「ピアノ」タグアーカイブ

パリの友人の訃報に

この2年間に両親が立て続けに亡くなりましたが,それはまあ年齢的なものもあって仕方ない。でも先週,パリに住む友人の訃報には驚かされました。同年代のまだ働き盛りです。

管理職ピラミッドのずいぶんと上まで登りつめてしまい,最近ではあちらに出張しても本人が技術会議に顔を出すことは滅多にありませんでした。それでも食事会へは参加し,気さくに笑い話に興じたものです。

僕がBlogやってるのを前から知っており,時たま英語自動翻訳を使って読んでると聞いて驚いたことも。

多分何処かで「アメリカのNutellaはヨーロッパのとは味が違う」と書いてたのを読んでいたらしい。彼がSanta Feに出張で来た時,1kg入りNutellaをフランスから持ってきたのを見たときは,もう大爆笑でした。

僕の方からも彼へのアメリカ土産に手作りドリームキャッチャー。当然彼もBlog記事は読んでくれてたので,「あ〜これ!」と笑ったものです。彼のオフィスに飾ってくれてましたが,どうなったかな。

コロナ禍でしばらくパリ出張ができず,ようやく今年の秋に会議再開しようと話していた矢先のことでした。

RIP

格安不人気楽譜

楽譜棚で探しものしてたら出てきたもの。学生時代に入手したProkofievのピアノ・ソナタ第5番と小品集「束の間の幻影」の楽譜です。

プロコフィエフの没年は1953年なので買ったときまだ著作権は生きていたはずです。おまけに輸入譜なのに,随分とお安い。当時はソ連時代なので,著作権関連は曖昧だったのかもしれません。この楽譜のUSA価格はたったの$4です。

日本での定価が880円。それが赤札価格の500円。そして最終処分価格の100円。人気無くて売れ残ってたんですかね。ごっそりと買いましたよ。ピアノ協奏曲も含めて全部で5冊。もっとも彼のピアノ協奏曲第5番は超難曲として知られ,とても歯が立ちません。

ところでこの値札に書かれているのは日本楽器,そうYAMAHAです。社名がヤマハに統一されたのが1987年(昭和62年)とのこと。福岡のヤマハで買ったものですが,確かにその少し前でした。

Brahmsピアノ五重奏曲に挑戦

COVIDのせいで延び延びになっていた室内楽のお誘い,ようやく全員ワクチン接種完了したので,ついに実現の運びとなりました。ヴィオラ担当の同僚が住むSanta Feの家に5人集合。

全員アマチュア演奏家ですが,同僚以外は初対面なので,一体どれくらいのレベルなのか,全くの未知数です。どれくらい早く弾くのか分かりませんが,初顔合わせなので,まずは丁寧にやるだろうと遅めテンポを想定しておりました。

そして当日。いきなり通常速度ですよ。まじか。本職は科学者なのに,全員かなりの楽器の腕前です。

ひたすら追随しましたが,なんせピアノの難曲です。おまけにページめくりに時間を取られ,何度か落ちてしまいました。これはキツイ。

そしてさらに辛かったのが2点。

アップライトピアノです。奏者が全く見えません。いやそれ以上に鍵盤が戻らない! 音が鳴らない!

そして椅子の高さが固定。さすがに低すぎたので,クッションを借りましたが,ベストポジションには程遠い。

まずは全曲通して演奏。その後,1,2楽章を再度演奏して終了。さて次回のお声はかかるでしょうか。

今日は何の日なんでもない日

ふと気づいたらもう4月,カレンダーに「今日はピアノ調律の日」と出ているので,はて,前回調律してもう1年もたったっけな。

いやそんなはずはありません。一年前の今日は日本からの帰国直後で,まだ自主隔離の自宅謹慎。調律どころじゃなかったです。

ピアノのAの音のピッチ440Hzなので,[A]prilの4月4日。ちょっとこじつけっぽいけど,他の楽器はもうちょっと高めにチューニングするのでピアノ専門の日となるっぽいです。うちのピアノも高音部分ちょっと気になる音があるので,そろそろやるか。自己流で。

毎日毎日,呆れるほどなんたらの日が制定しております。どうせならいっそのこと「なんでもない日」もあればいいのにと思って,これはすでに不思議の国のアリスで制定済みだったことを思い出しました。

誕生日は1年に一度,でもなんでもない日unbirthday は1年に364日。アンバースデーならティーパーティー開いてお祝いしても良さそうですが,問題は一体だれがこれを「なんでも無い日」と訳したのか。

と調べてみたら,なんとこれは不思議の国のアリスでは無くて,鏡の国のアリスに出てくるものを,ディズニーが不思議の国で採用したらしい。世の中,まだまだ知らないことがたくさんあります。

蓄積されてきた無料楽譜

古いプリンタを処分する前に残ったインクを使い切ってしまおうと,手持ちのPDF楽譜の中から需要ありそうなものを印刷しまくっております。じゃあ需要がない楽譜ってあるのかというと,そこはまあなんとなく保存したっていう変な楽譜が山のように。Schumannの全交響曲のピアノ編曲版とか,いったいこれどうすんだ,みたいなやつも。一応全部弾いてみましたけど。

印刷したからには,製本しないと不便です。ペラ紙のままじゃ譜めくりが面倒だし,落下事故もおこります。さりとて,全部で100ページほど印刷したので,真面目な製本も面倒。

ということで印刷したものはそのまま透明フォルダに突っ込み,バインダーに綴じておしまい。欠点は2つあって,一つは書き込みが面倒なこと。自分なりの運指や印刷ミスの訂正を楽譜に書き込むのですが,ビニールポケットから取り出さないと書けない。

そしてもう一つの欠点はコスト。このフォルダ,さほど高いものではありませんが,ページが増えればそれなり数が必要。

なんかもっと簡単で便利な製本方法があったらいいのですが,例えばホッチキスで留めちゃうと開けないとか,色々問題あります。完璧にやるなら,サージカルテープを使って綴るのが一番ですが,これはさらにコスト高。普通に出版された楽譜を買ってきたほうが早いってなっちゃいます。

孤独な指揮者になれる瞬間

過去に何度かネタにしたものの,再び管弦楽曲のピアノ編曲もの。録音の無い時代にはそれなりの需要があったのか,編曲を専門にしておられる方々もおられたようです。そんな楽譜をあれこれと集めており,かなりの曲がコレクションされています。

編曲者によって難易度がピンきりで,有名な交響曲を家庭で楽しもうというレベルから,原曲を極力ピアノに移した指が足りないレベル,そしてF. Lisztによるアマチュアお断りレベルまで。

なかでもお気に入りは,Dovrakの交響曲7, 8, 9番。耳心地良いメロディー,音楽の盛り上げ方,あの名曲を自分で全部コントロールできるっていうんだからたまったもんじゃないです。

難易度はそこそこ。こういった曲で重要なのは「練習せずに弾ける」ことです。全部通したら30分から1時間かかるのが普通な交響曲,そんなのを真面目に練習する気になんかなりません。初見で7割弾ければそこでOK。

自宅で演奏できる交響曲,これってもう指揮者気分ですよ。文句言わないオケ(ピアノ)を自在に操って自分の世界に浸る。とちってもブーイングは出ない。なんとも贅沢じゃありませんか。