自動販売機

自販機天国の日本から見ると,海外諸国の自動販売機はまるで明治時代.この自販機が基本形で,売り物はスナック.お金を入れてA6とかの番号を押せば,ストンと落ちてきます.巨大バージョンもあって,壁一面に商品が並んでいるものも.



拡大図.菓子類がコイルに挟まっているだけ.番号を押すと,そこのコイルがぐるぐる回ってお菓子を一個手前に押し出す.ただこれだけ.

チップスの様な袋菓子類は危険です.たまに引っかかって落ちて来ない事あり.そういう時に皆がやるのは,自販機を揺する傾ける叩く.普通なら防犯ブザーが鳴りだしそうなものです.



こちらはちょっと先進的なもの.m&mチョコレートの自動販売機.道を歩いていて,突然マーブルチョコが食べたくなったときに便利…そんなこと,普通無いけど.



つぶつぶアイスのMini Melts.冬場は意味無く電気を浪費してるだけのような気がするんですが...

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

31F

東海岸往復出張.今回は珍しくAmerican Airlineです.Dallas経由なので往復計4回飛行機に乗りますが,旅行社任せだった座席はどれも31F.全部同じなんて珍しい.

番号からして,後方窓際.根っからの窓際族なので,これはラッキーと,座席変更はしませんでした.

さて搭乗.ずんずん通路を進んでやっと辿り着いたのは最後列から2番目.一番後ろの列に乗客は居ないようで,客室乗務員がそこで昼食中.乗客が搭乗してるんだから,その前に済ませろよ…っていう常識は,この国では通用しない.

それはともかく,自分の場所に着席.窓を見ると何やら物体で塞がれています.そっか,荷物室のドアが開いてるんだ,と納得.でもちょっとおかしい.

よくよく見ると,それはなんとジェットエンジン!

このダグラスDC-9 Super80ってのは,エンジンが胴体後方に付いてるんです.そして,座席31Fはそのエンジンの真横.やがてジェットエンジンが唸りを上げ機体はノロノロと動き始めます.窓側のすぐ外には金属の塊が見えるだけ.片道6時間,この爆音と振動に晒されるのかと思うだけで,もう涙もの.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

週刊誌

日本から仕事で来られた方がここに立ち寄られ,週刊誌の詰め合わせをお土産に持って来てくれました.活字中毒の自分には,この上無い贈り物です.一字一句見逃す事無く,読んでおります.

実はこういう週刊誌,殆ど買ったことがありません.出張かなんかで,1,2度買ったことがあったかなという程度.人が読んでたのをもらったことは何度もあります.歯医者の待合室での時間つぶしに読むことも.ただ自分では買わないだけ.

何故買わないのか考えるに,僕は何でも疑ってかかる性格だからなんじゃないかと.テレビ番組でなんやら説明しているのを見ても「おいおい,それはおかしいだろ」と一人突っ込み入れる性格です.週刊誌に「昨今のガソリン価格の急騰は,悪の秘密結社の仕業である」なんてのがスクープされても,「嘘だぁ」と信じません.まあ,普通信じないけど.



まあそれはさておき,週刊誌以外のお土産の数々.イチゴポッキー,巨大でした.日本の美味しいお菓子類,あっという間に子供らに消費されてしまいました.持って来て頂いて,本当にありがとうざいます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

It isn’t even wrong

飛行機の中でサイエンス系のノンフィクションを読んでいて,ふと目に留まった表現.

It isn’t even wrong.

どっかで聞いた表現だと思って,気になっていました.家に戻って調べてみたら,言い出しっぺは物理学者のW. Pauli.元の表現は,This isn’t right. It isn’t even wrong.「正しく無い.間違いですら無い」.ある理論について意見を求められ,出された言葉.間違いなら,まだ修正しようもあるという意味か.身も蓋も無いとは,まさにこの事.

Pauliと言えば排他原理で有名な人.2つのフェルミ粒子が同じ量子状態にある事を禁じるものですが,簡単に言えば,同性の同居は禁止だが,男女なら許されるといったもの.古い人なので,現代の多様な大人の世界を予想できなかったということか(そういう話じゃ無い).

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Tanger Outlets

New Yorkのアウトレット,行ってきました.Tanger Outlets.有名ブランド直営店がずらっと並んでます.まずはやっぱりPolo.この店だけは特別扱いのようで,駐車場のど真ん中にデンと鎮座しております.

どれも激安で,定価っていったい何?と言いたくなります.シャツやマフラーが$40ほど.日本で買えば5万円はしそうなジャケットが$150ほど.もしかすると,初めから廉価製品として作られてるのかもしれませんが.



こちらもアメリカ定番ブランドCOACH.コーチはSanta Feにもアウトレットがあるので,ここではパス.



ショッピングセンターはとても広く,お目当ての店を探すのも大変.広大な駐車場を囲むようにテナントが並んでいます.人気店は,こういう風に案内があるようですが.

車を停めて買い物.普通なら,そのまま歩いて次の店へ,となりますが,あまりに広すぎて歩くのも大変.結局,車で次の店の近くまで移動するのが楽.



いやもちろん,頑張って歩いても良いんですが...

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

シーフードフライコンボ

New York, Long Islandにある船着き場Port Jeffersonで夕食.ロブスターで有名な店です.1lbいくらで売られてますが,殻付きなので食べる量はさほど多く無いかも.僕はロブスターは苦手なので食べませんでしたけど.

実は同じ店には2年前にも来ていて,その時の記事にも似たようなことが書かれてます.今回もシーフードフライを注文.真ん中の巨大なのは白身魚ですが,何だか良く分かりません.友人はカレイじゃないかって言ってました.手前の丸いのはホタテ,左側は小エビ.

みての通りの分量で,とても食べきれたもんじゃありません.フライの味が続くと飽きて来るというのもあり,半分食べた所でギブアップ.食べ残しをテーブルに置いたまましゃべっていたら,いつの間にか隣に座っていた友人がポリポリつまみ食いしてました.普通「食べていいか?」ってまず聞くんじゃないか.いくら食べ残してるからって…

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感