巴里の屋根の下」の「鐘はなる,鐘はなる,マロニエの並木」っていう西条八十の詩が頭の中をぐるぐる周り続けます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ホテルのチップを置きますか

Santa Fe

いつになってもモヤモヤが続くのが,ホテルのチップ枕銭.出張時この話題が同僚らとの間に未だに上ってきます.チップを置かない派が殆どなのですが,それはだめだと主張する置く派もたまにいます.

国内出張時に利用するようなホテルでは,僕は置きません.置いたからと言ってサービスが変わるでもなし.シャンプーの代わりにリンスが2つあっても,それはチップのせいじゃない.バスタオルが一枚足りなくても,それはチップのせいじゃない.真冬に冷房がオンになっていても,それはチップのせいじゃない.

リゾートホテルだと,財布に小銭が入ってたらちょっと置くことがあります.とは言え,従業員が全部屋のチップを集めて再分配するとも思えない.当日部屋を担当したハウスキーパーさんがラッキーなだけ.

一方,ヨーロッパのホテルでは置く派が増えるようです.一週間滞在で毎日置いてたんじゃちょっとした金額になるので,チェックアウトの朝に5ユーロ程度置くと言う技を伝授してくれた人もいます.勿論,その日担当になったハウスキーパーさんだけに幸運がもたらされます.

そういうことを考えると,どうせ部屋代に含まれてるんだし,基本的に不要でしょ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail