「クレジットカード」タグアーカイブ

意外と多かった現金払い

スーパーのレジに並んでいると,前のお客さんが現金払い.時々見かけます.出張中,友人らとレストランで食事するときも,カードとキャッシュは半々ってとこか.僕も現金は少々持ち歩いています.とは言え普通は$20紙幣一枚のみ.

日本で暮らしていたとき,財布の中にはいつも数千円から1万円程度は入れておいたと思います.今年春の東京滞在でも,常時万札が数枚入っておりました.いついかなる飲み会にも対応できるように.もっとも細々した支払いはもっぱらSuica.

さて,先日のHonoluluのホテルでのこと. 日本から観光に来ていたとある家族,首に貴重品袋を下げておりました.そんなに目立つところにぶら下げなくてもいいのにと思った以上に驚いたのが,その透明袋の中身のドル札.しっかり見えております.貴重品袋の意味無いんじゃないか.

さらに驚いたのは,エレベーターの中での出来事.

やはり日本人の観光客が財布を取り出して,中身を確認していました.そこには$100札の札束,数十枚いや100枚くらいあったかも.そんなの外で出さない方がいいですよと伝えたほうが良かったのか.

あんな大金,Honoluluでどう使うんでしょうね.と言うか何でカード払いにしないんだろう.現金払いじゃないとヤバイものなんだろうか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

手を上げて横断歩道で招き猫

豪徳寺の招き猫

早いもので,4ヶ月の日本滞在も残り2日となってしまいました.当初は4ヶ月の東京生活に耐えられるのかなんて思っていましたが,なんとか乗り切ったようです.満員電車だけは,最後まで慣れることはありませんでしたけど.

書き残したことは数々あれど,日本生活の断面を思うままに書き連ねてみると…

● 完璧に守られる横断信号.全く車が来てなくとも,誰も横断歩道を渡らない.横断歩道,皆で止まればより安全.

● コンビニレジでの待ち行列.床に「ここでお待ち下さい」な指示がしてあるんですね.あんなの昔はありませんでした.

● ポイントカード.どこでも必ず聞かれます.持ってないっちゅうに.クリーニング店で半ば強制的に作られてしまいましたが,クリーニングのポイントカード作るのに誕生日を聞く理由がわかりません.

● クレジットカード払い時の店員の印鑑.昔から思ってはいたのですが,どうしてサインしたレシートに店員さんの印鑑捺すのでしょう.

● ホットですか,それともアイス? アイスコーヒーの美味しい季節になりましがけど,真冬にアイスコーヒー注文する人は少ないんじゃないのかな.某コーヒーショップでアイスカフェラテ注文すると,激速で出てきます.どうやらアイス注文用にエスプレッソを作り置きしてるっぽい.

● 多言語対応コンビニATM.アメリカのキャッシュカード入れると言語選択画面が出て,英語モードに切り替わります.さすがです.日本語を選択しても英語になっちゃいます.困ります.

● ちょっと怖いタクシー運転手の独り言.「ちっ,こっちも工事中か」.後部座席まで聞こえるような独り言,やめてください.もっともアメリカのタクシーで,運転中ずーっと携帯で喋ってた人もいましたけど.

● 変わりそうな信号を突破する深夜タクシー.そりゃより早く到着すれば客も助かるんだと思います.でも前方に黄信号が見えるたびに急加速するのは落ち着かないです.

● 歩道を高速で走る電動アシスト自転車.しかも子供三人乗せて,みたいな.あれ,結構怖いです.

● どんなに混雑していても絶対に衝突しない人々.朝,通勤時間帯に地下鉄駅あちこちで発生する極小スクランブル交差点.皆さん,ものの見事にすり抜けて行かれます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

保険証 クレカ代わりになりません

かめかめ

Obama Careを出すまでも無く何かと話題になるアメリカの医療保険制度,貧乏人は… パンを食え?みたいな,病気になったら負けな世界を作っております.今回の日本滞在ではアメリカの医療保険はそのまま継続しているのですが,さすがにアレを海外で使うのは面倒なので,日本の健康保険に入り直しました.

保険料を払ってるからには使わにゃ損々,という訳でもないのですが,比較的手軽に医者に診てもらえる日本です,以前から気になっていた皮膚科の診療を受けてきました.それにしても,今時の保険証ってカードサイズなんですね.うっかりクレカを受付で出しそうになったですよ.

お肌のトラブルですが,実は大仰なことはありません.数ヶ月前から顎のあたりにイボが出来て,それが気になって,つい触ってしまう.いじってるうちに爪を立てるようになって流血事件,その繰り返し.

診てもらったら,小さな傷からウィルスが入ったんだろうとのこと.噂に聞いてはおりましたが,治療は液体窒素で火傷させて取る方法でした.そのうち取れるけど,何度かしないといけないそうです.普通に生活してても良いが,あまり触らないようにと釘を刺されました.

そう言われて,ここが気になって触る理由が分かった気がします.仕事中に頬杖をつく癖があるらしく,その時丁度イボの辺りに手が触れるのです.それでカリカリやり始めるわけ.もう頬づえはつかない.

実は以前も似たようなトラブルがあったのです.その顛末はこちら.アメリカでのデキモノ治療,徹底してます.

さて,今日の一枚はこちら.

陣取りゲーム

問題のあるタイルをテープで囲ってるらしい.薄緑にピンクってのがちょっとかわいい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ポニーテールは邪魔です

BLT sandwich

「Tポイントカードはお持ちですか?」

何度聞かれたことやら.そもそもTカードってなんですかい.クレカの一種? ようやくSUICAに慣れてきたのに,これ以上カードを増やしたくないです.そのスイカですら,残金が足りなくて後方を渋滞させてしまった経験ありですよ.

それはさておき,東西線に揺られて通勤一週間でした.厳密に言えば,揺られるどころか微動だにできない10分間です.まだまだ短い間ながら,満員電車のあれやこれやを見てきました.

あの狭小空間でスマホゲームしてる人の多いこと.思わず画面を覗き込んでしまいます.いや,視線の行き場が無いので,仕方なく見てるんですからね.ゲームにミスった瞬間は,思わず「あーあ」と同情の声すら出るほどです.

今日は目の前に女性が立っていましたが,彼女のポニーテールが丁度僕の鼻の位置.髪が鼻にあたるんだよー,ポニテはやめてくれー...

と不快感顕な顔してたんだと思います.でもそれも自分自身,髪を後ろで束ねていたことを思い出すまで.僕の背後の乗客は,僕のポニテでビシビシとビンタを喰らっていたのかも.そろそろ散髪しようかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

達人だけに許されるドーナツ

Whoo's Donuts
Whoo’s Donuts

クレジットカードリーダが着いたiPadをレジ支払いで時々見かけます.クレカを読ませてから,指先で画面にサイン.実は職場横のカフェの決済もこの方式で,領収書が仕事用のメールアドレスに送られてきます.メールアドレスを教えた覚えは無いんですが,まあ職場の一部みたいなもんなので,勝手に調べられたのでしょう.

話変わってSanta Feにある小さなドーナツショップ.小さな店ですが名前が分からない.店の入り口にはぶっきら棒に「ドーナツ」と書かれてあるのみ.

ここのドーナツ,とてもアメリカ版とは思えないほど甘さ控えめで,おまけに表面がぱりっと揚がって美味しく,うっかり「やれやれ,ドーナツはこうあるべきなんだよ」と語ってしまいそうになります,やれやれ.

それが先日支払いにクレカを使って,ようやく店名が判明しました.あのiPad方式で,領収書が仕事先にメールされてきたのです.さすがに経費じゃ落とせないけど.

Whoo’s Donuts.珍しいブルーコーンを使ったドーナツも売られていて,これまた素朴な美味しさ,お薦めです.

写真は,商品の中でも一際邪悪度の高そうだったもの.チリとベーコンとチョコレート,甘いのか辛いのかさっぱり分からないところへ,ベーコンですよ.好奇心に負けて買ってしまいましたが,実はそんなに悪くない.でももう買わない.これは玄人向け過ぎるかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

無料サービスじゃないの?

本屋
本屋

Hiltonのクレジットカードの特典で,ある程度クレカを使えば無料宿泊券がもらえます.週末のみという制限があるものの,かなり高級なクラスまで対応しているので,ちょっと贅沢できます.有効期限内にそういうホテルがある場所に,うまいこと行く予定があればね.

その有効期限が迫ってきているので,大慌てで使うことにしました.ちょっと特種な特典なのでオンライン予約はできない.気が進まないながらも予約センターに電話します.

こっちの電話番号はあちら側で把握してあるらしく,何も言わずとも電話主と会員番号は伝わっています.でも本人確認のためなのか,

「電話番号,教えてね〜」

と(例によって)軽い調子で話しかけてきます.あちら側に表示されてる番号のスマホからかけてるわけで,その番号を聞くってのがよく分からないんですが,ゆっくりはっきり番号を伝え,OKをもらいました.

さて,無料宿泊券を使ってどこそこのホテルに予約したい旨を伝えると,「ちょっとまってねー,えっとー,部屋はどんなのがいい?」とまあ,タメ口が続きます.英語なのでタメ口ってこともないけど,まあそんな感じ.

予約完了,詳細はメールするねと言われ,面倒な英語予約を終えてほっとしたところに,ホテル予約確認のメールが届きました.

日程よし,部屋数よし,宿泊者名よし,一泊金額....ん?

無料宿泊券使ってるのに,何故か金額が書かれています.その数字を見て目を疑った.

7万5千円!!!

ま,ま,まさかとは思うけど,予約センターのおねえさん(年齢不詳),普通の予約しちゃったのでは?それもなんかとびっきり良い部屋を.

豪華なホテル滞在を楽しんだ翌朝,目ん玉飛び出る請求書を見ることになるんでしょうか.どきどき.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱりアメリカ,それを言われる

hotel room
hotel room

過去にも何度か書いたのですが,一通りあちこちのホテルチェーンのメンバーになっています.Hyatt系,Marriott系,Hilton系,他にも幾つか(忘れた).ただクレジットカード付きのを持ってるのはHiltonだけなので,基本はHilton系.出張先近くにそれが無ければ他を適当と,さほど拘りは無い.

その拘りの無さで,今日からの宿泊はMarriott.高級系列ですけど,実は色々あってお安く宿泊しております.そのチェックイン時のこと.

受付の若い女性からクレジットカードの提示を求められ,財布からカードを取り出した時,一瞬ためらいました.クレカにはしっかりとHiltonの文字.

でもクレカには違いないんだしと,彼女に手渡すと,そのカードをしげしげと眺めて,

「....Hilton?!

いや,だからさー,それ言わないでよ,と言うと,彼女は

でもMarriottのシルバーメンバーだから,許してあげる

思わず,どうもありがとうって言っちゃったよ.なんで客が礼を言わにゃならんのだ.

実を言うと,僕がMarriottでシルバーメンバーだとは知りませんでした.昨年そんなに利用したっけな.年間10泊はしないといけないはずだけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail