「ピアノ」タグアーカイブ

秋なのにスローな春

同僚にヴァイオリン弾きの女性がおります.以前からアンサンブルやる話が出てはウヤムヤという状況が続いていましたが,ようやく実現しそうな雰囲気になってきました.新しい弓を買ったんだとか.

手始めに曲目はBeethovenのViolin Sonata第5番.Spring Sonataというニックネームで有名ですが,いまはもう秋,誰もいない海.

先週彼女から,楽譜を入手したから週末に練習しとくという連絡がありました.そして今日の電話.

「練習しすぎて,指が痛い」

そこまで真剣にやるんかと,ちょっとビビった.でも,

「普通のテンポじゃまだ無理だから,半分の速さでいい?」

半分速度のSpring Sonata,春眠暁を覚えずなほど超スローにピアノ弾くのって,ボロが目立つのでそれなりに難しいです.さてどうなることやら.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

電子ピアノの置き場に困って

Privia

大学に入ったばかりの長男が,何か楽器が欲しいと言ってたので,これにしました.CASIOのPrivia.この値段ながらも88鍵のフルキーボード,キータッチもしっかりしており,意外と普通のピアノのように弾けます.

長男が次に戻ってくるのは冬休みです.それまで放置するのも勿体無い.せっかくだから遊ばせて貰おうと,居間へ持ってきました.重さ12kgなので,運べるけどポータブルとは呼べない重さ.スタンドは買わなかったので,どこかに置かねばなりません.ちゃぶ台に乗せてみたものの,ちょっと高い.

結局,一番安定したのは,床に直置き.ちゃぶ台には譜面台.床にあぐらかいてのピアノ,弾きにくいけど,弾けないことはない.

電子ピアノなので,夜中に遊べるのは便利です.色んな音が入っているので,音色を変えて遊んでいましたが,これはじきに飽きちゃいますね.

さて担げないことはない12kgです.電源ケーブル,ペダルと譜面台を加えたらもうちょっと重い,長男には頑張ってハワイ大学まで持って帰ってもらいましょう.彼に現金渡して,Honoluluの楽器店で買ってこいと言えば簡単だったんですけどね.ま,いっか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ピアノの上で広がっていく混沌

グランドピアノは手前の屋根を開かないと譜面台が出てきません.でも開いた状態だと,かなりの音量で少々うるさい.卓上譜面台をピアノの上に置けば,屋根を閉じたままで演奏でき,音量も抑えられて便利です.目線が少々高くなるのが難点ですが.

閉じたままでよいとなると,次第に怠惰が広がってきます.ピアノの上に楽譜を山積み(これだけはやりたくなかった).天井のライトのスイッチが遠いので,専用のLEDライトをAmazonで購入.

このライト,USBが着いているので,スマホの充電もできます.

ドリンク用スタンドも身近に置いておきたいところ.ついでにウィスキーボトルも常備するか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

無言のディナーを回避する

ご自宅での夕食のお誘い.ご夫婦の家庭で,客は僕一人だけです.大変ありがたいながらも,少々緊張するし,そもそもどんな会話をすればよいのか.沈黙の瞬間がちと怖い.

大きなお宅です.玄関の呼び鈴を鳴らして広大な居間へ案内されると,その片隅にあったのがグランドピアノ!

しめた!と思いましたよ.これで間が持つ.

「どなたか,ピアノを弾かれるんですか」
「このピアノは家内の母親が持ってたもので,彼女はピアノ教師だったんだ」

奥様もピアノは習ったそうですが,今は弾いてないとか.奥様の母親のピアノです.製造から100年近く経ってるかも.聞いたこともないメーカーでした.写真を撮り忘れたのが残念.

「ちょっと触ってもいいですか」
「ピアノ,弾けるの?」

E. Grieg

ちょっと触ってみたら,調律はそんなに酷くは狂っていません.でもアクションそのものにかなりガタがきています.なんとか弾けそうだったので,パソコンをピアノの上に置いて,楽譜を表示.

Chopinの前奏曲を弾き始めると,実はご主人,クラシック音楽好きだったらしく,「ああ,その曲,大好きなんだ」.

請われるままに Chopin, Bach, Schubert, Brahms...夕食前に小一時間弾いてすっかり緊張感が解れ,その後のディナーも会話がはずみました.やれやれ,なんとか乗り切ったようだ.

ホテルまで車で送ってもらい,冷蔵庫で冷やしておいた白ワインで一人晩酌.いや〜,うまい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

座り心地にこだわる,HIDRAU社製のピアノ椅子

椅子の組み立て

以前,東戸塚のホールSala MasakaでCzechのピアノPetrofでの演奏を聴いたのですが,その時にピアノ以上に気になったのが椅子なんです.

シンプルなデザインながらも,すごく座りやすい.気になって調べ,見つけたのがHIDRAU社のこの椅子.少々お高いのですが,買ってしまいました.

Made in Spain.組み立て説明書に思いっきり英語の間違いがあったのはご愛嬌.でもシート裏地が破れてたのは,ちょっとなぁ...見えないからいいけど.

組み立て完了.ピアノ椅子というよりは,体操に使う鞍馬に見えなくもない.

Hidrau Hydraulic Piano Bench

ピアノ前に置いてみたところ.かなり横幅があります.

高さ調整は非常に簡単.少し前に傾斜したベンチはとても座りやすく,長時間座っていてもお尻が痛くなりません.

欲を言えば,座席部分が開いてちょっとした楽譜入れになってたら良いのに.

あと,横にグラス置き台があれば,ウィスキーグラスが置けるのに(普通はそんな使い方しない?)

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

美しき五月に東戸塚行き

東戸塚にあるSala Masakaという小さなホールで開催された歌曲のコンサートに行ってきました.プログラム前半はSchumannの連作歌曲「詩人の恋 Dichterliebe」.出井則太郎さんの歌,平尾有衣さんのピアノ伴奏.平尾さんはBeethovenの月光も演奏されました.

Im wunderschoenen Monat Mai (美しき5月に)で始まる恋の歌.この歳になって「詩人の恋」も無いだろうという気もしますが,ま,いいでしょう.5月だし,学者だって恋くらいするかも.

後半はCzech音楽,Moravia民謡,Czechにまつわる話題を交えた,とても楽しいコンサートでした.

この日のピアノ,珍しいことにCzech製ピアノで有名なPetrofです.以前Pragueで古いアップライトを見かけましたが,グランドを見るのは初めて.もちろん見るだけじゃつまらない.コンサート終了後,ちょっとだけ触らせてもらいました.

鍵盤は軽めで,かなり繊細な音が出るようです.でもこの日のコンサートではよく鳴っていましたので,ポテンシャル高いのかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

そんなとき楽興の時を聴きたい

枝垂桜

自分の葬式のとき,どんな音楽をかけて欲しいかという話を友人としてたことがあります.確か彼からWagnerだと聞き,マジかよと思ったのですが,普通のRequiemとかベタなのは嫌だとお互いに同意したのは覚えています.

G.FaureのRequiemだったらそんなに悪くないか.もしMozartのRequiemがかかってたら,Lacrimosa(涙の日)より先は鳴らしてくれるなと棺桶の中から叫びそう.モツレクの後半はがっかり音楽なので.

そんな心休まる音楽として僕が好きなのは,SchubertのMoments Musicaux(楽興の時)D780の第6曲.ゆっくりとした少々単調な曲ですが,聞けば聞くほど,弾けば弾くほど良さが分かる曲です.これなら棺桶の中でぐっすり眠れそう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail