「コンサート」タグアーカイブ

川崎にゾロアスターを聞きに行く

あっちはザルツブルク

コンサートのチケットを頂いたので,川崎へとやって参りました.川崎は初めてかと思ったのですが,今は大変なことになってる某T社に,大昔会社見学に行ったのを思い出しました.なんで行ったんだっけ(入れてやるとは言われなかった…はず).

とまれ,現代の川崎駅は全くの別世界,Salzburgまでたったの9000kmってんだから,文化都市の香りも高い.

この楽譜,ト長調でソの後に8分休符があるから,Eine Kleineかな?

K. Urbanski指揮のNDR Elbphilbarmonie Orchestra.聞き覚えの無い名前でしたが,嘗ての北ドイツ放送響,名門です.

演目は,Beethovenの序曲Leonoreの3番, ピアノ協奏曲第3番,それに映画「2001年宇宙の旅」でお馴染み,R.Straussの “Also Sprach Zarathustra” 最近では「ツァラトゥストラはこう語った」と訳されることが多いですが,やっぱこれは「ツァラトゥストラはかく語りき」と呼びたい.

パイプオルガンも入る大曲です.まずは予習していかねばと…

スコア

コンサート前にカフェでスコアのチェック.冒頭だけが超有名というこの竜頭蛇尾な管弦楽曲,スコアを追っかけながら聞かないと後半眠くなります.

ミューザ川崎シンフォニーホール

川崎駅からすぐのミューザ川崎シンフォニーホール.オケの裏側にも客席があるのはBerlin Philっぽい.休憩時間にちょっと探検してみました.パイプオルガン側から見たところ.

裏側から

僕の座席はステージ向かって右側でした.オーケストラを横から眺めながら聴くのは初めてでしたが,音的には何の問題もありませんでした.やはり良く設計されてるんだ.ウィーンの楽友協会大ホールもステージ背後に客席がありますが,あそこはちょっと聞けたもんじゃない.

Beethovenは全くの正攻法の演奏.Leonoreでは乗りまくってた隣の座席のおっちゃん,ピアノ協奏曲ではすやすやと夢心地.こんな素敵な子守唄で,さぞや良い夢を見ていたことでしょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

受信料払わなくてもよいNHK

NHKホール

ここがあの紅白歌合戦で有名な… じゃないけど,NHKホール.今日は仕事帰りにNHK交響楽団のコンサートに立ち寄ってきました.こんな文化的な生活ができるのが都会の良いところ.でも渋谷の街で迫り来る人のつぶてを避けながら歩くのは,高度な技術が必要.

Los Alamosなら,どんなに蛇行しようが誰にもぶつかりませんが,逆に冷や冷やしながら鑑賞する地元アマチュアオーケストラがあるのみ.

さて今夜の演目.指揮はP. Jarvi.曲はSibeliusのViolin Concerto(ソロは諏訪内晶子),それにShostakovichの交響曲第10番.タコ10と呼ぶかどうかは知りませんが,渋い選曲で好みが分かれるところかも.実際,僕の隣に座っていた女性二人は,シベリウスだけ聴いて帰ってしまいました.

N響を生で聴くのは初めてですが,やっぱりうまい.管楽器のソロが次々と現れる難しいショスタコの交響曲を難なくこなし,最後の盛り上げ方も良かった.Dimitri Shostakovichの名前にちなんだ DEsCH(レ,ミ♭,ド,シ)の音型が炸裂する音楽です.

休憩時間,トイレに行っとこうと思ったら長蛇の列です.小の方は回転は早いんだけど,それでも休息時間終わり頃に行ったもんだから,ちょっと焦ります.

そのうち第二部開始のアナウンス.係員の女性が列へやってきて,

「間もなく始まります.ご協力をお願いします!

協力って....諦めて我慢しろとでも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

地元アマチュア・オーケストラのコンサート

crossroads bible church
crossroads bible church

地元のアマチュアオケ Los Alamos Symphony Orchestra のコンサートの案内をたまたま新聞で見かけ,行ってみることにしました.音楽はともかく,数年前に新築された教会がコンサート会場とのことで,内部を見て見たいという野次馬根性が背中を押したのは確か.

普通の教会を想像して中に入ったら,驚きの立派なホールです.普段は何に使ってるんだこれ.おまけに左右の壁にはバスケットボールのゴール,でも床はカーペット.謎が謎を呼ぶ.

それはさておき,プログラムはBeethoven「Fidelio序曲」,Debussy「牧神の午後への前奏曲」,そしてメインがMozartの交響曲第41番 Jupiter.なかなか意欲的なプログラム.

最初はFidelio,あの冒頭のホルンの弱奏,期待通り外してくれました.楽譜を書き換えて吹きやすいようにした箇所もちらほら.最後のPrestoで突っ走る箇所は崩壊するかと冷や冷や.これはJupiterの終楽章に期待です(性格悪い).

牧神のフルート,なんと上手かった.この曲はハープが活躍します.アマチュアにハープなんてあるのかと思ったら,キーボードで代用していました.

そして交響曲第41番,終楽章はMozartの晩年の作らしく対位法を駆使し,非常に複雑で入り組んでいます.かなり遅めのテンポで演奏を始め,途中冷や冷やさせながらも最後の和音まで弾ききりました.お見事.おもわず拍手.

学生オケの方がずっとましなレベルですが,それでもやっぱり楽しいもんです.楽しけりゃいいんです.また来ようかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンで音楽のひととき

楽友協会
楽友協会

ウィーン出張での楽しみと言えばコンサート.ウィーン交響楽団の公演が出張中にあったので,出掛けてきました.

指揮者はLeonidas Kavakos,レオニダス・カヴァコスと読むのでしょうか.名前からしてギリシャの人のようですが,レオニダスと言うと甘ったるいチョコレートを思い出してしまいます.そのせいか,演奏もやや甘い系.

楽友協会
楽友協会

演目はMozartのViolin協奏曲を指揮者自ら弾き振り,BrahmsのHaydnの主題による変奏曲,そして同じくBrahmsの交響曲第4番.魅力的なプログラムです.

このBrahmsの二曲,演奏中に思い出したのですが,ちょっと変わった共通点があります.それは最終楽章がPassacaglia パッサカリアという古臭い形式で書かれていることと,珍しくトライアングルが使われていること.トライアングルが活躍するのは曲の一部だけなので,それ以外はずーっと暇そうにしている打楽器奏者が見どころです.

寝酒
寝酒

コンサート後の飲み会を終えてホテルに戻ってきたのはもう深夜.ちょっと飲み足りないと,営業終了直後のバーへ行ってウィスキーをもらい,部屋に持って帰ってきました.仕事もあと一日.さて,もうひと頑張り.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

St. Patrick’s night at Bathtub Row

Irish Music Band
Irish Music Band

17日はSt. Patrick’s day 聖パトリックの祝日,Irelandのお祭りです.パブでアイルランド音楽のライブがあると聞いて出掛けてきました.黒ビールを飲みながらIreland, Scotland の音楽.ちなみにこの日は,緑色のものを身につけることになっています.

ヴォーカリストは本当にそちらの出身の方のようです.僕の隣に座っておられた紳士が「彼女にはアイルランド訛りがある」って言ってました.僕にはさっぱり分かりませんでしたけど.

民謡の他に,ダンス音楽のあれこれ.楽しいもんです.カウンターに一人座っていたおばあちゃん,85歳の誕生日とかで,演奏をプレゼントされていました.真っ白な髪にかわいらしい緑のコサージュが付いたカチューシャ.きっとこの方もアイルランド出身なんでしょう.

Irish Dancing
Irish Dancing

狭い店内の通路で,おばあちゃん,楽しそうにダンスしていました.他のお客さんも手拍子しながら,楽しそうに眺めております.

bathtub
bathtub

このパブ,Bathtub Rowは生協で,会員になればちょっとお安くビールが飲めます.残念ながら食べ物は殆ど無いのですが,その代わりに持込OK.スナックを持ち込んで,ビールだけ楽しむこともできます.

店の写真を撮り忘れたので,ドア前に置いてあったトレードマークの風呂おけで代用.

ところで僕の隣の紳士,突然僕のことをファーストネームで呼んだんです.え?知り合い?

慌てて適当に話を合わせることにしました.そう言えば見たことある顔だったかも.でも絶対に親しい間柄ではありません.そこでふと思ったのです.実は僕って自分で思ってる以上に有名人なのかも.いやまいった.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ホームコンサートを楽しむ

反射する手
反射する手

夕食会+小演奏会へ出かけてきました.演奏会って言ったって,僕を含めたアマチュア演奏家が,こけつまろびつ笑いながらピアノを弾くという程度.細かいことは言いっこ無し,交代でピアノの椅子に座ります.

こういうちょっとしたホームコンサート,渡米前にやった覚えはありません.もちろん家のスペースの問題とか,本物のピアノを調達する問題とか,色々理由はあると思います.

でもホームコンサートがさほど活発でない一番の理由って,やっぱり日本人にありがちな謙遜の心,もしくは完璧主義じゃないかと思うのです.こんなレベルの演奏,とても人には聞かせられないって.

こちらではそんな羞じらいの心なんて何処吹く風.間違おうが,すっ転ぼうが,小学生レベルの曲を披露しようが,ピアノを弾けるには変わりないという世界.所詮趣味ですもん.楽しけりゃいいんです.

以前,Violin弾き日本人ポスドクがいたときは,家で何度か演奏会をやったのですが,最近はそういう爪を隠した鷹君をみかけません.職場のメーリングリストで,音楽家募集中と呼びかけてみようかな.ギター,ベース,ドラムとかが集まってきたらどうしよう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Red Priest Concert in Los Alamos

Los Alamos Concert Associationのコンサートシリーズ,今夜はRed Priestという,バロック音楽を演奏する英国の古楽アンサンブル.プログラム前半はルネサンスからバロックまで取り揃え,後半はVivaldiの四季.Piers Adamsというリコーダ奏者がかなりの超絶技巧の持ち主です.

演奏スタイルは動画を見てもらっての通り.かなり自由にアドリブっぽくしたり,コメディっぽい演技があったり.演奏家が会場を歩いてまわるなんていうパフォーマンスもあり,観客は大いに沸いていました.

ちなみにRed Priestとは赤毛の司祭,つまりAntonio Vivaldiのニックネームのこと.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail