パスポート用の写真

Kuma Passport

4ヶ月間伸び放題だった髪.くせ毛の上に髪が多く,耳が隠れる程のぼうぼうの爆発頭でした.白衣を着たらそのまんまマンガのMad Scientistだったので,これではマズいと切ってもらい,ついでにひげを剃り,アイロンがピシっとかかったシャツに着替え,向かった先は写真屋.パスポートの更新手続きのための写真です.

外務省のサイトで提出写真の寸法を確認し,念のためサンプルを印刷して持って行きました.パスポート用の写真,制約が細かいです.心配だったのは,寸法がmmで書かれていること.だってほら,この国,未だにインチの世界だし.

写真屋でサンプルを見せると,おじさん,アメリカのパスポートの写真サイズと比べて一言「まったく同じだ」.もちろんあっちのはインチで指定されてるんでしょうけど.

考えてみれば,こういうのは国際規格なんでしょうね.パスポート用写真の案内ページにも国際民間航空機関ICAOの勧告に基づく,と出ています.

それならということで,アメリカパスポートサイズで写真を作ってもらい,念のために日本パスポート用のサンプル写真でサイズ確認.アメリカのは正方形なので,余白を切り取る必要があります.

家に戻ってアメリカの写真サイズを測ってみると,5cmの正方形.「へー,アメリカでもこういう国際的な物にはメートル法を使うんだ」と,一瞬だけ関心したものの,よくよく考えたら,これってぴったり2インチですね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Unuseless Japanese Inventions

Unuseless Japanese Inventions

随分前に本屋で見つけてたんですが,七輪料理本の件でふと思い出したもの.日本の珍発明を写真で紹介.爆笑ものです.

Unuselessという単語は多分存在しないと思うんですが,「使えない」くは無いという意味か?

著者の川上賢司氏は,日本珍道具学会の会長さんだそうで,「逆理の発想」という本を出されているようです.

中身をblogに転載するのはちょっとあれなので,表紙だけで雰囲気を味わってください.ラーメンのスープから髪を守るやつ,どう見たって単なるシャンプーハットですよね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

2ドルをめぐる攻防

市の公共料金係から手紙.あけてみると何やら請求書のようです.

記録を調べていたら,未払いの料金が見つかったので,払ってね.

請求額はたったの$2.多分小切手を切る時に金額を書き間違えたんだろうと,ホイホイと払おうとして「ん?ちょっと待て」.住所氏名は正しいものの,アカウント番号が違っています.念のために,以前アパートに住んでいた頃のアカウント番号とも照合してみましたが,やはり違っている.たかが$2ですが,何とも解せないので役所まで出向いて確認することにしました.

係りの人に確認してもらったところ,どうやらこれは以前の住所での未払公共料金3日分.しかも,自分たちが引っ越した後のもの.つまり本来は同じアパートに入った次の住人に対して請求されるべきもの.たかが$2ですが,理不尽な請求を金で解決するほどバカじゃない.そんなもの払えないと突っぱねました.

しかしながら,担当のおばさん,コンピュータに入っている以上は,自分には何も出来ないと言います.じゃあどうするんだと聞くと,上司に相談してくれと.じゃあその上司はどこだと聞くと,食事中だと...

埒があかないので仕切り直し.

翌日,再び市のオフィスに.昨日とは別の女性がいたので,「マネージャと話したいんだけど」と伝えると

「あぁ,あのたった$2の話...」

事務所の中で噂になってたわけね.あのねぇ.金額じゃないんだって.

首尾よくマネージャさんと話ができ,「じゃあ,こちらで何とか処理しておきます」との返事をもらったので,安心して事務所を出…ようとして,再び振り返り,「ちゃんと未払い記録消してくださいよ.クレジットヒストリーに傷がつくと困るから」との念の入れよう.我ながら厚かましくなったものだ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

博士の愛した数式

ここにアクセスした瞬間,ブラウザを閉じた人もかなりおられると思いますが,はい,数学の話です.


Euler formula

以前読んだ小川洋子の「やさしい訴え」がおもしろく,同じ作者の「博士の愛した数式」の文庫本も買っていました.一昨日この映画版がテレビで放映されていたのですが,「博士が愛したのは,この数式」と出て来たEulerの等式.あれ,原作ではこれって限定していたっけ?と思ったものの,本を読んだのは1年程前だし,肝心の文庫本が行方不明なので,確認しようがありません.

映画の中でルート君が説明する,e=2.71828…のNapier数,純虚数i,それに円周率πが組合わさると,あら不思議や-1になる.深く考えたこと無かったです.そういうもんだと長年思い込んで使ってきましたが,改めて言われると不思議な式です.これを不思議と考えるか,天下り的に暗記してしまうかが,数学者への分かれ道なのかも.



sine wave, Fourier Transform

数秘術のような整数の不思議は色々あっておもしろいんですが,小説の二番煎じをやってもつまらないので,僕がパソコンを最初に手にして遊んだ事の一つ.

赤い曲線は正弦波sin(x).これを色々と組み合わせて行くと,不思議なことに緑の曲線のように角張った形に変わって行きます.もっとたくさんの項を加えていくと完全な長方形に.

曲線の組み合わせで直線ができる.組み合わせ方を変えると,三角形にもなります.Fourier級数展開を知っていればあたりまえの話なんですが,自分としては実際に目でみないと納得し難く,計算プログラムを書いてしまいます.これもまた人生の岐路なのかも.

数学を選んだ理由に「町を歩くとき,常に最短距離をとる事を考えていたから」と自己紹介した,高校の数学教師がいました.この人の場合は,何の役にも立たない数式の美しさに魅せられたわけではなく,もっと実利的な理由だったようです(この先生,多分まだ現役なので,匿名希望).

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

図書館所有のちょっと変わったCD

Los Alamosの図書館,小さな町に似合わず立派です.日本語の本もちょっとだけありますが,中国語の本なんかは本棚一面あったり.人口配分を考慮してるのかもしれません.CDもあるんですが,以前借りようと棚を眺めていて結局何も借りませんでした.配置方法がいまひとつ理解できなかったのと,これと言った掘り出し物が無かったため.

クラシック系に限った話なんですが,そもそもここの図書館のCDの品揃えがちょっとアレゲです.Mozart,Beethovenの交響曲はそこそこあるものの,全部揃っているようには見えない.一方で,Shostakovichの交響曲がずらりと並び,Prokofievの3番の交響曲みたいにあまり演奏されることの無いマイナーな曲も.

Bernsteinの交響曲があったり,とどめはメシアン(Messiaen)の,そのタイトル故にクラオタの間でしばしばジョークネタにされる「世の終わりのための四重奏曲」が二枚もあったり.そう,全体的に近代に偏っているんです.

今日借りて来たCDは,Nielsenの交響曲全集.Denmarkの,後期ロマン派-近代の作曲家です.この人の音楽って,4番の交響曲「不滅」しか聴いたことなかったので,ちょっと好奇心.

置いてあるCDの偏りについてですが,一部のクラシックマニアが,自分で買うには気が引けるというCDを図書館にリクエストしたんじゃないか,と家内に話しました.すると…

「自分で買ったけどとても聴けたもんじゃなかった音楽を,図書館に寄付したんじゃない?きっと,ガレージセールでも売れなかったのよ」

一瞬,自分の家の,おそらくは100枚以上はあろう近代現代音楽のCDに心を馳せました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

七輪で出来るアメリカ料理

Hibachi Cookery in the American Manner

図書館の処分本コーナーで見つけた,アヤシい料理本「七輪で出来るアメリカ料理」.初版が1952年で,これは1970年の第23刷なので,かなりのロングセラー.40年前の本なのに,1000円もします.

サラダやアイスクリームのように火を使わない料理も沢山出ているので,なぜ七輪と謳っているのか意味不明.アメリカ料理というのもよくわかりませんが,まあ普通の西洋風家庭料理.

見開き左右に英語と日本語で料理方法が書かれていますが,日本語の方は旧仮名遣いで読みにくい.

訳も古風で,Electric Range が電氣かまどとか,Grapefruitがざぼんとか…

って,グレープフルーツがザボン??


序文が強烈です.抜粋すると...

七輪の上で,アメリカ式の料理を作る事は,この本が世に出るまでは外國人にも日本人にも難しいことであつた.ともかく,それを我々少數の者は,やり遂げたのである.

やらねぇだろ,普通.

七輪をわざわざ日本から持ち帰ったと言われる合衆国の片隅さん,一冊いかがですか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感