「ピアノ」タグアーカイブ

冠禍での日本滞在,ロプノールピアノ

小学生の頃にピアノを始め,まともにレッスンを受けていたのは大学時代まで。その間,引っ越しもありピアノもそれに合わせて移動してきました。

このピアノは元々同居していた祖母のものですので,僕が生まれるより前のもの。それを練習に使い始めました。

僕は中学時代に近くの町に引っ越し,でも暫くはピアノの置かれた祖母の家まで通って練習していたものの,やはり不便だからと自宅へ運送しました。後から聞いた話ですが,祖母はたいそう悲しんだんだとか。

時は流れて僕も大学卒業。もう誰も弾くことが無くなったピアノは,再び祖母の元へ。でも彼女がピアノに触っていた形跡もなく,東京の従姉妹と僕が弾く賛美歌「主よ御元に近づかん」を最後にしばし沈黙したようです。

その後,本家を守る叔父が亡くなった後,うちの母が再びピアノを自宅へと運搬したようです。でも僕は渡米,調律されることもなく,随分と酷いコンディションのまま10年の歳月。

そして先週,実家の整理をしながら,もうこのピアノは処分するほかないなと親戚と話していたら,従姉妹が「ピアノの練習したい」と言うじゃないですか。

古いピアノなので,運搬,修理,調律,全部で20万円の見積もりとなりました。正直,新しい電子ピアノを買ったほうが良いと思うのですが,思い出のピアノを温存してくれるというのだから嬉しい限りです。せめてあと10年,このピアノが音楽を奏で続けられたらと思います。

ところでピアノの上に置かれた青い本は,子供のピアノ練習で定番のソナチネアルバム。僕が子供の頃に使ったものですが,開いてみると自分の書き込みがありました。高校か大学時代,ソナタ形式と和声の勉強のために書き込んだもの。ソナチネは構造が単純で定形通りに書かれたものが多いので,音楽の勉強にはもってこいです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

なんの先生?

友人らと町中の小さなカフェでランチしていたときのこと。突然全く知らないおじさんがテーブルへとやってきて,僕に話しかけてきました。

「お前は物理を教えてるの?それとも音楽?」

友人らとの会話が物理関連だったと思うので,それを聞いてそっち関係のグループと思ったんだろうとは思います。でも何で音楽?

大学じゃないから教えはしないけど物理だよ,と答えたら,なんか市民講座的な質問をちらほらされた後に,おじさん,去って行きました。

で,何で音楽?

隣の友人に「音楽って言ったよね。なんでだろ」と聞いてみるも,彼も首をかしげています。彼が言うに,僕がどっかでピアノを弾いてたのを見てたんじゃないかと。でも知らない人の前で弾くことって全く無いんですよね。もしかしてうちの近所の人だったのかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

だらだらとした師走の週末

目覚めたときはすでに昼近かった金曜日,そのまま休みにしました。クリスマスツリー出して,ピアノ弾いて,ジョギングして,ビール飲んでおわり。

土曜日,比較的早く起きたような気もしますが,それは夢だったらしい。ベッドから起き上がる夢ってやつは最悪です。まあ普段の週末並の起床時間。でも驚いたことに,午後再び3時間も昼寝してしまいました。

ソファで目が覚めたらすでに4時。こりゃいかんと,慌ててジョギングだけはやってきました。

そして日曜日の今日,なんと朝4時起床です。寝すぎで早起きではありません。屋根裏でネズミがカサカサずっと音を立てていて,眠れなくなってしまったのです。

そのままリビングへ移動し,コタツのスイッチをオン。

そのまま寝ました。

いやー,体が痛いわ,喉からからだわ,偏頭痛するわ,大変です。さすがに今日は昼寝は無理。でも雨なのでジョギングも無理。だらだらとピアノを弾いて過ごす午後です。

真面目な曲からポピュラー音楽まで,なんでもだらだら。ポピュラー曲を暗譜できた日には,どこぞの駅に置いてある駅ピアノでデビューしようかなんて考えつつ,週末が終わってしまったことにショックをうけております。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

調律はできないけど微調整

ピアノ調律キットが届きました。思ったよりずっと値段は安くて,4000円ほど。調律作業で特徴的なチューニングハンマーの他,弦を押さえるミュートが色々入っています。使い方さっぱりなので,まずはネット検索から。

調律を自分でしようなどという大それたことは思っておりません。あれは自分では無理。でもちょっと狂った弦の調整くらいなら自分でできそうだと,以前からこのハンマーが欲しかったのです。

ピアノの鍵盤一つに,2本か3本の弦が張られています。これらの音が揃ってないと濁った音になります。これを自力で直したいわけ。

真ん中の弦の調律が正しいと仮定して,片側の一本の振動をミュートで止めます。二本同時に鳴らしてみて,うなりが出れば調整。これは意外と簡単でした。ぴたっと音を合わせたときの気持ちよさといったら。

こういう作業を少しずつ増やしていったら,いつの日か自分で調律ができるようになるでしょうか。まあ無理かな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Shostakovich 24の前奏曲とフーガ

J.S. Bachの平均律クラヴィーア曲集にならってShostakovichが作曲したピアノ曲集「24の前奏曲とフーガ」。平均律のようにハ長調から始まって全ての調性を網羅する大規模な作品です。1951年の作曲とのことなので,つい最近じゃないかという感覚を共有してもらえるかどうかで年齢が分かります。

Bachの平均律はハ長調から始まって半音ずつ上がっていくので,3曲目の♯が7個も付く嬰ハ長調で涙目になりますが(変ニ長調で書けよ!),ショスタコの方は♯を一個ずつ増やしていく,ピアノ弾きに優しい設計。

先日ウィーンの楽譜店で楽譜を買ってきました。とりあず全曲,音だけ拾って見ましたが,初見で弾けるレベルから脳内混線起こすレベルまで,難易度様々です。大雑把に言って平均律が弾ければ何とかなるという難しさでしょうか(最難関24番を除く)。

比較的穏やかな雰囲気の曲が多いながらも,その中に厳しい緊張感が感じられます。16番や23番のフーガの響きの美しさは格別です。自分で弾いてるだけじゃこの曲の本当の良さも半減どころか1%くらいに落ちてしまいますので,早速CDを注文しました。

ところでこの楽譜,2巻合わせて8000円ほど。日本の全音でも同じ曲を出版しているようで,そちらはたったの3300円。散財してしまったかも。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Los Alamos Concert Series, Piano Duo

Los Alamosのコンサートシリーズ ,始まりました。今夜はShai WosnerとOrion Weissのピアノ・デュオです。一曲目は連弾ですが,二曲目は二台ピアノ,どうするのかと思ったら,袖からもう一台Steinwayが出てきました。金持ちやなあと思ったら,借りてきたらしい。

曲目はSchubertの連弾曲Grand Duo D.812とBrahmsのピアノ五重奏曲 Op.34。

ピアノデュオのコンサートなのに,ピアノ五重奏?

ヘ短調の有名な曲ですが,Brahms自身が2台ピアノのためのソナタとして出版したものだそうで,順番的にはこちらの方が先。このソナタが後にピアノ五重奏として出版されたそうです。元々ピアノが目立つ曲なので,2台ピアノ版も全く違和感ありませんでした。

Schubertの方は,そんな曲があるのは知っていましたが,聞いたのは初めてです。例によって終わりそうで終わらない,かなりしつこい曲で,一回聞けばいいかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail