Albuquerqueの休日

小学校の夏休みも、もうすぐ終わり。週末毎にSanta Feで買い物というのもつまらないので、ちょっと足を伸ばしてNew Mexico最大の街Albuquerque(ABQ)まで出かけることにしました。

Santa FeからABQの間は約100km、写真のように、なーーーんにも無い荒野が続きます。

ABQはここより大分標高が低く(それでも1600mくらいだけど)、おまけに荒野の真っただ中に広がる街なので、暑い時期に行くのは極力避けます。幸い今日は雲が広がり日差しも強くはありませんでしたが、それでもABQに着くちょっと前には、車のエアコンのスイッチを入れました。


最初の目的地は、Rio Ranchoという所にある和食の店、Noda’s。ここで、Moose氏家族と待ち合わせ。本日のお薦め、アジのタタキ丼と鶏丼を頂きました。美味!アジなんて、Los Alamos近辺では絶対に手に入りません。Mooseさん、Nodaさん、ご馳走さまでした!

Noda’sを後にし、Moose家族とダウンタウンの自然史博物館へ。恐竜の骨やらNew Mexicoで取れた化石やらを見ることができます。実際に発掘された骨を復元している部屋もあり、ジュラシック小僧ワクワクの博物館です。

夏休みのためか、プラネタリウムのチケットは残念ながら売り切れ。でも化石だけで満足です。あ、ちなみに石小僧のための「石」もあります。それから銀河娘のための宇宙コーナーも。


ABQまで来たからには、買い物です。ここにはアジア食材を扱う店が幾つかありますが、今日は大林(ターリン)という店へ。こういう店にくるとついつい出て来る悪い癖が、怪しい品探し。今日の収穫物はこれ。

Mr. Bond !

どー見ても、Bossのパクリだよな、これ。えぇ、買いましたとも。これを買わずに居られましょうか。

で、お味の方ですが。。。。缶コーヒーを水で薄めて砂糖を足したような味…かな?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

停電

日本にまだ居た頃、停電と言えば常に台風とセットでした。ゆっくりと北上する台風、その進路予想圏内に九州が入っていると、なんとなくワクワクします。「来てる、来てる」なんて言いながらNHKの天気予報越しに台風召還念力を送り、福岡を直撃した日にゃ、もう窓にかじり付いて暴風雨を眺めていました。被害に遭った人には悪いですが、それでも「非日常」が大好き。

暴風雨となれば、停電。不気味な闇が町を覆います。しかしながら、日本の復旧隊の活躍は素早く、大概は数時間で電気は戻ってきますね。電力会社の友人から聞いた話ですが、台風が近づくと復旧作業部隊が待機し、台風を追いかけつつ停電復旧作業にあたるんだとか。

さて、ここLos Alamos、停電はもはや夏の風物詩とも言える程。夏に落雷が多く、それが停電の原因の一つですが、そうで無くとも停電は突然やってきます。

深夜2時頃、突然フッと明かりが消えました。当然、動いていた2台のコンピュータも、プチっと切れてしまいます。一台はLife in Los Alamosのサイトのサーバになっているもの。データは大丈夫か、一瞬不安が過りますが、心配したところで電気なければただの箱のコンピュータ、どうしようもありません。どうしようもないので、寝ました。夜中の2時だし。

で、翌朝。案の定、システムが立ち上がりません。出勤そっちのけで、復旧作業。なんとか無事に再起動しましたが、その後もあれこれとおかしくなった部分を修正せねばならず、やれやれです。

ところで、ここの停電、街全体の電気が止まるわけではなく、本当に一部の地区だけが停電します。この日の晩の停電でも、谷の向こう側の街灯は点いたまま。今朝あった停電は町の西側地区だけだった模様。以前は、住んでいる通り沿いの家だけが停電していました。先進国にしては、随分と脆弱なインフラストラクチャです。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

開拓精神

家の前庭、西側半分、緑萌える芝生を夢見つつ、蔓延る雑草をスコップで徐々に剥がしてきましたが、あと5m四方を残してgive upしていました。乾燥した地に雑草の根がびっしりと絡まり、とても歯がたちません。

と、そこへ救世主登場。同じ町に住むTさんが小型耕運機を貸してくれるとのこと。こういう機械を個人で持ってるというのもアメリカならではです。とにかく試してみようということで、お借りしました。

エンジンをかけ、さて、ばりばりと雑草を掘り返し…と行きたいところでしたが、敵もさるもの、耕運機は雑草地上部を削るばかりで、一向に地中を掘り返すという本来の働きをしません。この時点で、耕運機利用を半ば諦めかけていました。

でも、ホースで土を湿らせ、ゆっくり同じ所を何度も耕していると、次第に雑草の根もバラバラにほぐれてきます。牛歩とは言え、耕運機が進み始めたら、それはそれで面白いもの。庭の残り全部を耕してやるぞと、元気も出て来ます。


初めは耕運機のエンジン音が近所迷惑かとも思いましたが、もうそんなことは言ってられません。ホースで水を撒いては、ひたすらバリバリと地表を粉砕していきます。作業を始めて3時間。ようやく雑草のカーペットを引きはがし終え、前庭は荒野となりました。

やり始めると熱中するタイプなので、炎天下、日焼け止めも付けずに延々と作業し、気が付けば首から肩にかけて真っ赤です。元々野良仕事でかなり日焼けしていた腕も、黒さ倍増。たまたま訪ねて来たハワイ帰りの友人と、日焼けを競いましたけど、あっちはバカンス、こっちはドカチン焼け。比べるだけ虚しいですな。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

アメリカの音楽

楽譜棚に、John Cageのピアノ作品集が一冊だけあります。何処で買ったのか覚えていないんですが、値段が257となっています。単位が書かれて無いんですが、絶対にドルやユーロじゃ無いでしょう。そんなに高かったら絶対に買ってません。おそらく、シリングかフランか…ちらちらと拾い読みしながら弾いただけで、そのまま本棚で何年も熟成されていたようです。

J.Cageと言えば、「4分33秒」という曲?が有名ですね。「何もしない」音楽。ピアノが弾けなくても演奏できます。こういう企画ものは、やったもの勝ちで、後で他人が真似してもダメ。ちなみにこの曲、「楽譜」もちゃんと売られています。

さて、このCageのピアノ曲集に”A Room”というのがあって、これは今まで愛用していた電子ピアノでは弾くことができません。というのも、曲の最初にちょっとした指定があり、それはピアノの弦に色んな物を取り付けろというもの。長いボルト、太いボルト、1円玉、ゴム等。それからweather strippingなんていう、ドアの隙間を塞ぐやつもあります。

こういうガラクタをピアノの弦に挟んで音色を変えて演奏すると、ベコッとかボコっとか変な音が出て、楽しげな音楽となります(本当か?)。

曲そのものは、8分音符がタラタラと続き、なんだかタイプライターでも叩いているよう。テンポの指定も無いので、どれくらいの早さで弾くのか、さっぱりわかりません。電子ピアノしか無かったので、ボルト無しで弾いてみましたが、うーん、面白いかなぁ、微妙ですな。

やっぱり作曲者の指示通り、ゴムやボルトをピアノにつっこんで弾くべきなんでしょうか。今なら、やれますね。本物のピアノがあるんだから。絶対やらないけど。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

サーチキーワード

webをgeocitiesの無料スペースから独自サーバに移動して4ヶ月、アクセスログファイルもかなり大きくなって来ました。ファイルをつらつらと眺めていると、googleやyahooのサーチエンジンから来ているようなものが結構あるようです。そこで、どんなキーワードで検索するとLife in Los Alamosがヒットしてるのか、アクセスログを集計してみることにしました。ちなみに日本語のみです。

まず一番目に付くのが「ロスアラモス」と「ニューメキシコ」いう単語。当然でんな。意外なのは、サンタフェというのがない事。blogや本家Life in Los Alamos中にサンタフェはしばしば登場するのに、それでここにたどり着いた人は殆ど居ない模様。他に観光ガイドが沢山あるから、当然か。

さて、実はロスアラモスよりも多くヒットしているキーワードがあります。それは、 「除草」 「ライトセーバスプーン」 。除草はまぁ分かります。春から初夏にかけて、草取りばっかりやってましたけど。でも、ライトセーバスプーンって、一回ネタにしただけだったと思うじょ。

以下、変なキーワードの例。

虫さされ跡+写真

おぞましい写真を見る趣味のある方でしょうか。確かに、大量の蚊に刺された写真はありますけど。

midi+ダースベーダ

ダースベーダのテーマ曲をお探しですか?

えいや+実験

「えいやっ」と線を引く話は書きました。でも、えいやっと実験するのは危険です。実験は計画的に。

アメリカで一番高いビル

ロスアラモスの町中で一番高いのは、多分5階建ての銀行。

コンクール+ソナチネ+指定楽譜

さすがにソナチネレベルのコンクールは無いと思うぞ。

愛知県+サイクリング道

愛知でサイクリングしようと思ったらアメリカの片田舎が現れて、さぞ当惑されたことでしょう。

親戚に借金

そーゆー単語は使ったこと無いと思うけどなぁ。。。それよりも、「親戚に借金」を調べてどうするのか、そっちが気になる。

ノートパソコンの画面が

…どうなったんでしょ?すごく気になります。

素人の庭作り

悪かったね、シロートで。。。プンプン。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やってきました

どうせ数週間はかかるだろうと諦めていたピアノの配達、それがなんと本日到着いたしました!

数日前に電話したときには、金曜日に店に着いてそこでチェックし、来週月曜日配送と言われました。が、ほー、そーかいそーかいと聞き流していました。

それが昨日になって、土曜日に配送するって言ってるじゃないですか。最初に出た言葉は「うそつけー」だったもんね。ほんとに。

それがそれが、本当に来てしまったんです。本日。小型トラックが家の前に止まり、運送屋のにいちゃんが玄関にやってきました。開口一番、

「 大型テレビの配達にきたよー」

しばし絶句。。。。気を取り直して、

「 うちのじゃ無いよ、それ…」

「 はっはっは、冗談冗談、ピアノだよ、ピ・ア・ノ!」

おまえなぁ。。。

なにはともれ、河合の一番ちっちゃなグランドピアノは無事居間に据えられ、くだんの超陽気なにいちゃんは、

「 ここんとこ、ひびが入っちゃったけど、気にすんなよー」

と、たちの悪いジョークを飛ばして帰って行きました。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感