MacBook Kuro勝手にレヴュー

macbook kuro

またまたコンピュータおたくネタで恐縮ですが,MacBook Kuroを入手してほぼ一週間経ちましたので,あらためて使い勝手を勝手にレヴュー.こっそり一部の方々からリクエストもありましたし.ちなみに黒だからと言って超高性能だとかいうことはありません.ただ単にスペシャルなだけ.僕が買ったMacBookはメモリーを2GBに増設しています.最低でも1Gにしないと,使い物にならないようです.

ちなみにソフト的には特に意見はございません.まっとうなMacOSの使い方をしているとは思えないので.

ここが○

ラップトップを買うとき,一番気にするのはキータッチです.どんなに高性能なコンピュータでも,キータッチが悪いやつは長時間使う気がしません.今までラップトップを買うときは,必ず店頭でしばらくキーを叩いて確認したもんですが,今回はカタログ注文だったので,それができない.写真をみるとわかりますが,MacBookのキーボードはちょっと変わっていて,まるで電卓みたい.

実際に使ってみると,さほど悪い感じではありません.まあこの値段ならこんなもんかな,という程度です.カチッカチッと小気味よく入力できます.マルちゅうほどのこともありませんが,not bad.

次に気になるの静音性.今まで使っていたSonyのVaio,ファンが回り始めると結構うるさいです.それもあって,新しく買うときはPanasonicのファンレスのモデルにしようと思ってました.このMacBook,背面に排気口が付いていますが静かです.電池使用時は,ほとんど無音.

無線LANの感度がすごく良いです.おかげで隣近所の鍵かけ忘れLANに繋ぎ放題…って,本当ですけどさすがに繋いじゃったらマズいです.

Intel Core Duo 2GHz,かなり速いです.デスクトップ並みの快適さ.

パネルの開閉と電源ケーブルの着脱に磁石が使われています.これがことのほか良いのでございます.どう良いって聞かれてもちょっと説明しにくい.これは使ってみないと分からないかも.とにかくヨイのです.肩こりが治るとか,そういう話ではございません.

ここが×

最大の欠点(と僕が思うもの).それは重量.2.4kgは,日々持ち運ぶには少々難があります.せめて2kgを切ってくれれば,もっと売れると思うのに(特に日本で).

電池の持ちは並.いまどき日本製ラップトップだと10時間以上使えるものもあるのに,MacBookはせいぜい3〜4時間.太平洋を越える飛行機内で遊ぶオモチャにはなりませんね.

底面がかなり熱くなります.電池使用時はそれほどでも無いですが(それでも我慢できるっちゅう程度),電源を繋いでいると直に膝の上に置けないほど.おまけに,この発熱は均一では無くて,左側だけなんですよね.気持ち悪いです.

ツルテカスクリーンは,光が反射します.窓を背にしていると,窓がスクリーンに映ってちょっと見辛いです.映らないように座れば済む事ですけど.あと,たまにスクリーンをもうちょっと倒したくなるときがありますが,画面は180度までは開きません.排気口の位置の関係のためでしょうか.

今んところ気づいたのはこれくらい.もし新しいラップトップを購入予定のある方は,ご参考にどうぞ.

犬の洗濯

クゥが臭くなってくると、たまにバスルームでシャンプーしたりするんですが、今回は特別臭かった。

クゥと森を散歩していたときのこと。出会ったのは熊さんではなくて、鳥か何かの屍骸(+何者かが食べた形跡)。うぇっ、きっちゃねーと思っていたら、とつぜんクゥの野郎、その上に寝転んで背中にゴシゴシそれを付け始めたじゃないですか。

あっと思い紐を引きましたが時既に遅く、クゥの背中にはなんやら不気味なものが付着し、いやそれ以上に猛烈な悪臭。海辺を歩いていると、たまに海岸に打ち上げられた魚が死んで悪臭を放っていることがありますね。まさにあんな臭いです。

クゥを家に連れて帰り、まさかバスルームに入れるわけにもいかないので、デッキでクゥを洗いました。逃げ出さないように鎖でつなぎ、こっちが濡れても良いように水着。たまにブルブルをやられるので、こっちも頭からびしょ濡れです。

なんとか臭いは取れましたけど、これって犬の習性なんでしょうか。超悪臭と遭遇するたびに背中にごしごし付けて来られたら、何度洗ってもキリがありません。

MacBookでMusic

たまたまMacBook Kuroの事を調べようとgoogleってみたところ、なんとここが3位となってます。マイナー機種での低レベル競走と言われればそれまでですけど、ここはもうちょっとMacBookネタで引っぱって見たい所。MacBookで検索して来たら、熊の話題だったとか。

手元のPCに結構な分量の音楽ファイルが入っていますが、これはOgg Vorbisという形式でエンコードしたもので、そのままではiTuneで再生できません。Oggの音楽ファイルはSony Vaioを持ち歩くとき用に残しておくとしても、改めて手持ちのCDをMP3でエンコードしたほうが後々便利そうです。将来、こっそりiPodを買う事への布石とも。

クラシックのCDのデータをコンピュータに吸い上げる(ripping)するとき、トラック間の空白が問題になります。続けて演奏される楽章間でも、トラック番号が変わると、大概のMP3 playerはそこで数秒の間をおきます。「運命」の3楽章終盤からいよいよ盛り上がって終楽章に入ろうという時、いきなり音楽が途切れたら興醒めですよね。

Ogg Vorbisに変換したときは、そういうAtaccaで繋がった楽章はまとめて一つのファイルにしたので、この問題はありませんでした。Goldberg変奏曲が一つの巨大なファイルになってしまったという別の問題はありましたけど。

この事をすっかり忘れて、何も考えずにiTuneでCDをリッピングしていたんですが、20枚ほどやった後、Mahlerの交響曲でやっと問題に気付きました。一つの楽章が幾つものトラックに分けられていたCDがあり(その方が親切ですが)、ふと画面をみると細切れになった大量のMP3ファイルの断片が…

曲間のギャップと言えば、Mahlerの第二交響曲第一楽章の後、「ここで最低5分の休憩をとること」とスコアに書かれています。で、この5分休息を無音トラックとしてCDに入れておけば良いというアイデアがありました。実際にそんなCDがあるのかどうかは知りませんが、ありがた迷惑です。

MacBookでMusic はコメントを受け付けていません

MacBookセットアップメモ

先週やってきた新しいMacBook Kuroを,週末色々といじくりまわしていました.内容は「濃いめ」ですので,「ちんぷんかんぷーん」というコメントがたくさん来そう(というか,誰も読んでくれない可能性大).

まずやることはディスクのパーティション切り.MacBookは1-パーティションで出荷されてますが,システム領域とユーザ領域を同じにするのは好きではないので,ディスクを一旦フォーマットした後,分割します.Install Diskを入れてコンピュータを再起動.Cのキーを押しっぱなしにすると,Install Diskから起動します.ところでこれ(Cのキー)を覚えていたのには,我ながら感動しました.Macのシステムをいじるのは, PowerMac7100/66(1994年発売)以来,12年ぶりなのに.

起動後,DiskUtilityを使って内蔵HDのパーティションを切り直します.パーティションタイプはHFS+では無くHFSX(ジャーナル付き)とし,システムに30GB (Macintosh HD),残り80GBをユーザ (home) に割り当てました.大文字小文字を区別するHFSXでないと,UNIXのファイルをコピーしてきたときに色々とトラブルが起こります.MacOSをシステム領域にインストールし,管理者のアカウントやらを作成して第一段階終了.

rootのパスワードを有効にした後,ちょっと荒技(ちゅうほどの事も無い).MacOSではユーザのホームディレクトリは/Users/lilaとかになっています.これをUNIXっぽく変更.rootになって自分のホームディレクトリをhomeというVolume名が付けられたユーザ領域のパーティションに移します.

# ln -s /Volumes/home /home
# mkdir /home/lila
# chown lila /home/lila
# rsync -av /Users/lila/ /home/lila/

さらにNetinfoマネージャを使って,lilaのホームディレクトリを /home/lila に変更.これでユーザ領域とシステム領域が分かれました.変更直後は少々挙動不審な所がありましたが,再起動すると直りました.

キーボードのCTRLキーが使いにくいので,CapsLockと入れ替えます.幸いMacOS10.4ではシステム環境設定のキーボード/マウスでこの入れ替えができるので簡単です.ついでにSpotlightのショートカットを無効にしておきます.他とかち合うことがあるので.

次にソフトウェアを追加.まずはInstall Disk 1から,Xcode ToolsとX11を追加.それからFirefox, Carbon Emacs, Desktop Manager, Fink, pTeX, gsをダウンロードしてインストール.Finkを使ってgimpとgnuplot を入れ,最低限の仕事環境が整いました.Emacsなんて,かつては一晩かかりでコンパイル・インストールしたもんですが,今じゃコピーするだけ.便利な世の中になったもんです.

熊の恩返し

帰省直前、庭先を掃除していると数件向こうの家に住む夫婦が家の前を通りかかりました。いつも通り軽く挨拶をするといきなり「また、熊が出たから注意した方が良いよ」。

昨年夏、夜半に物音で目が覚めると、奥さん手作りのケーキをキッチンで熊が食べていたんだとか。熊は網戸を破って家に入ってきたらしく、早速警察に電話し、熊は催眠銃で眠らされた後、遠い山に放されたそうな。

今年も近所で熊の目撃があったらしく、特にこの時期は果物が多くなっているので、熊もしばしば出没するようです。熊はアプリコットが大好き。

日本から帰国後、家の脇で見たもの。それはぼっとんとでっかい、うん○(かなりオゾマシイので写真は自粛)。それが数カ所にぼっとんぼっとん。芝生の上だったので、仕方無くスコップですくいあげると、中には大量のアプリコットの種が。アプリコットを丸呑みするやつなんて、熊くらいなもんです。どうやら我が家のアプリコットを木に登って食べた後、お礼をしていったらしい。

この辺りにいる熊はブラックベアーで人間を見ると逃げるそうですが、それでもある日森の中、熊さんに出会ったら、すたこらさっさと逃げるしかないですね。留守中で良かった。

MacBook Kuro

macbook kuro

悩んでいた仕事で使うノートパソコン、ついに決断しました。買ったのはMacbook Black、通称Kuro。黒にした意味はあまりありません。しいて言えば、みな白を持っているから、じゃあ黒ね、という程度のこと。

でも黒いっちゅうだけで1万円以上高いっちゅうのはやっぱり解せない。

「はっはっは、それはスペシャルだからだよ」

なんて言ってる人もいますが。そんなのを買う方も買う方ですけど。ま、自分のお金じゃないし…←おいっ

まだ箱から出しただけで、何のセットアップもしてません。週末遊べるちょうど良いオモチャです。取り敢えずKuroの不具合。触ると指紋がくっきり。

黒Macbookを触るときは、まず手を洗いましょう。

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感