「トラブル」タグアーカイブ

乗り継ぎダッシュを眺めながら

昨日の続きと言うのか,その前から。

CDG空港でのチェックインカウンターでのこと。なんとビジネスクラスへアップグレードしてくれると言うのです。でもその手続にすごく時間がかかり,さらに保安検査場で長時間,結局朝食をろくに食べる間もなく搭乗となりました。

そして乗客の乗り間違いの混乱,それからメカニカルトラブルで出発は大幅に遅れます。幸いビジネスクラス,のんびり待っていたものの,離陸しなけりゃ食事もでない。ついに耐えきれず客室乗務員さんに「なんか食べ物ない?」

こっそり持ってきてくれたのが,ポテチとチョコ。でも飲み物は水のみ。

大幅に遅れてSalt Lake City に到着。入国審査はすぐに終わったものの,その後の保安検査場でまた行列です。

僕は乗り継ぎ時間に4時間の余裕を持っていたので心配はなかったのですが,他の乗客は乗り遅れると半パニック。

誰かが

「もう搭乗始まってるんだ。先に行かせてくれ」

と嘆願するも,「みんな同じだよ」とつれない返事。

結局30分ほどかかったでしょうか。通過した人のなかには,即猛ダッシュしてた人もおりましたが,果たして間に合ったのか。

僕のほうはまだ1時間ほど時間あったので,ラウンジへ行き,ちょっと休憩してからゲートへ。長時間待つのは億劫ですが,乗り継ぎダッシュするよりはましです。

先週ありえないことを体験した話

すでに一週間経過しておりますが,パリからの帰国でのトラブルの話。

帰国便搭乗時間となり,普通に流れに乗ってボーディング・ブリッジに向かってたら,後ろから係員さんが追いかけてきて

「そっちじゃない」

え? と引き返すと,何故か搭乗ゲートから2つのブリッジが伸びてます。僕が乗る機体は右なのに,左に進んでたわけ。そんな変な状況,一度も体験したことないですが,それ以上に僕の前を歩いてた人々はどうなったんだろう。

ブリッジからバスへ乗り換え,そこからSalt Lake行きDelta便へ搭乗。その後,変なアナウンス。

「この機体はSeattle行きではありません。間違って乗った人はすぐに申し出てください」

間違って乗った??

なんとアメリカ行き2便の乗客がごちゃごちゃに混じってしまったらしい。そんなのって有り得ますか。普通,搭乗ゲートで確実に乗客確認してるはずなのに。

おかげで出発が大幅に遅れです。その後の話はまた後日。

二重のコーヒー不幸

スーパーのソフトドリンクのパッケージが積み上げられ,すぷーきーな顔が出来上がっておりました。こんなデコレーションされたら,買えないじゃないですか。

さて話はこの顔を見るちょい前のこと。

街中心から移動してきたStarbucksへコーヒー飲みにてくてくと歩いてきました。冷たいラテ買って飲みながら散歩しようという魂胆。ところが無碍なるかな,スタバ入り口に張り紙「従業員が足りないので今日はもう閉店」

事前に営業してることをネットで確認したのに!

仕方ない,スーパーの中にもスタバコーナーがあります。そこで何か買おうとそっちへ向かうと,店内からお姉さんが大声で

「機械壊れたから,ラテとかエスプレッソとかマキアートとか…とか … とか,作れないから!」

じゃあ何が残ってるんだ。

スタバにダブルで振られ,スーパーでレッドブル買って飲みながら帰りました。

マスクあったりなかったり

マスク着用解除になったと思ったら,再び室内では着用せよ,と思ったらまた解除。CDCの勧告に従っているとは言え,なんだか慌ただしい。ずっと着用したままの人もいますが,さすがに暑苦しいので,僕はせいぜいバス中で付ける程度。

そんな着用義務が戻ってきたときのこと。30分ほど人前で喋る機会があり,当然ながらマスク越しです。普通に喋ってたら,マイクがうまく声を拾わないとかで,もっと大きな声を出してくれと。

頑張ってspeak upしてたのですが,途中でなんだか軽い目眩。貧血かな,なんだろう,ここで倒れたら大変と半パニックになりながら喋っていてふと原因に気づきました。

酸素が足りない!

マスクしてる上に声を張り上げて30分も喋ってたら,そりゃ軽い酸欠です。マスクちょっとずらしながら何とかその場を乗り切りました。

でもこれって予想されることですよねえ。講演者のマスクはなんか考慮して欲しいもの。

接触した人は注意と言われても

先週小さな研究報告会が開催されていたのですが,その参加者へ連絡メールが回ってきました。参加者の中にコロナ陽性者がいたんだとか。報告会が終わった週末に症状が出たらしい。

でも具体的に誰が陽性だったのかは言いません。小さな会合と言っても参加者全員と会話したわけじゃないので,その中に陽性者がいたのか分かりません。プライバシーだから仕方ないんですが。

とりあえず参加者全員,体調に気をつけてくださいとのこと。なので気をつけております。もっともいま罹ったからといって,その会合でうつされたかどうかなんて分かりません。あちこち陽性の報告が出てますし,もう運が悪かったとしか。

なんか問題ない?

職場の建物はかなり古いので,あちこち不具合があります。もう慣れてるし,特に気にもしてません。どうせまた壊れるし。

ところが今頃突然,「何か問題ない?」とチェックして回ってたのです。細々言ったら切りがありません。暖房が効かないとか,窓がきっちり閉まらないとか,ブラインドの羽がボコボコ折れてるとか,床下のコオロギがうるさいとか。

でも面倒くさいので「特にないですよ」と報告しておきました。そう,それなら良かったと僕のオフィスから出つつ,ドアを閉めようとしたので,

あっ,閉めたらだめ!

ここ数日の雨の湿気のせいか,ドアが歪んでしまい,ドアを閉じると引っかかって開かないんです。開けるには,ノブをぐっと下に押して力一杯引く。

僕が解明したオフィス脱出法を伝授すると,彼は

「修理するよう連絡しとく」