「トラブル」タグアーカイブ

雨水ならまだしも,その水滴は要りません

裏のデッキでパソコン仕事していると,山の方から雨雲が広がってきました。ゴロゴロと不気味な遠雷も響きます。まだ嵐の季節でもないのに,これは来そうだなと思ってたら,すーっと冷たい風が首筋を撫でました。

幽霊じゃなくて,確実に雨が降るサインです。慌ててデッキ・チェアのクッションを片付け,野外活動必需品のアイスコーヒーとUSBスピーカー,それにノートパソコンを抱えて室内に避難しました。

恐ろしいものを見て背筋が凍るという表現ですが,先日読んでいた本にそれが本当に起こることが書かれていました。危険を察知すると,体温を下げるメカニズムが人間にあるそうです。

じゃあ,キモいものを見たときのゾワゾワ感ってどうなんでしょう。生理的にちょっとどうかなって人が馴れ馴れしく話しかけてきて体を触ったときの,あのぞわ〜〜ってやつとか。

酔っ払うと,男女を問わず触ってくる人っています。そういう人が隣に居た飲み会でのこと。僕の腕に手をかけて話しかけてくる,ただそれだけで鳥肌ものだったのですが,さらに口角泡を飛ばす勢いだったもんだから,腕に水滴が …

これはもうぞわぞわぞわ〜〜〜ですよ。あの時も命の危険を察知した僕の体は,極度に体温を落としていたのかもしれません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

暗闇でチェックイン

早朝5時,Albuquerque空港に到着したら様子が変です。普段は単に通過するだけの大広間が大量の人々で埋め尽くされています。エスカレーターも止まっています。しかも何だか暗い。なんと空港全体が停電です。

コンピュータも全てダウン。フライトは7時なので余裕があったはずなのに,全く動き出す気配がありません。伝え聞く情報によると,地域の変電設備でトラブルが起こったらしい。かろうじて明るい部分は,自家発電装置で何とかしているらしい。でも何もアナウンスが無いので,さっぱり分かりません。

予定していたフライトは8時発となり,10時となり,そして12時。LAXでの乗り継ぎは絶望。電気が戻ったのが9時くらいだったでしょうか。それから空港職員が大量の乗客をさばき,僕のフライトも予定より1時間早く離陸。と言っても4時間の遅れです。

LAXに到着すると,既に乗り継ぎ便が再予約されています。でもそれは翌朝の便。何とか今日中に乗り継げないかと思うものの,春休みシーズンのせいか,全て満席だそうです。

空席が出るのを期待して,まずは午後3時の便のゲート前で待ちましたが,非情にも満席の表示のままドアは閉まりました。

次のチャンスは夕方7時。これを書いているのが5時。今の所それも満席だそうですが,もし7時の便に乗れるなら,今日中に目的地に到着できます。ダメならLAX付近のホテルで無駄な夜を過ごします。

目的地はHonolulu。さて到着できるんでしょうか。乞うご期待。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

春になったら出てくるもの

春になると忘れていたアトピーの痒みが指に出ます。確かに数日前までは,ジャケット羽織れば十分なほどの春めいた気温でした。ところが今日は小雪舞う冬に逆戻り。なんとまあ揺れ幅の大きなことか。

痒いだけじゃなくて,鼻血の季節でもあります。ちょっと体調悪いとすぐに鼻水が出るのは昔からのことなのですが,そいつは風邪薬でも飲んでおけば止まります。でもそうすると鼻がカピカピになって鼻血。ティッシュの消耗が激しいです。朝,鼻をかんだら,血の塊が飛び出してきてビビることも。

これは鼻の粘膜が弱いんであって,アレルギーではない,そう信じています。花粉症にはなりたくありません。この時期苦労されてる方を見かけるにつけ,自分は違うんだという自己暗示をかけ続けています。

でも先日,風邪をこじらせて副鼻腔炎をやらかしたときのこと。病院に行って抗生物質を処方してもらおうかと悩んでいました。なんせ鼻の炎症のせいで歯を一本失った過去があります。

でもでも病院には極力行きたくない。ためしに鼻の中にスプレーするタイプの抗アレルギー薬をぷしゅっとやったら,治っちゃった。もしや,やっぱり花粉症の前兆?


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

CDからから

CDケース中心部の,この爪,これが折れるとCDを固定できません。そんなCDに何度か遭遇しました。今回購入したCDも,ビニールカバーを破る前から,何やらカラカラと音がしています。これはやばいかも。

案の定,爪が折れていました。それもほぼ半分。これじゃCDケースの意味ない。

昔,日本の店でこういうCDに遭遇したことがあります。ケースとは言え,CDがぐらついたら傷つく可能性もありますので,その時は商品丸ごと交換してもらいました。で,交換してもらったCDのケースの爪も折れていて,諦めました。

どうやら爪が折れやすいタイプのプラケースがあるらしい。透明タイプの輸入盤,とくにヨーロッパ。あくまで主観ですが,そんな気がします。

Amazonで空ケースを注文しました。爪折れCDが既に数枚あります。いや,あるはずです。問題は,どのCDだったのか覚えてないこと。片っ端から開けていくしかありません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

雪の元旦の大騒動

大晦日から降り続いた雪は,元旦には50cm程積もっていました。元から積もっていた分を加えると,深いところでは1mくらいの積雪で,こんなのは生まれて初めてです。でも雪で燥いている暇はありません。友人宅の猫に餌をやるというミッションがあります。当然車は出せない。歩いて行くにしても,かんじきが必要なくらい…

とそこへ,家の前をピックアップトラックが走って行ったじゃないですか。やった,轍に沿って歩ける!

でもその後の判断が大失敗の元凶でした。轍に沿ってタイヤ乗せて行けば,車,出せるんじゃね?

僕のRAV4はトラックの付けた道を順調に走ったものの,表通りまであと50mというところでスタック。四駆なのに全車輪が地面を掴んでいない。道路真ん中に残った雪の畝が車全体を持ち上げてます。

たまたま付近の雪かきをしていた近所の人に助けられ,無事猫に餌を与え(猫ミッションは大学生・大学院生の子供二人,自分は近くの大通りで待機),再び呪われた家の前の道路へと戻ってきたその時のこと。

おばあちゃんが,その雪の脇道へと車で進入しようとしています。しかも,カローラ!

案の定,入った瞬間に立ち往生しました。さっき近隣住民に助けて貰った恩返しとばかり,子供らと雪かきスコップを持って救援に向かいます。車で通りかかった見知らぬ青年も車を停めて手伝ってくれます。と,そこへなんと天の助けの除雪車も登場。

タイヤ前後の雪を取り除き,後ろから車を押すと,動きました!除雪車のおっちゃんは

「この通りを先に除雪してやるから」

とカローラを追っかけて行きました。でも話はこれで終わらない。

カローラおばあちゃんは,その後2度ほど立ち往生し,その度,自分らと近隣の住民に助けられ,無事家に戻りました。でも通りの先まで行った除雪車のおっちゃんが,いつまでたっても戻ってこない。様子を見に行ってみると…

なんと除雪車がスタック!

今日一番重要な市の作業員さんです。こんな小さな脇道で立ち往生してる暇はありません。早く大通りに戻って除雪作業してもらわないと。

再び子供らと雪かきスコップを持って救援に向かいます。でも相手はどでかい除雪車。ちょっとやそっとのことでは雪から抜け出せない。とにかくタイヤ周りの雪を掘りまくる。進行方向の雪山を削る。ちなみに気温はマイナス10度。

1時間ほど格闘したでしょうか。除雪車は雪を跳ね除けて無事脱出。動いた勢いで一気に表通りへと戻って行きました。

ここまでひたすら雪かきを続けたのは生まれてて初めてです。家に戻っても,まだ息がぜぇぜぇ。正月早々コタツでばったりと寝てしまいましたが,良いことをしたもんだ。きっと真夜中に除雪車の隊列が,餅や米俵を持ってきてくれるに違いない。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱり寝るしかない

電話回線トラブルを乗り切ったと思ったら,昨晩新たな試練がやってきました.

一昨日は電話回線のトラブルでしたので,携帯のLTE回線はまだ生きていました。外部からうちのブログに接続できるかの確認と,簡単なメールくらいならスマホで何とかなってました.

昨晩はAmazonで映画,その後YouTubeでオーケストラ演奏を幾つか見て,もう何事も無いだろうと油断した矢先のこと.突然YouTubeの画面がダウンロードくるくるへと変化し,そのまま先に進みません.

しばし待ったものの,これは変だとスマホを見たら,なんと携帯の信号も青息吐息.あれこれ試すも,全く繋がりません.完璧にInternetから遮断されたようです.

別に無いなら無いでいいんですよ.音楽聞いてもよし,本を読んでもよし.ワイングラス傾けてもよし.

音楽聴きつつワイン飲んでたら,本読むのも面倒になり,結局寝ちゃいました.早寝したもんだから,今朝は早起き.通信は復旧しておりました.ネット無けりゃ寝るしか無いって,なんとも毒されたもんだと自覚.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail