「トラブル」タグアーカイブ

南の島のノートパソコンを目指して

普段,ノートパソコンはリュックの専用ポケットにそのまま入れているのですが,Macbookって表面がつるつるしているので,うっかり落としそうになります。

というか,はい,以前落としました。空港の手荷物検査場で。

その轍を踏まぬべく,Macbook用のバッグを買おうとAmazonで “macbook bag” で検索すると,かなりごっついバッグが出てきます。そんなんじゃないんだ,もっとシンプルなカバーを,と検索すると,今度はプラスチック製ケース。

正しい答えは Sleeve。袖の意味のほか,レコードジャケットもそう呼びますが,ノートパソコン入れもそうらしい。ちなみに日本のアマゾンで調べてみると,スリーブケースとなっておりました。これもよく分からない。

それはともかく,注文したものは写真左のシンプルなものです。

でも届いたのは右のトロピカル柄のプラケース。おまけにこれ,Macbook Air用。僕のはMacbook Proで,サイズすら合いません。

なんで間違ったのか分からぬまま,Amazonに交換の連絡を入れ,今日到着予定のテキストメッセージが入っていました。でもそこに書かれてたのは,

Macbook Air 13 inch case

いやいや,それじゃないんだって。どうなってんだこれ。

また違う商品が届けられたら,もうキャンセルして両方返品しようと思っていたら,なんと正しい物が届きました。どうなってんだこれ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

折角の春真っ盛りの花も

春の,と書き始めて,果たしてまだ春なのか。日本ならGWの頃はもう初夏です。でもこちらはまだまだ朝晩は冷え込みます。とは言え恒例の夕方ジョギングでは汗が流れるほどになってきました。曇りのち晴れじゃなくて,春のち夏が一日であるような感じでしょうか。

町中の街路樹は花盛りですが,残念ながらそれを見る人影もまばらです。夕方になると散歩やジョギングする人達がちらほら現れてきますが,それでも普段とは比べものにならないほど閑散としています。

ところで普通にジョギングしている最中のこと。つば飲み込みに失敗したのか,咳き込みそうになったのです。普段なら走りながらでも,ちょっと咳払いすれば良いだけのこと。でも今の時期はちとまずい。

運悪く,たまたま付近に通行人がいたのです。絶対に咳はできない。

必死に我慢しましたよ。もう苦しいのなんのって。咳しながら走ってたら絶対に白い目で見られますよね。いや通報されかねない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

深夜でよかったけど

自宅でのInternetなんて,今までは趣味に毛が生えた程度の需要でした。それが仕事に直結となると話が変わってきます。昨日深夜,突然のネット切断。

真っ先に疑うのはモデムの不具合。まずはモデムをリセットし,それでも駄目なら他のあれこれをチェック。ようやく問題はどうやら電話会社の方らしいと分かったものの,こればかりはどうしようもありません。

幸い深夜です。ビデオ会議があるわけでもなし。その時の仕事に支障をきたすわけでもないのですが,調べごとできない不便もあり,翌朝には復旧してることを願って仕事を中断しました。

しゃあない,ちょいと休憩して寝るかと,寝酒ワインのおかわりを持ってきて再びパソコンを開き,YouTubeを起動 ...

あれ?

そりゃ繋がりませんよね。ネット無いんだもん。なにやってんだか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍の日本を脱出して禍の国へ到着

福岡空港から成田へ。まずこのチェックインで躓きました。ANAとDeltaは提携していないので,元々通しのチェックインはできないのですが,スーツケースだけはAlbuquerqueまで預けられるはずです。それがうまくいかない。

成田でスーツケースを一旦受け取って再度預けなおす余裕はありません。ANAの職員さんもDeltaに電話をかけるまでしてくれて,なんとかそこはパスしました。

この時期の成田行き,当然ながらガラガラです。この非常事態に海外に飛ぼうなんて人は,あちらへ這々の体で帰国する人くらいなもんです。

成田第一ターミナルの南ウィング,Star Alliance側。全くの無人です。

そして北ウィングSkyteam側も,地上係員が暇そう。不幸中の幸いというのか,いとも簡単にチェックインできました。福岡で預けたスーツケースもちゃんと確認してもらえ,安心してSeattle行きへと乗ることができます。

国際線もご覧の通り,キャンセルだらけです。そんな中,Seattle行き便を飛ばしてくれたDeltaに感謝。乗客はおそらく2割以下だったので,大赤字の筈です。

ところでこのSeattle便が,最後の成田発Delta便だったようです。今後は全て羽田発着になります(そしてその羽田発をキャンセルされた)。

搭乗直前,パイロットさんが搭乗口に現れて最後のスピーチを行いました。今日は記念すべき日であることを伝え,成田の地上係員へ感謝を述べました。機体がボーディング・ブリッジを離れるときは,成田の係員もちょっとばかり感傷的になっていたように思います。

SeattleからSalt Lake City,そしてAlbuquerqueと,キャンセルも無く順調に飛びました。乗客は極端に少なく,機内サービスもありません。でも帰りついただけでも幸運です。

ABQでのレンタカーオフィスに誰もおらず,ちょっと焦ったのが最後のイベント。なんとレンタカー数社の対応をたった一人でやっておりました。それほどまで旅行者がいないということ。まさに異常事態です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,脱出できるか

犬も歩けば棒にあたるくらいなので,人も歩けば黒いものにあたります。なんでこんな所に落ちているのか。なぜここで脱ぐ必要があったのか,どうして黒なのか,妄想は尽きません。

でも妄想している暇はありません。Delta航空から不吉なメール。LAXからABQのフライトがキャンセルになったらしい。でもまあアメリカ国内ならなんとかなります。どこか別の空港を経由する便に自動的に変更になるだろうと,深く考えませんでした。

そして昨日のこと。フライトスケジュールがなんだか変です。土曜日に羽田発だったはずなのに,いつの間にか日曜日の便に変わっています。しかもアメリカ国内便は全く未定。これはひょっとしてやばいんじゃないかと,Deltaに電話しました。

どうやら羽田便はもう無理。急遽成田発に変更してもらい,それに合わせて福岡から成田への便も確保。

成田での乗り継ぎ時間が少ないのですが,贅沢は言ってられません。取り敢えずこのフライトなら家まで戻れそうですが,どうなることやら。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

仕事始めに小障害

こちらでは2日から通常営業です。でも日本に帰国していた関係上,2,3日は年休を入れて,昨日ようやく初出勤しました。実際同僚らも今週から出勤している人が多いようです。

実は先週末締め切りという報告書があったのですが,こっちに戻ってみたらまだ他研究所からの分が集まってません。まだ提出できないからもう一日待ってもらえるかと問い合わせをするも,返答なし。これはつまりあれですね。こっちの都合良く解釈してよいと。

さて仕事初めにする儀式の一つ,それは新しいルーズリーフノートをおろすこと。まずは一番最初のまっさらページに2020と書き込みます。それから昨年のノートから一部必要なリーフを抜き,新しいものへ差し込みます。

買うタイプは特に決めてはいません。毎年帰国の際に適当に一冊買って帰ります。今年のは綴じ部分が柔らかく開きやすいのが売りらしく,確かにこれは便利そうです。

中央部を開き,ノートを差し込もうとして,

あれ? 穴のピッチが違う。

ルーズリーフなんてどれも規格は同じかと思ったら,今回買ったものは穴の数が微妙に多い。強度を増やすため?

こればかりはどうにもなりません。正しいサイズのは次回帰国するとに買うとして,しばらくは昨年のノートに追加して使い続けるしかないようです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail