「ネクタイ」タグアーカイブ

もったいないおばけが出る前に

何度か書いたけれど,フォーマルな服装の話題。

年配の友人,いつもきちっとした服装で仕事にやってきて,職場の雰囲気とは一線を画しております。うちの連中ときたら,夏はTシャツに短パン,冬は大学名がどーんと書かれたトレーナーにジーンズが基本ですもん。

そんなダンディな彼は,以前の職場ではネクタイも締めておりましたが,さすがにそれは浮きすぎるのか,今ではジャケットのみです。先日,彼と仕事着の話をしておりました。

別に重要な会議に出るわけでもないし,カジュアルな服装でいいんです。ただ自分のリタイアまでの日々を考えたとき,クローゼットに並んだジャケットはもう使うこともないかもしれないし,折角なので着てる。この点は同意で,僕も普段の仕事にジャケットをひっかけて行くことはよくあります。

そしてネクタイ。さすがに日々の通勤には使いませんが,ちょっとした会議のときは締めて行くようになりました。単に使わないと勿体ないから。

明日からそんなちょっとした会議です。今回,報告事項は同僚に押し付けたので,僕の義務は車の運転程度。会議室の後ろに座ってるだけなのでどんな服装でも良いと思うのですが,そんな理由でネクタイ一本デイパックに詰め込みました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

絶対にここに入れたはず

出張時は所持品リストを確認しつつ荷造りし,出発直前も何か忘れ物が無いか確認します.それでも現地到着後にうっかりが露呈することも.

会議初日はきちんとネクタイを締めていきます.先週のこと.ホテルで身支度を整え,さてネクタイピンを...あれ?

小さなものなので,ネクタイに刺したままスーツケースに入れておくか,小物入れポーチにに入れています.今回はポーチに入れたはず.それなのに見当たりません.入れたつもりになってただけか.

仕方ないので,タイピン無しで会議へと出かけました.どっかで安いのでも買ってその場しのぎにすればいいや.

とは言え,そうあちこちで売られているような物ではありません.仕事先のお土産物コーナーにあったのですが,そこのロゴを象った,だっさーいデザイン(失礼!).しかもそれなりのお値段.

タイピンなんて,無けりゃ無いで困らないのですが,それでも入れ忘れたという事実がショックです.もう一度ポーチの中身を全部テーブルの上にぶちまけました.

USBメモリや,風邪薬,電源コンセントアダプタ,絆創膏,ポケットティッシュ,カード類,ごたごた全部を取り出しポーチを空にしましたが,やはりタイピンは見つからない.諦めて物を再び元に戻していたときのこと.

あれ,ティッシュが硬い?あるまじき硬直.なんとポケットティッシュの中に潜り込んでいました.まさかこんな所に隠れていたとは.

ちなみに,何かタイピン代わりになる物がないかと探して見つけたのが,クリップ付きのUSBメモリ.なんだかスパイやってるみたいで,やめておきました.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

答はこの紙に書かれているらしい

知り合いの大学教授の訃報を聞いたのは二ヶ月前のこと.自分の職場とも縁のある方で,この地に散骨するために遺族の方々が訪問され,それに合わせて小さなセレモニーが企画されました.

セレモニーとは言え,お茶でも飲みながらざっくばらんに昔話を楽しむという趣向.でも参加者のレベルが凄かった.職場の重役や旧所長の面々.さすがにネクタイ締めて行きましたよ.

事前に「教授に関連して何か楽しい話題を用意しておくこと」の連絡があったのですが,そんな場で話せるわけありません.黙ってよっと心に誓って会場へ出かけましたが,念のため一枚の紙切れを持参.

昔話スピーチが続き,友人の一人が話し始めたときのこと.大昔に僕と彼がやってた計算に話題が及んで,やばいなー,こっちに振ってくるんじゃないかと危惧していたら,案の定名前を出して,

「あの理論の未解決の問題は,彼が答を知ってます」

なんて言うもんだから,注目の的です.

しゃあないと例の紙切れを取り出し,

「10年ほど前に,先生から『答はここに書いといた.これを計算しろ』と渡されたものです.でもこの数式,僕にはさっぱり分からないんですよね.なのでご家族の方々にお返しします」

コピー用紙裏紙に無造作に手書きされた数式,実はフォトフレームに入れて飾っておこうかと思っていたのですが,なんか怖い感じもあって止めておきました.10年も経ったのに,まだ計算してないのかって怒られそうで.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

勝手に割り当てておいて連絡しない作戦

秋の空
秋の空

とある会合のchairman,つまり座長をやってくれというメールが来ていました.Politically Correct的に,最近ではchairpersonと呼ぶ方が多いかも.やっていいよと二つ返事で返信したのですが,こういう風に事前に問い合わせてくれるのは助かります.と言うのも,事前連絡無しに決められてることが時々あるのです.

小さい会議ならその場でへぇへぇと適当にこなすのですが,大きな会議で事前連絡無しは流石に厳しい.

数百人規模の国際会議に出ていた時のこと.今日は自分の発表も無いしと,いつものラフな格好でホテル内をぷらぷら歩いてたら,友人が,

「そんな格好で座長やるの?」
「ん? 座長? おれ,座長?」
「うん,次のセッショの座長,おまえの名前になってるよ」

プログラムを見せられてびっくり.しっかり自分の名前が印刷されてます.聞いてないよ

大慌てでホテルの部屋に戻り,着替えてネクタイ締めて出てきました.やばかったです.あそこで教えて貰わなかったら,最悪すっぽかしてたかも.これはもしかして,土壇場であたふたする僕を見て笑ってやろうという作戦だったのかも.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail