「キーボード」タグアーカイブ

YAMAHA P-125Bを弾いてみました

昨晩,組み立て終わったヤマハのデジタルピアノP-125Bを深夜弾いてみました。ヘッドホンが無かったので,あまり派手な曲は弾けません。Bachあたりをひっそりと。

キータッチですが,さすがに隣に置いてあるグランドピアノには及ばないものの,アップライトよりはずっと本格的です。こんなサイズなのに,微妙な強弱をちゃんと再現するのは見事。ばりばり弾くような曲だと,やはり物足りませんが,普通の曲なら十分です。

音色は24種類。ピアノ,オルガン,チェンバロ,弦楽器など,それぞれ違ったタイプの音色が数種類。さほど多くはありませんが,これは欲しいというところは,きちんと網羅されています。

チェンバロは微妙なアクションのノイズまで再現されており,かなりリアルです。キータッチは全く違いますが,音だけ聞いてると,本物のチェンバロを弾いてるよう。

おもしろいのが,コーラス。これでBachのフーガの技法を弾いてみると,まるで大合唱団を指揮しているよう。パイプオルガンの音色で平均律のフーガも,まるで教会でオルガンを弾いてるよう。普通のピアノは,音を一旦鳴らすとあとは減衰する一方ですが,オルガンは音が続くので,ちょっと良い気分です。

さて本日。今度は本格的にピアノとして弾いてみましたが,音量もしっかりとあり,音だけ聞けば本物のピアノを弾いてると思われるでしょう。強弱のコントロールはかなり微妙です。普通のピアノよりも,タッチのコントロールの練習になるんじゃないかと思うほど。

ただそこは電子音。楽器内部での反響のようなものは電子的に再現されているので,そこは物足りないのは仕方のないところ。おまけに,すぐ隣にグランドピアノが鎮座しております。

というわけで,まずはヘッドホンを用意して,深夜にしっぽりと酒飲みながら弾くのが自分にあってるようです。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

YAMAHA P-125Bを買いました

一昨年,大学に通う長男に,寮でも弾ける電子ピアノを持たせました。自分でもちょっと弾いてみたのですが,それが殊の外よろしい。これなら深夜でも遊べる,いや練習できるじゃないか。次第に自分も欲しくなり,ついに今週月曜日,Amazonで注文しました。

まずはペダル部分を組立。ネジは仮止めしておくようにとのこと。

本体を組み立て,ペダルを取り付けて完成です。ペダルのネジを仮止めするのは,据え付けた後に床に合わせて固定するためでした。

本体だけで12kg,足を付けてその倍くらいでしょうか。この程度なら簡単に移動できます。本体だけを取り外せば,外へ持ち出すのも可能。実際の弾き心地などは,また明日。

横幅はこれ以上狭くできませんが,奥行きが30cmしかないのが気に入った点でした。でもちょっと意外だったのは,本体部分の厚み。17cmもあり,テーブルに置くと,かなりごっつい感じになります。カシオPriviaのほうがコンパクト。

ところで完成した後のこと。ふとテーブルの上を見ると,

なんかパーツが残ってる!

ちゃんと説明書を読まずに組み立てていたのがバレバレです。どうやらこれは,壁沿いに置くときに,本体を壁から少し離すスペーサらしい。裏側のケーブル類を圧迫しないようにということか。結局必要ないもので,ホッとしました。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail