「トラブル」タグアーカイブ

CDからから

CDケース中心部の,この爪,これが折れるとCDを固定できません。そんなCDに何度か遭遇しました。今回購入したCDも,ビニールカバーを破る前から,何やらカラカラと音がしています。これはやばいかも。

案の定,爪が折れていました。それもほぼ半分。これじゃCDケースの意味ない。

昔,日本の店でこういうCDに遭遇したことがあります。ケースとは言え,CDがぐらついたら傷つく可能性もありますので,その時は商品丸ごと交換してもらいました。で,交換してもらったCDのケースの爪も折れていて,諦めました。

どうやら爪が折れやすいタイプのプラケースがあるらしい。透明タイプの輸入盤,とくにヨーロッパ。あくまで主観ですが,そんな気がします。

Amazonで空ケースを注文しました。爪折れCDが既に数枚あります。いや,あるはずです。問題は,どのCDだったのか覚えてないこと。片っ端から開けていくしかありません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

雪の元旦の大騒動

大晦日から降り続いた雪は,元旦には50cm程積もっていました。元から積もっていた分を加えると,深いところでは1mくらいの積雪で,こんなのは生まれて初めてです。でも雪で燥いている暇はありません。友人宅の猫に餌をやるというミッションがあります。当然車は出せない。歩いて行くにしても,かんじきが必要なくらい…

とそこへ,家の前をピックアップトラックが走って行ったじゃないですか。やった,轍に沿って歩ける!

でもその後の判断が大失敗の元凶でした。轍に沿ってタイヤ乗せて行けば,車,出せるんじゃね?

僕のRAV4はトラックの付けた道を順調に走ったものの,表通りまであと50mというところでスタック。四駆なのに全車輪が地面を掴んでいない。道路真ん中に残った雪の畝が車全体を持ち上げてます。

たまたま付近の雪かきをしていた近所の人に助けられ,無事猫に餌を与え(猫ミッションは大学生・大学院生の子供二人,自分は近くの大通りで待機),再び呪われた家の前の道路へと戻ってきたその時のこと。

おばあちゃんが,その雪の脇道へと車で進入しようとしています。しかも,カローラ!

案の定,入った瞬間に立ち往生しました。さっき近隣住民に助けて貰った恩返しとばかり,子供らと雪かきスコップを持って救援に向かいます。車で通りかかった見知らぬ青年も車を停めて手伝ってくれます。と,そこへなんと天の助けの除雪車も登場。

タイヤ前後の雪を取り除き,後ろから車を押すと,動きました!除雪車のおっちゃんは

「この通りを先に除雪してやるから」

とカローラを追っかけて行きました。でも話はこれで終わらない。

カローラおばあちゃんは,その後2度ほど立ち往生し,その度,自分らと近隣の住民に助けられ,無事家に戻りました。でも通りの先まで行った除雪車のおっちゃんが,いつまでたっても戻ってこない。様子を見に行ってみると…

なんと除雪車がスタック!

今日一番重要な市の作業員さんです。こんな小さな脇道で立ち往生してる暇はありません。早く大通りに戻って除雪作業してもらわないと。

再び子供らと雪かきスコップを持って救援に向かいます。でも相手はどでかい除雪車。ちょっとやそっとのことでは雪から抜け出せない。とにかくタイヤ周りの雪を掘りまくる。進行方向の雪山を削る。ちなみに気温はマイナス10度。

1時間ほど格闘したでしょうか。除雪車は雪を跳ね除けて無事脱出。動いた勢いで一気に表通りへと戻って行きました。

ここまでひたすら雪かきを続けたのは生まれてて初めてです。家に戻っても,まだ息がぜぇぜぇ。正月早々コタツでばったりと寝てしまいましたが,良いことをしたもんだ。きっと真夜中に除雪車の隊列が,餅や米俵を持ってきてくれるに違いない。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱり寝るしかない

電話回線トラブルを乗り切ったと思ったら,昨晩新たな試練がやってきました.

一昨日は電話回線のトラブルでしたので,携帯のLTE回線はまだ生きていました。外部からうちのブログに接続できるかの確認と,簡単なメールくらいならスマホで何とかなってました.

昨晩はAmazonで映画,その後YouTubeでオーケストラ演奏を幾つか見て,もう何事も無いだろうと油断した矢先のこと.突然YouTubeの画面がダウンロードくるくるへと変化し,そのまま先に進みません.

しばし待ったものの,これは変だとスマホを見たら,なんと携帯の信号も青息吐息.あれこれ試すも,全く繋がりません.完璧にInternetから遮断されたようです.

別に無いなら無いでいいんですよ.音楽聞いてもよし,本を読んでもよし.ワイングラス傾けてもよし.

音楽聴きつつワイン飲んでたら,本読むのも面倒になり,結局寝ちゃいました.早寝したもんだから,今朝は早起き.通信は復旧しておりました.ネット無けりゃ寝るしか無いって,なんとも毒されたもんだと自覚.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

MacBook Proのキーボードを修理に出す

1年半前に購入したMacBook Proのキーボードが不調です.以前から時々変になることはあったのですが,じきに気にならなくなるので騙し騙し使っていたものの,ここ数ヶ月はひどかった.頻繁に使うAのキーとDeleteキーがチャタるので,頻繁に文章を書き直す必要がありました.

チャタるっていうのは,キーを一度押しただけなのに,2つ入力されてしまうこと.AがAAになる.余分なAを一つ消そうと思ったら二文字消えてしまう.これはかなりストレス溜まります.

MacBookのキーボードの問題はあちこちで話題になっていたものの,Apple側は頑として非を認めない.キーボード修理にApple Storeに持ち込むと,総取り替えで数万円になるとの噂.問題のあるキーだけを修理してもらうしかないか.

とは言え,明らかに問題はキーボードの設計ミス.ネットにキーボードの不具合を報告する声が溢れ,これはしめたと思いましたよ.泣き寝入りする国民じゃありませんもん.案の定,集団訴訟へと発展.

これはもう有り難く見守るしかありません.絶対にどっかでAppleが音を上げます.案の定,Appleが修理プログラムを発表.それもかなりひっそりと.

早速AlbuquerqueのApple Storeへ持ち込みました.「問題はなに?」なんてかる〜く聞いてくるので,言ってやりましたよ.

The famous keyboard issue

担当してくれた無髪顎髭入墨氏,にまにましながらMacBookの型番をチェックし,ちょっとびっくりな一言.

「キーボード修理プログラム,あまりおおっぴらに宣伝してないんだけど,どこで知ったの?」

さすがにスラドで知ったとは言いにくかったので,ネットのニュースでとかゴニョゴニョしておきましたけど,無髪顎髭入墨氏の対応は始終丁寧でした.

「一部キーボードを修理してもまた同じ問題を繰り返すだけだから,キーボード取り替えになるからね」

工場に送る必要があるため,数日要するらしい.運悪くIndependence Dayを挟んだ後が週末なので,来週月曜日くらいになるとか.でも修理後は自宅に配達してくれるので,再び往復300kmの運転は不要.

という訳で昨日から無MacBook Proの生活.何もできないのは不便だし,ちょっとした文章書き用に古いMacBook Airを引っ張り出してきて電源を入れてみたら,大量のアップデートが始まってしまいました.今だにシステムのメンテナンスが続いています.この古いMacBookがストレスなく使えるようになった頃には,修理を終えたMacBook Proが戻ってきてるかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

眼鏡に仕込まれたSony Timer

車を降りた瞬間,強風に眼鏡を飛ばされました.幸いレンズは割れなかったものの,フレームが一部ぽっきり.一年ちょっと前,東京で買ったものです.もし一年保証があったとすれば,それが切れた直後の惨事,まさか眼鏡にもSony Timerが仕込まれていたとは.

って,Sony製の眼鏡じゃないし,自分の不注意で壊してしまったので保証はきかないでしょう.愚痴っても仕方ない.強力接着剤で応急処置しつつ,取り敢えずは古い眼鏡でその場をしのいでおります.

この古い眼鏡,実用上は問題無いのですが,いかんせん新しいものに一年慣れてしまった後です.度の違いが結構厳しい.特に右目が合わないせいか,パソコン画面の文字が読みにくい.

あと,牛乳瓶底眼鏡愛用者じゃなければ分からないと思うのですが,眼鏡を変えた直後って,かなり世界が湾曲するのです.暫くすると,脳が補正してくれるのか,普通に見えるようになるのですが.

それはともかく,折れてしまった眼鏡のフレームはどうしましょう.東京へ持って帰れるなら,同じフレームを買ってレンズだけ入れ替えという手もありそうですが,店に郵送したら対応してくれないかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

コーヒーに見え隠れする下心

ちょっと善人自慢していいですか.早朝の空港,カフェインを求める行列でのちょっとした出来事.

僕の前に並んでいたアラフォーと思しき女性,支払いに手間取っています.クレジットカードで払おうとするも,無慈悲なDECLINEのサインが数度,店員から促されて別のデビットカードを試すも結果は同じ.どうやら機械の問題のようです.

彼女はかなりイライラしている様子.コーヒーはすでに手元にあり,キャンセルするわけにもいかない.店員さんから「現金は?」と聞かれると,棘のある声で

No!

若い店員さんもアルバイトっぽく,埒が明かない.おまけにコーヒーを作る側が手を止めないもんだから,次々とコーヒーはできていく,でも誰も支払えない,行列が長くなっていく.

僕もクレカで払おうと準備していたのですが,そうもいかないらしい.でもクレカが使えない時のために,$20紙幣を1枚だけ持ち歩いています.その女性に,

「注文は,このコーヒーだけ?」

Yes!

こっちにイライラの火の粉が飛んできましたが,まあ仕方ない.店員さんに,

「じゃ,そっちのコーヒーとこのラテ,僕がまとめて払うから」

別に下心なんてありません.コーヒー一杯数ドルくらいなもん,これ以上待たされるのも嫌だったし.

彼女は僕に軽く礼を言うが早いか,コーヒーを持ってさっさと店を出ていきました.

さて,店員さんに$20渡すも,レジに表示されてるのはたったの$5.

「あっちのコーヒーと一緒だよ」
「あれはいいよ」

店員さんも,この状況では彼女のコーヒーを無料にするほかないと思ってたんでしょうね.でも他の客の手前,それも言い出しにくい.そこへ僕の一言が渡りに船となったってことか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail