「ジョギング」タグアーカイブ

増えたラウンドアバウト

Roundabout,所謂ロータリー交差点ですが,この単語はアメリカに来て初めて知りました。今ではラウンドアバウトとちゃんとカタカナ変換してくれるようですね。ということは日本でもそう呼ばれるようになってきたのか。日本じゃ殆ど見かけませんけど。

なにか正式な日本語名があるのかと調べてみたら,環状交差点らしい。

以前からLos Alamosにひとつありましたが,あまり縁の無い場所だったので滅多に使いません。それが最近,町のかなり交通量の多い幹線にできたのです。

その通りに左折で出る場合,僕はよく信号機のあるところまで遠回りしてました。こんな田舎でも通勤時は車が途切れなくなるので。それが新しいラウンドアバウトのおかげで,流れが一瞬途切れたところに割り込めるので楽です。

でもそれは車側の事情。普段のジョギング時にこのラウンドアバウトのある交差点で道路反対側に渡るのですが,それが怖い。横断歩道は付いていますので,僕が横切ってるときは車は止まるはず。でもたまに歩行者お構いなしに突っ込んでくる車がちらほら。そのうち事故が起こるんじゃないかと思うんですが,そもそも歩行者少ないのでいいのかな。

横断歩道で自己アピール

とけたかと思ったらまた雪を繰り返しております。でももう2月下旬,さすがに消えていくのも早くなりました。道路に積もって固まった氷もほぼなくなり,なんとかジョギングも可能。とは言え,一部氷の上をそろりそろりと歩く場所も残っております。

ジョギングコースの一部,ちょっとだけ道路を渡る部分があります。横断歩道あるので,そこで立ってれば車はすぐに止まってくれるのですが,たまに無視されます。

どういう運転手が突っ走っていくのか,なんとなく傾向が分かってきました。歩行者を無視してるんじゃない。前方以外全く注意を払ってないんです。

とにかく真正面を凝視。横断歩道があったら歩行者がいないか両側を確認するのがルールですが,そんなの全く無し。とにかく正面。となると対策はもう自己アピールです。横断歩道脇に立つだけではだめ。半身乗り出して,車の方を向く。運転手と目が合えば,もう …

はい,通過していきました

長旅のあとの仕事リハビリ中

今回のどたばたで二ヶ月フルに休暇を取りました。間に感謝祭とクリスマス休暇を挟んでるので,実質一ヶ月ちょっとですが,それでもかなりの間,仕事を放り出していたのも事実。この一週間はもとのペースを取り戻すリハビリ週間。

最初の頃,日本でも仕事メールは読んでいたのですが,読めば何かしないといけない。やがて放置してしまったので,数百通のメールが蓄積しておりました。実際に重要なのは10-20%くらいなので,残り全部削除。

その他,緊急の書類を用意したり電話したり。

運動不足ですっかり鈍った体をなんとかせねばと,ジョギング再開。気温は東京より低いものの全然寒くないので,昼間なら短パンでOK。さすがに上はパーカー着てます。

広い空に雄大な山々。これまた長らくご無沙汰だったもの。こういう日々を取り戻すのもリハビリの一種でしょうか。最も取り戻さないといけないのは日本帰国前の体重なんですが,まだ恐ろしくて体重計に乗ってません。

最高地点にあるものは

ランニングアプリをスタートさせて走ると,走った距離やらペースやら教えてくれるのですが,その中でも面白いのが標高表示。自宅の2210mくらいから始まって10m程登ってまた下る。

ほんのちょっとの標高差ですが,グラフはかなり大袈裟に描かれてるようです。それに,あまり正確でないかも。1.2kmあたりの上り,あそこは僕の身長もないはず。

そして2.5kmポイントが最高地点の標高2235m。ここ,おそらくLos Alamos中心部のてっぺんです。

そのポイントからの眺めがこちら。向こう側に微妙な雪の量のスキー場が見えています。今年は暖冬やなあ。どうせスキー場はオープンしてないんでしょうけど。

別にこれといった目印はありませんが,どちら方面に向かってもなだらかに下ってるので,頂上であることは間違いなし。もしかすると地下からフリーエネルギーが吹き出すパワースポットかもしれません。その証拠に高齢者センターが横に建ってます。

妥協の結果の写真

日曜日,天気も良くさほど寒くない予報だったので走りに出たら,途中でぱらぱらと雪が舞い始めました。そんなの聞いてないよ。

うっすらと積もった雪は,かなり大粒です。帰宅後,もしかしたら結晶が見えるかもとiPhoneを持ってウッドデッキに出て数枚撮ったものの,とんでもない寒さに室内に逃げ帰りました。そりゃTシャツ短パンで氷点下の世界に出るのは無謀です。

シャツとパーカーを着て再チャレンジ。それでも手がブルブル震えてスマホが安定しません。テーブルの縁にスマホを押し当てて撮った写真がこれ。

それでも数分でギブアップ。確かに上半身の防寒対策はしました。でも下は短パンのまま。おまけに裸足に草履だったので,足がもう無理。

そりゃ下半身も完璧に包んで再々チャレンジすりゃいいんですが,面倒くさい。

寒いながらも小運動

元旦と今日,それなりの天気それなりの気温でしたので,いつもの如く走りに出ました。とは言え気温は2℃,かなりしっかりと着込んでの外出です。いつものように短パンTシャツは無理。

日本のような正月ではないとは言え,やはり人通りは減ります。行き交う車も少なく,すれ違うのは毎日同じ時間帯に走ってる女性。彼女はかなり薄着で走ってるので,ちょっと悔しい。

毎回ジョギングコースはほぼ同じですが,その時の気分でちょっと長めに遠回りしたりします。普通コースが距離4kmちょい,遠回りコースだと7km。もうちょっと頑張れば「毎日10km走ってます」と威張れるんですが,流石にジョギングに1時間以上費やすのは避けたい。

さてコースですが,気分もさることながら,散歩の民が進行方向を決定します。普段ならこの角を左に曲がる,あ,散歩してる人がいた,しゃあない直進だ。

極力人とすれ違わない裏道ルートを選び,どうしても歩行者を避けられないなら,車道ど真ん中を走ります。なんかゲームのようなジョギングしてますが,実はちょっと楽しい。