「おやつ」タグアーカイブ

コロナ禍の日本帰国,東京雪景色

渋谷Bunkamuraで開催中のフィンランド・デザイン展にふらりと立ち寄り,外にでたらこの状況。天気予報で雪になるとは聞いていましたが,まさか都心で積もるとは。

これはやばそうだと渋谷駅まで走り,地下鉄へと「上り」ました。変な駅。

家に戻ってきたときにはもう雪景色。東京は雪で大混乱。ニュースでは転倒した車や滑って怪我した人のニュースなどなど。これくらいの雪で?とは思うものの,慣れてないんだからしゃあない。

雪の夜はぬくぬく炬燵でお抹茶。アメリカ帰国後,しばらく体重計には乗らない決心。

コロナ禍の日本帰国,和菓子あります

お茶タイム,芋きんつば。

こちらは正月っぽい羊羹,抹茶付き。

自分で買ってきたり,貰い物だったり。コタツの上にも乾き物あるので,お腹周りがちょっとやばい。

ジョギングシューズはあるものの走る服が無いので散歩してます。かつて麓まで走ったものの,まだ一度も中に入ったことの無い場所。

東京スカイツリー。350mの第一展望台まで,40分待ってなんとか登ったものの,その上の第二展望台への待ち時間はさらに1時間。そこまで行くのは諦めました。コロナ禍だというのにすごい人出です。

ぐるりと一周して写真撮っただけですが,新宿方面の写真をじっと見てると,

富士山がちゃんと写っておりました。展望台から見たときは気付かなかった。

コロナ禍の日本帰国,クリスマスだった

雑然としていますが,実家滞在最後の夜の住居の様子。ベッドを持ち込んだキッチにはカーテンも無く,自分の服があちこちに放置。寒いながらもそこそこ快適なスペースとなっておりました。

この日は24日のクリスマスイヴ。一人静かにクリぼっちと思っていたら,隣のおじさんが一本持ってやってきて,思い出話に花咲かせる夜となりました。

25日,東京移動後にそのまま夜まで爆睡。

もちろんクリスマスらしいことなんてありませんが,シュトーレンだけありました。近所のケーキ屋さんのものだそうです。

普通のシュトーレンとは違う形ながら,ドライフルーツ,ナッツ,それにマジパンの入った本格的なもの。

コロナ禍の日本帰国,寒さ対策

寒いからって蜂楽饅頭であたたまるのは一時凌ぎ。ほぼ身一つで帰国したので,防寒着が全くありません。ジャケットが一枚のみ。下着と靴下も2組だけです。

自宅に残された衣料品から使えそうなものを物色するも,サイズが合いません。辛うじてカシミアのベストが2枚,これはなんとか着られそう。スカーフが数枚,これはサイズ関係なしだけど,デザインがちとジジくさい。

そしてユニクロのフリースジャケット。これがちょっと不思議で僕にぴったりサイズです。と言うことは父親のでは無いはず。うちの息子のなのかな。ありがたく頂戴しておこう。

とりあえずユニクロ行って寝間着になる長袖Tシャツと普通のスポーツシャツ,パンツ,靴下を購入。さらに無印で半袖Tシャツ。

もう一枚,ちゃんとしたシャツも買っておこうとデパートの紳士服売り場を歩いてると,店員さんが

シャツをお探しでしたら,こちらにございます

なんでシャツ探してるの分かったの?と思ったら,シャツシャツって呟きながら歩いてたんだそうな。あぶないおじさんだよ。

コロナ禍の日本帰国,福岡へ飛ぶ

自主隔離期間,11日目の0時かと思ってたら,なんと翌朝「解除しました」の案内。どこまでしぶといんだ。ともあれようやく公共交通機関を利用できます。羽田空港国際ターミナルへ行き,そこでモバイルWiFiをレンタル。相変わらずターミナルはガランとしており,Informationには人間すらいない。

モバイルWiFiは今どきの除菌済み。

さて国内線へ移動しようとして,ふと思いました。循環バス,走ってるのかな。

海外から戻ってきた人は,即座に国内線へ移動することはありません。というかできません。とにかくバス乗り場へ行くと,普通に運行していました。乗ってる人みたら,空港職員も利用してるらしい。でも旅行者らしき人も。どういうこと?

僕が羽田から福岡に飛ぶ場合,国際線乗り継ぎとなるのですが,こちらも普通に受付が開いておりました。無事手続きをすませ,福岡行きANA便に搭乗。

博多駅では梅が枝餅。太宰府名物ながら,ずっと昔から駅でも売られております。場所はちょっと移動しておりましたけど。買う時は「お餅ひとつ」と言うのが正しい注文方法。