「コンサート」タグアーカイブ

ウィーンと言えばウィーンフィル

一週間のご無沙汰です。先週はウィーン出張だったのですが,慌ただしい日々に更新をサボっておりました。実際,仕事三昧の一週間で,書くネタもなかったのですが。

そんなネタ無し一週間で最大のイベントだったのがコンサート。いつもならキンキラキンで有名な楽友協会大ホールへと出かけるのですが,今回はもう一方のキンキラキン,Wiener Konzerthaus。どちらかと言うとちょっと白っぽいイメージかも。

演奏はなんとあのWiener Philharmoniker,ウィーンフィルハーモニー管弦楽団です。指揮はV. Gergiev。ウィーンフィルの生演奏を聴くのは,国立オペラを含めて,確かこれでたったの3回目。楽友協会でのウィーンフィルコンサート,普通はチケットが手に入りません。

演目は,前半がTchaikovskyの交響曲第1番,後半はRimsky-Kosakovの代表作「シェヘラザード」。どちらもよく知った曲ですが,コンサートに行くまでは後半の曲を楽しみにしていました。

それがまあなんということでしょう。チャイコの一番,通称「冬の日の幻想」がもう感動もの。一楽章のファンファーレが鳴り響くところでは,思わず目頭が熱くなるほどでした。

シェヘラザードももちろん熱演です。なんとなくふんわりとしたイメージのウィーンフィルですが,Gergievの指先からでるダークサイドフォースが熱演へと駆り立ててるよう。ちなみにこの人,指揮棒無しで指揮します。

いやはや圧倒されました。今までおそらく40回はウィーンを訪問しておりますが,ウィーンフィルの生演奏に巡り会えるチャンスなんて滅多にありませんもん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

古都ウィーンで現代音楽

会議でウィーンに来ております。例によって仕事以外の楽しみと言えば音楽,今回はぎりぎりにコンサートを探したせいか,良さげなプログラムのものはすでに満席。ようやくまだ少しだけチケットが残っていたのが,ORF RSO ウィーン放送交響楽団のコンサートです。

プログラムが少々とんがっており,まずはShostakovichのヴァイオリン協奏曲第一番。E. Tjeknavorianというウィーン生まれの若いヴァイオリストで,なんとまだ24歳ですが,すごく有望な若手のようです。実際,演奏後のブラボーの嵐がその才能を語っておりました。

二曲目はこれまたウィーン生まれの作曲家,B.R. Deutschの作品で,Phaenomenaというアコーディオン協奏曲のような曲。アコーディオンの技術も凄いながらも,オーケストラもかなり激しい面白い曲でした。この作曲家さんもまだ42歳。曲の後にソリストと指揮者と共にステージに登り喝采を浴びていました。

そして最後はポーランドの作曲家W. Lutoslawskiルトスワフスキで,管弦楽のための協奏曲,いわゆるオケコン。三管編成のオケに加えて多彩な打楽器,チェレスタやピアノも入る大規模なもの。これまた派手な曲ではありましたが,出張疲れのせいか不覚にも一瞬の睡魔に打ち勝てなかったのでした。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

古い紙,古い写真

昔のアルバムに,写真と併せて旅行時のチケットやらを貼っておりました。ほとんど一人旅なので自分が写った写真はほとんど無く,風景や建物ばかりなので,逆にこういうチケット類が今となっては面白い。

生まれて始めてウィーンを訪れたときの3日間フリーパスです。当時の92シリングが幾らだった定かではないのですが,1シリング20円くらいじゃなかったかなあ。このパスを使い,地下鉄と路面電車であちこち移動したんでしょうか。記憶に無いんですけど。

ウィーンでの滞在は,安いユースホステル。憧れの音楽の都です。まずは国立歌劇場へ。でも普通の座席は高いので天井桟敷。

出し物は「蝶々夫人」でした。舞台はほぼ見えませんので,オケピットを鑑賞。後ろの方では,常連さんなのか,おっちゃんが床に座り込んで音楽だけを楽しんでおりました。

オペラを観た気分にはなれなかったので,翌日はフォルクスオーパーへ。

演目は定番の「こうもり」です。こちらはちゃんとした座席で,お値段もそこそこだったようです。

ちなみに実家の方には子供の頃のアルバムもあり,小中学生の頃の自分の写真も数葉。今と変わらず生意気そうなガキの顔をしておりました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Los Alamos Concert Series, Piano Duo

Los Alamosのコンサートシリーズ ,始まりました。今夜はShai WosnerとOrion Weissのピアノ・デュオです。一曲目は連弾ですが,二曲目は二台ピアノ,どうするのかと思ったら,袖からもう一台Steinwayが出てきました。金持ちやなあと思ったら,借りてきたらしい。

曲目はSchubertの連弾曲Grand Duo D.812とBrahmsのピアノ五重奏曲 Op.34。

ピアノデュオのコンサートなのに,ピアノ五重奏?

ヘ短調の有名な曲ですが,Brahms自身が2台ピアノのためのソナタとして出版したものだそうで,順番的にはこちらの方が先。このソナタが後にピアノ五重奏として出版されたそうです。元々ピアノが目立つ曲なので,2台ピアノ版も全く違和感ありませんでした。

Schubertの方は,そんな曲があるのは知っていましたが,聞いたのは初めてです。例によって終わりそうで終わらない,かなりしつこい曲で,一回聞けばいいかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

夏のウィーンで古楽コンサート

音楽の都ウィーンとは言え,夏はコンサートのオフシーズン。観光客向けのワルツやMozartばかりですが,やってるところではちゃんとやってます。St. Ruprecht教会というウィーンで最も古いロマネスク様式の教会で行われる古楽コンサートへ友人らと足を運びました。

以前来たときは,観客もほどほどだったので,開演ちょっと前に到着すればいいやと思ったのですが,

なんと教会の扉が開く人たちが行列を作っております。有名なコンサートシリーズになってしまったんでしょうか。日本語会話もちらほらと聞こえてきます。

満席なのに,まだ客が入ってきます。立ち見分まで入れてチケットも売ってるんでそしょうか。僕たちが入った時にはもう席は殆ど残ってなかったので,教会後ろのほうにあった椅子を勝手に持ち出して,自分用座席を作りました。これは他の人が最初に始めたこと。僕じゃないですよ。

この日は17世紀のバロック音楽。ヴァイオリンが二人,チェロとギター。演奏曲目ですが,実は曲はおろか,作曲家の名前すら知りません。

Biber, Alborea, Kircher, Schmeizer, Falconieri, Marini, そしてようやくVivaldiが出てきます。古楽専門家でもあるウィーン現地委員さんと一緒だったので,色々と解説して頂きました。

同じ低音を繰り返し,その上で変奏を繰り広げるという曲が多かったように思います。ヴァイオリンの弦を弓の木の部分で叩く,col legno コル・レーニョ奏法も出てきたので,現代風に即興しているのかと思いましたが,あとで調べたらその奏法自体は1605年にはあったとのこと。

さて静粛なる古い教会を一歩出ると,そこはウィーンの酒飲みエリア,通称バミューダトライアングル。このギャップがなんとも言えません。もちろん一杯やって帰りましたとも。その脇を先程ヴァイオリンを弾いていた女性が,足早に帰宅していきました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

トロンボーンの夢

昨晩,弦楽四重奏曲のコンサートがあったのですが,夕方から降り始めた雪で行くのを諦めました。結果的にはさほど積もらなかったので,車を出せないことは無かったのですが,演奏会の間どれだけ積もるか予想できません。行きはよいよい帰りは怖い。コンサート終了後,一斉に駐車場を出ようとする車,絶対に接触事故起こしてます。

プログラムは好きなBeethovenの弦楽四重奏曲だったので,諦めてしまったのがちょっと悔しい。多分そのせいだと思うのですが,昨晩変な夢を見ました。

おそらく東京あたりを歩いていると,コンサートのポスターを見かけました。その演奏会,ちょっと変わっていて,トロンボーン四重奏団。

珍しいなとポスターに見入ると,そこに書かれた奏者がなんと大学時代の先輩です。あの人,まだボントロ吹いてんだ〜。

…という夢。忘れ去られたボントロ先輩がなんで突然脳内の片隅から飛び出してきたのかも不思議ですが,そもそもトロンボーン四重奏団の演奏会なんて,金管好きしか行かないんじゃないか。それとも隠れファンがたくさんいるのかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail