「クレジットカード」タグアーカイブ

進化した支払い方法

レストランでの支払い,各々がクレジットカードで払おうとするから,店員さんもひと手間です。ところが今週,キャッシュレスの進化を実感できるレストランに出会いました。店員さんが持ってきたのは,このタブレットのようなデバイス。客一人に一台。

自分のクレカを差し込み,表示されるボタンをぽちぽち。チップは20%が基本らしく,そこから自分で増減させます。

画面に指でサインして支払い完了。レシートは印刷かメールを選べます。

最近コーヒーショップとかで,iPadを使った似たような支払いシステムを見かけます。でもあれはレジに一つあるのみ。客それぞれにタブレットを持ってくるとは,レストラン全体で何台用意してるんだろうと気になります。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱり使えなかったAMEX

Milano Centrale

American Expressはヨーロッパではちょっと弱い,そんな噂は以前から耳にしていました.でもメインに使ってるホテル系カードが強制的にVisaからAmexへ変更されたので,背に腹は代えられない.念の為に別のVisaを用意した上でItaly-Austriaへの旅に出たのですが,これは正解だった.

もちろんAmexが全く使えなかったわけではありません.ホテルは全てOK.商店も観光地なら大丈夫.電車の切符も自販機でなければ問題なし.

ウィーンの地下鉄切符は,なんやら意味不明なメッセージが出て先へ進めませんでした.レストランや小さな店では何度か支払い不可を言い渡されました.ウィーンの某有名高級スーパーマーケットでも駄目と言われたのですが,あの時はAmexが問題だったのか,カード支払い全般にたまたま問題があったのかよくわかりません.

大雑把に言って,勝率7割といったところか.ヨーロッパ旅行にAmexだけは心許ないということは確認できました.絶対にバックアップ用のVisaかMaster,それに現金が必要です.

ところで現金と言えば,海外のコインに慣れない人が多いもの.支払いレジで時々見かけるのは,手持ちのコイン全部手に乗せて,店の人に取ってもらう方法.先日もそんな光景をウィーンのカフェで見かけました.

ポケットから大量の硬貨をじゃらじゃらと出したかと思うと,店のおばちゃんにぐいっと突き出す.コーヒーの金額分だけ取ってくれってことなんですが,そこに盛られた硬貨をじっと睨んだおばちゃん,

これはダメ

と幾つかコインを弾き出した.どうやらメキシコのコインが混じっていたらしい.おばちゃん,勝ち誇ったように,

わたしはね,こういうのすっごく得意なの

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

一日に数度の小さなイラッ

腰を据えて書類を読もうと,ファイルをプリンタへ送り,頃合いを見計らって100歩ほど離れたプリンタ室へ向かいます.でもトレイにあるのは他人の印刷物,しかも紙切れランプが点滅中.

紙が切れたんなら追加しとけよーとぶぅたれつつ,紙を補給してオンラインボタンをポチ.

やがて出てくる印刷物が,先程途中で止まった他人のものなので,さらにイラっときます.おまけにそれに続けて出て来るのも,別の人のものだったり.

紙ならまだしも,トナー切れだったことも何度かあります.どうやらうちの職場では,自分でトナー交換はせず,誰かが交換するのをひたすら待つ作戦の人間ばかりらしい.もしかしてプリンタのカバーを勝手に開けちゃいけないとでも思ってるのか.

以前別の職場の友人から聞いた話ですが,彼の職場ではコーヒーサーバが空になっていたら,次に飲みたい人が新しいコーヒーを淹れるのが暗黙のルールなんだとか.とは言ってもそこはコーヒーメーカ,粉をセットしてスイッチ入れるだけです.

ところが中にはセコいのもいて,コーヒーサーバが空だと分かるや自分の部屋へ戻り,誰かが次に淹れるのをドア陰からこっそり待ち構えているらしい.

それはさておき,つい今しがた.ちょっとした支払いにカードを使おうと思ったら,使えるカードの一覧が VISA, Master, Discover.なんでDiscoverがあって,Amexが無いんだ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

初めてのAmerican Express

メインに使っていたHilton系のクレジットカードはVISAだったのですが,今月からAmerican Expressに変更されました.初めてのAmexです.縁が無かったのは,単に年会費が高いから.

それと勧誘がウザいってのもありました.毎日のように入会案内のダイレクトメールがやってくるもんだから,逆に敬遠していました.でも今回ばかりはHilton側が勝手に変えちゃったので,逃げられない.

とは言えアメックス,ほんのちょっとだけお金持ちになった気分.とは言えホテル系,本物持ってるよりはちと落ちそう.

ところで,新しいクレジットカードが届いたら真っ先に裏にサインしますよね.郵送されてくる案内にも,すぐにサインするよう注意書きがあります.

でもこのHilton Amex,そんな注意書きも無く,そもそも名前を書く所にデカデカとカード番号が印刷されてるんです.今のところサイン無しで使ってるのですが,なんかちょっと不安.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

大学の学費をクレジットカードで払う

Santa Fe

子の大学学費の支払いがあるたびに預金口座の残金ががっくんと下がり,溜息が出ます.自分が学生の時に日本の国立大に払っていた学費とは比べ物にならないアメリカの学費,覚悟はしておりましたが,二人分はやはり大きい.

先日,長男の学費支払いでトラブルがあり,銀行振替がうまく行かなかったようです.小切手を切って直接持って行く手もあったようですが,さらに驚いたのがクレジットカード支払い.安い車だったら買える金額です.

そりゃあまあお金持ちの方でしたら,普通に支払ってる金額かもしれません.でも僕は大台に乗った金額を一括クレカ払いしたことなんて経験ありません.最高金額で,家族全員分の航空券を買ったときの60万円くらいか.

躊躇したものの,なんとか限度額以内です.思い切って一学期分の学費を一括払いしました.

ちなみに限度額は自分で決めたわけじゃありません.クレジットカードを作る時にあちらが勝手に決め,その後さらに勝手に増額されたもの.よく海外旅行でカード詐欺に遭い,限度額いっぱい使われたなんて話を聞きますが,怖くてうかうか変な店では使えない.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

意外と多かった現金払い

スーパーのレジに並んでいると,前のお客さんが現金払い.時々見かけます.出張中,友人らとレストランで食事するときも,カードとキャッシュは半々ってとこか.僕も現金は少々持ち歩いています.とは言え普通は$20紙幣一枚のみ.

日本で暮らしていたとき,財布の中にはいつも数千円から1万円程度は入れておいたと思います.今年春の東京滞在でも,常時万札が数枚入っておりました.いついかなる飲み会にも対応できるように.もっとも細々した支払いはもっぱらSuica.

さて,先日のHonoluluのホテルでのこと. 日本から観光に来ていたとある家族,首に貴重品袋を下げておりました.そんなに目立つところにぶら下げなくてもいいのにと思った以上に驚いたのが,その透明袋の中身のドル札.しっかり見えております.貴重品袋の意味無いんじゃないか.

さらに驚いたのは,エレベーターの中での出来事.

やはり日本人の観光客が財布を取り出して,中身を確認していました.そこには$100札の札束,数十枚いや100枚くらいあったかも.そんなの外で出さない方がいいですよと伝えたほうが良かったのか.

あんな大金,Honoluluでどう使うんでしょうね.と言うか何でカード払いにしないんだろう.現金払いじゃないとヤバイものなんだろうか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail