「ジョギング」タグアーカイブ

まだちょっと寒いけど屋外仕事

ずっと自宅で仕事していると,曜日関係なく続けてしまうので,どうもメリハリが付きません。その代わりと言っては何ですが,ポカポカ陽気の日ともなれば,外にパソコン持ち出して日向ぼっこしながらの仕事も可能ですので,これは最大の利点かも。

ちなみに気温はまだ10℃を少し超えるくらい。日が陰ると寒いので,あまり長時間の野外作業には向きません。

たまにこうやって汚い足を温めてくれる半野良の近所の猫もやってきますが,すりすり体を寄せて甘えてると思うことなかれ。その先にあるバードフィーダーにやってくる野鳥を狙っております。

一日一回,静かな町中をジョギング。絶対に誰かやるだろうと思ってたら案の定,Oppenheimerの銅像もマスク装着です。ちょっと二人の距離が近いかな。2m離してあげないと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

人通りが減ったのをよいことに

真っ昼間だというのに,人の家の庭でのんびりと食事する鹿。普段からあたりをうろついてるのは見かけますが,ここまで堂々と民家に侵入してくるとは。辺りの人通りがすっかり途絶え,野生動物が我が物顔で行動してるんですかね。

裏庭だけかと思ったら,表通りもご覧の通り。こっちはお母さんと子供らか。と言うことは裏庭にいたのはお父さん鹿?

週末,自宅待機期間が終了し,ようやくジョギングできるようになりました。でも町は静まり返っております。時折散歩する人とすれ違う程度。

軽い運動は許されてるはずなのですが,この状況を見ると,本当に走っていいのかなとちょっと不安になってきます。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

今年は暖冬,ただし今のところ

大雪で大わらわした昨年の冬ですが,今年はどうやら暖冬のようです。気温はそこそこ低いものの,雪というより雨。町中の池も凍っていません。

雪かきの重労働からは開放されていますが,まだまだ先は分かりません。一番気温が下がるのはクリスマスの頃。最低気温マイナス20度までいく年もありますので,その時期にどれだけ気温が下がるか,そこが暖冬の見極めどき。見極めなくていいんだけど。

昨日は雨で外出もままならなかったものの,今日は青空が見えていたので,ジョギングにでかけました。

軽く一時間走るだけなのに,いつもよりもキツく感じたのは,少々運動不足気味なせい。冬は日没も早く,週末くらいしか走れません。仕事を早めに切り上げて軽く走った後,夜自宅で仕事という手もないことはないんですが。働き方改革しなくちゃ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

16の後に来る13番

Beethovenの弦楽四重奏曲第16番の終楽章,チェロが愛らしい旋律を奏でる部分があります。今日ジョギングしていて,その旋律が頭から離れず,ついつい歩調も音楽に合ってくるもんだから,走りにくいったらありゃしない。

16番の四重奏曲は,Beethovenの最晩年の作品です。最晩年とくれば深刻・深遠で哲学的な音楽かと思いきや,なんとも軽い調子(に聞こえる)の不思議な音楽です。それ以前の13,14.15番が極めて重たい大作なのに比べ,体何があったんだと思うくらい。

Beethovenの場合,弦楽四重奏曲第16番を書いた後に,13番終楽章を書き直しているので,これが最後というわけではありません。でも最晩年の作品となると,白鳥の歌のセンチメンタルなイメージが付き纏い,実際名作が多いのも事実。

有名なMozartのレクイエムを筆頭に,Brahmsの「4つの厳粛な歌」,Bartokの未完のヴィオラ協奏曲,Bergのヴァイオリン協奏曲,Mahlerの10番の交響曲の断片,Brucknerの第9,Prokofievの7番などなど。

その一方でSchumannの最後の曲は,ちょっと変なピアノの変奏曲。Schubertに至っては書き散らかしとっ散らかしだらけ,おまけに彼の遺作を集めて「白鳥の歌」として出版されたりと,なんだかよく分かりません。

もひとつ変わっているのがChopinで,ピアノの詩人と謳われた彼が最晩年に書いているのがなんとチェロ・ソナタ。ヴァイオリン・ソナタの構想もあったらしく,一体どんな曲になったのだろうと興味は尽きません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ちゃんと前を見てないと当たります

たわわになったアプリコットが,大きく成長してきました。重くなってくると,枝が垂れ下がってきます。車を車庫から出し入れするときに車体を擦るようになってきたので,泣く泣くその枝を落としました。

そして今日の夕方,ジョギングに出かけたときのこと。眼鏡を外して走るので,前方ははっきりと見えません。歩道にかぶった木の枝をくぐり抜けようとした瞬間,

ゴン

葉っぱに隠れてたのは硬いアプリコット。基本,梅みたいなもんなので,青いうちはかなり硬いです。

車庫前の切り落とした枝のアプリコット,梅干しにしてみますかね。梅干し,食べないけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

国旗を履く人たち

国際会議の場で,星条旗をデザインしたネクタイを付けている人を稀に見ます.星ほんとに自国にプライドを持ってるんだろうなと感心します.別に皮肉な意味じゃなくて.

条旗Tシャツも見かけますし,独立記念日ともなれば,赤青だらけです.そんな星条旗好きな国民ですが,もっとすごい人を見かけました.

ジョギング中の男性,上半身はムキムキ裸,パンツはド派手な星条旗.別に誰がどんなパンツはいてようが本人の勝手なんですが,国旗を股間に纏うってのはやっぱ違和感あります.

試しに「日の丸パンツ」って検索してみたら,

...あるにはあるんだ...

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail