「トラブル」タグアーカイブ

Paris行き,さて面白くなってきました

今週はパリ出張です.あいにくご当地の天気は悪そうですが,さほど寒くないっぽい.小さな会議なので気楽な旅になると安心していました.ほんのちょっと前までは.

そう,戦慄のニュース「合衆国のつなぎ予算,不成立」を聞くまでは.

予算が成立しなけりゃ政府は機能不全に陥ります.一部の機関は即閉鎖となります.幸か不幸か僕は「みなし公務員」の立場なので,即自宅待機とかにはなりませんが,その可能性も否定できない.

おまけに今現在,パリに向けて旅を始めたところです.これって一体どうなるんでしょう.

数年前に一度この事態に陥ったことがあります.そして同日,友人らが国際会議に向けて旅立っていきました.気の毒な一人は,空港に到着するもチェックインカウンターにて「あなたのチケットはもうキャンセルされたわよ」の宣告.

さらに気の毒だったのは,折角ブラジルまで飛んだのに,空港に到着と同時に呼び戻された奴.

これを書いているのがAlbuquerque空港.取り敢えずSalt Lake Cityまでは飛べそうです.さてその後どうなることやら.SLCで引き返すか.はたまたパリの空港に到着と同時にとんぼ返りか.面白くなってきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Internetを遮断されてしまった話

出張から戻った直後は,細々した用件に時間を取られます.出張中も簡単なメールの返事くらいはスマホでやりますが,真面目に返事しようと思うとコンピュータが必要.そんな机仕事をしつつ,ちょっとオフィスを空けて若い衆と仕事の相談.

部屋に戻ってきて,さて机仕事をやっつけようと思ったら,何やら不穏なメッセージ.Internetに接続されていません.

なんだこりゃ,ケーブルを足で引っ掛けたかとつなぎ直して見るもだめ.信号が来ていません.ネットが切れる寸前に来たらしいメールが一通,そこに理由が書いてありました.

「使ってるソフトが古いからあんたのコンピュータを遮断したよ.アップデートしてね」

確かにそんな通知が先週来てました.でも出先じゃ対応できない.今週やろうと思ってた矢先に,この仕打.

しゃあない.雑用は後回しにして,セキュリティアップデートするかと思ってはたと気づきました.

コンピュータ,ネット無ければただの箱

アップデートするにはネット接続が必要.でもブロックされてるんだから手も足も信号も出ない.なんだよ,この状況.

已む無くノートパソコンを開いて,ごにょごにょしてアップデート完了.ブロック解除してちょうだいのメールを出そうとして,再び愕然.

Eメール,ネット無ければ伝書鳩のほうがまし

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

微妙なHawaiiへの旅,這々の体でHonolulu到着

アラスカ航空

早朝6時のAlbuquerque発に乗って,夕方6時にはHonoluluでビールを楽しめる...はずでした.でもそうそう首尾よくことが運ぶはずがない.

前日夜10時にDeltaからLast Minutes Informationなるギリギリ情報メール.これが来るときは絶対に良いことない.案の定,朝6時のフライトが遅れ,出発は10時になると.

4時間も遅れたんじゃ,乗り継ぎできません.Deltaに電話しフライトを変更しました.運良くSeattle経由のチケットを押さえることができ,少し安心して就寝.でも翌朝再び呪いのギリギリメール.フライトは更に遅れ,出発は12時.

Salt Lake Cityでの乗り継ぎ時間はたっぷりあるので,まだ間に合いそうです.とにかく空港へ行ってみると,さらにさらに遅れて1時.SLCでの乗り継ぎ時間は40分ほど.でもこれはなんとかなった.

駐車場夜景

SLCからSeattleへは順調なフライトでした.定刻どおりに着陸して安心してたら,こっちにも鬼門があった.

空港で何やらトラブルがあったらしく,着陸してるのにゲートへ到達できない.

こちらの乗り継ぎ時間も短い.次第にイライラが募ってくる,飛行機は全く動こうとしない.ついにはスマホのメッセージに「Honolulu行き,搭乗開始しました」が表示される始末.

なんとか飛行機を降りたときには,もうあちらのドアが閉まりそうな時間です.大慌てでゲートを移動し,なんとか駆け込みセーフ.

Honolulu空港到着は夜8時過ぎ.レンタカーを借りてホテルの部屋で荷を解いたらもう10時前.夕食に行く時間もなく,コンビニでサンドイッチとか買ってきて,何ともわびしい夕食でハワイ最初の夜は更けていきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

動かなくなった車のその後

無理

土曜日深夜,ハイウェイでお亡くなりになったスバルForester,そのまま修理工場まで運ばれ,今朝修理の見積もりの電話がありました.

もし$3000くらいなら修理して,あと数年間は騙し騙し乗ろうと思っていたのですが(←これがトラブルの元凶),見積もりは予想を超える$5400,日本円にして60万円くらいか.エンジンが完璧にお釈迦で,取り替えになるんだとか.

修理工場に出向いてエンジンルームを見ると,なるほど本来見えない内部パーツが壁を突き破って飛び出しています.こりゃすごい.中古のエンジンにすればもっと安くなるそうですが,それもなんか呪われそうで恐い.エンジン交換してまで乗り続ける理由も愛着も無いので,その場で廃車を決断しました.

担当の人がちょっと古いタイプのForesterを持っているらしく,そっちのエンジンを僕のに積み替えればちょっとグレードアップできるかもと言うので,あげるからご自由にどうぞ言っておきました.

車内にあったサングラスやCD,保険の書類を回収し,ナンバープレートを外して手続き全て完了.その足でSanta Feのトヨタに行き,似たようなタイプの車RAV4を見たのですが,こっちは高い買い物,即断はできません.しばらくはバス通勤することになりそうです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

まさかこんな旅の結末とは

荒野の月

何事もなく海外出張を終えてNew Mexicoへと戻りました.大西洋横断便はビジネスクラスとなり,快適な空の旅でした.何時もこうあるべきなんです.

さて,後は自宅まで帰るのみ.

だのに何故,真夜中に何もない荒野で月を眺めているのか.

故障車運送中

ハイウェイで車が死にました...

orz

ブログのネタの神様,もう勘弁してください.

AlbuquerqueからSanta Feへ向うI-25,そこに長い登り坂があります.その途中,突然エンジンから異常音が始まったかと思うと,みるみるパワーが落ちていきます.ハイウェイのど真ん中で立ち往生しようもんなら,事故に巻き込まれる可能性あり.なんとか坂だけは登り切ってくれ.

登坂車線へ寄り,ハザードランプを点けたままじりじりと上る.異常音が次第に大きくなってきますが,辛うじて坂の上に到着.その先すぐにサービスエリアがあります.

エンストしたものの,惰性で坂を降りつつサービスエリアへのランプに突入,パワステが効かない...

というか,ブレーキも効かない

これはかなりビビる.ハンドブレーキで何とか停車しましたが,誰もいない夜の11時,荒野のど真ん中です.車外に出てたらコヨーテの餌食だろうか,なんて思いつつ,AAAに電話してレッカー移動を頼みました.

Santa Feの自動車修理工場まで搬送してもらい,自宅に電話して息子と娘に迎えに来てもらったのが深夜1時.

2時になってようやく長い長いウィーンへの旅が全て終了しました.

故障した車は修理工場の表に放置してきたので,明日再び車屋に行く必要があります.修理費が幾らになるか検討もつきませんが,そろそろ寿命かも.また出費がかさみそう...

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

再び呪われた旅程,追記

搭乗する予定だったAmsterdam行きは,おそらくキャンセルか,さらに遅れたと思われます.だって搭乗時刻になっても何のアナウンスもないし.

急遽変更したパリ行きは定刻通りに搭乗が始まりました.やっぱり旅程変更しておいて良かった.この調子なら残りの旅路も安泰でしょう.

やがて機内は満員.そろそろスマホを機内モードにしないといけないかと思ったその刹那のアナウンス.

機体が重すぎて離陸できません

どーーゆーーこと? それはア●●カ人の問題よね〜,むーむー.

なんでも10人ほど降ろさないことには,出発できないらしい…

以前Unitedで起こった引きずり降ろし事件を思い出しますが,さすがにDeltaはそんなことしない...と信じたい.結構なお値段の保証金を出すとかで,あっという間に10人程降りていきました.地獄の沙汰も金次第.

積み込んだスーツケースを降ろす手間があり,結局30分程の遅れ.どうせパリでの乗り継ぎ時間は6時間もあるんです.もっと出発が遅れたらいいのにとか,めちゃくちゃな事を考えつつ,現在 South Dakota上空を飛行中.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

再び呪われた旅程,やはりお祓いが必要かも

午後3時,Salt Lake Cityにて.

Salt Lake Cityに定刻通り到着し,乗り継ぎのAmsterdam行きのゲート案内を見ると,30分遅れと出ています.それくらいの遅れは旅程に織り込み済み.AMSでたっぷりと乗り継ぎ時間を取っておりますので,全く動じない.

ラウンジのバーで軽くいっぱいやって,さてそろそろ出発だ思った矢先のアナウンス.

「AMS行き出発はさらに2時間遅れます

さすがにそんなに遅れたら乗り継げない.こういう時の旅程変更は早い者勝ちです.即サービスデスクへ向かい,代替手段を検討.

とりあえず今のままAMSへ飛んで,そこからウィーン行きの遅い便に変更するか,あるいは全く別の便にするか.念のため遅延の理由を聞くと機材のトラブルらしい.つまりキャンセルの可能性だってある.迷わず全く別の便に変更しました.

新しい旅程では,パリで6時間待ち.長いけど,何時になったら出発するのか分からないのよりマシ.

追記あるかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail