Ohioのベーグルショップ

bagle shop

Ohioのとある小さな町、って隠す必要ないですね、Athensというギリシャっぽい名前の町にあったベーグルショップ。なんだか路地裏の様ですが店内です。もしかしたら、二つの建物に挟まれた路地がこうなったのかもしれません。壁一面に落書きがあり、学生街らしい雰囲気がでています。中には日本語の落書きもちらほらと…

レストランとは言っても、実際はスタンド。一番奥のカウンターでベーグルを注文して、あとは勝手に食べる。ファストフードっぽい。黒板には数十種類のベーグルサンドが書かれ、選ぶのも一苦労です。おまけにベーグルの種類も選ぶ必要あり。セサミあり、オニオンあり…

味のほうはGoodで、二度も来てしまいました。この手のサンドウィッチでお気に入りは、BLTと呼ばれるもの。Bはベーコン、Lはレタス、Tはトマトの意味です。

店内の小さな黒板に、We got Naked !という謎かつ意味深な文字。実は、Nakedというのはジュース会社の名前。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

不思議なGoverment Rate

公務員・政府機関関係者が出張する場合、Domestic Per Diem Rate、通称Government Rateというのに従って宿泊費の最高額と日当が計算されます。政府関係者への宿泊費特別割引みたいに思われていますが、実際はそうでは無くて、公費でまかなえるのはここまで、それ以上の場所に宿泊したら身銭を切れということ。

もっとも大概のホテルはGovernment Rateプランを用意していて、結構高級なホテルですらその値段で宿泊できることが稀にあるので、これはやっぱり割引か。部屋数が限られているので、必ずその値段にしてもらえる保証はありません。それに、AAA(日本で言うJAF)割引やオンライン予約の方が安いこともしばしば。

このGovernment Rate(う〜ん長い、なんか適当な訳はないもんか)、都市ごと決まっており、さらに定期的に見直されます。同じNew Yorkでも、Manhattanなら$300くらいまでOK、でも州都であるAlbanyは$100といった具合。ちなみに、ここLos Alamosはたったの$80。

このGov. Rate(略してみた)、海外出張にも適用されます。国毎都市毎に詳細な表があって、当然日本も。今現在、洞爺湖サミットのために、今月一杯あの地域の値段が高騰しており、洞爺湖の宿泊費はなんと$482。

そういう特別な例を除くと、一番高いのは沖縄で$283。やはり観光シーズンを反映してるのか。

第二位がおもしろい。なんと宮崎で、$275。宮崎と言えばやはり新婚旅行で(いつの時代だ)、おまけに夏のバカンスシーズンだから? 宮崎市内で3万円のホテルって、そんなに無いと思うのですが(シーガイヤ?)。ちなみに東京ですら$200です。

宮崎に次いで、倉敷と長崎の$235が続きます。福岡が$179ですよ。判断基準がさっぱり分かりません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

YouTubeで古い歌など

Mamma Mia!映画版の宣伝見て、久しぶりにABBAの曲を聴いてみたくなりました。こういう時にはYouTube。何をいまさら、という話ではありますが。ABBAで検索すると、出て来る出て来る…やれやれ。

“Dancing Queen”あたりは、子供らも聞いた事があると言います。Queenついでに、Queenを検索。”Bohemian Rhapsody“、”Somebody to Love”、”We Will Rock You” 等々、往年のヒット曲がぞろぞろ出て来る。驚いたのが、Queenの歌、うちの子供らが知ってるんです。”We Will Rock You” なんかは、今でも頻繁に耳にしますけど、”I Was Born To Love You” を知っていて、おまけに子供らが歌っていたのには正直びっくり。

聞けば、日本のテレビドラマに使われていたんだとか。そう言えばABBAも日本の番組に使われていたような。30年前のロック・ポップです。”We Will Rock You” は、アメリカのコメディ番組にも出てくるらしい。子供の頃こういう音楽を聞いていた世代が、番組のプロデューサとかになって、自分の趣味とノスタルジーでこういう音楽を使っているんじゃないか。

続いてDeep Purpleを検索。”Smoke on the Water“、イントロだけがめちゃ有名。Led Zeppelin の “Stairway To Heaven“、Billy Joel の “Just The Way You Are“、Elton John の “Your Song” …きりが無いのでやめます。もちろん画質・音質は悪いけれど、何となくちょっと聞き返したくなったときYouTubeは便利。何をいまさら、という話ではありますが。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ライフゲームとProcessing

パソコンを始めて最初に嵌まったのが、所謂CG。当時のパソコンは画面解像度も低くて出来上がりも安っぽいものでしたが、それでも簡単なプログラムが画面に作り出す多彩なパターンに夢中になったものです。最近知ったのが、Processingという言語。簡単なプログラムで、高度なグラフィックスやアニメーションを作る事ができます。早速試してみました。

Game of Life, initial

やってみたのが、ライフゲーム(Game of Life)と呼ばれるもの。昔パソコン上でよく遊んだもので、画面上に不思議なパターンが現れます。ルールは単純で、まずは縦横の升目にランダムに点を打ちます。

次に隣接する点の数によって次世代に生き残るかどうを決めます。死んだ升目は黒く塗り、生き延びた、もしくは新たに生まれた升目は白く塗ります。Processingではsetup()とdraw()という関数で、一定時間毎に絵を描き直すことができます。


Game of Life, final

しばらく画面を見つめていると、おもしろいパターンが色々見えてきます。ピコピコと点滅してるのやら、画面上を這うように動いて行くのやら。固まりが衝突して突然消えたり、小さな固まりが膨らんでいったり。細菌の世界を顕微鏡で覗いているみたい。

動いて行くパターンは、グライダーとか宇宙船と呼ばれます。画面上に現れた小さなグライダーを見つけ、家内に「ほらほら、ここ、動いてるだろ。」と言ったら、

「で?」

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

iPodの置けるラジオ

iPod radio

とあるホテルにあった、iPodを装着できるラジオ。飛行機内に必ずある雑誌Skymallによく載っていますが、実物を見たのは初めて。

ホテルに一人宿泊していると何となく手持ち無沙汰でテレビのスイッチを入れてしまいますが、はっきり言って喧しい。かと言って枕元にあるFMラジオでクラシックチャンネルを鳴らすのも、何だか侘しい。iPodはあるけれど、ベッドでヘッドフォンというのも面倒だ。とかくこの世は住みにくい。

このiPod nanoにはBachからJazzまで節操もなく入っていて、それをシャッフルして聴いています。こんなラジオがあれば、そのまま簡易BGMマシン。さらに、同時に充電もしてくれます。もちろん音質はラジオ程度ですが、少なくとも好きな曲が聴けるのが良い。

自宅でも小型ステレオにケーブルでiPodを繋げるようにしてあり、音楽を流しつつベッドで本を読むなんてのも。音質的には、写真のラジオよりマシとは言え、あまり満足できるものじゃありません。それでも典型的なNo Music, No Life人間なので、そこんとこは気にしないことに。職場でも、パソコン付属のスピーカにiPodを直接繋いで鳴らしています。音楽が無いよりマシということで。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Philadelphiaに行けるのか?

昨日の記事の続き。Philadelphiaの用事は、アメリカ化学会の会合。化け学は全く分野外なのですが、成り行きです。聞けば、とてつもない規模の会合だそうで、数千人が集まるんだとか。ほんまかいな。

それがほんまらしいことを、本日思い知りました。出席登録締め切りが今週末とのことで、急遽ホテルやら航空券を手配。ホテルはアメリカ化学会がすでに大量に押さえているらしく、そこのWebサイトに行けば予約できるらしいです。

でも、こういう時の常。まず、安いホテルから埋まっていきます。$200クラスがずらりと並んでいたのは、ご報告したとおり。昨日は$150程度のホテルがあったので、ここにしようと決め、でも出張手続きがモタツイタのもあって予約は後回しに。

本日、さて予約するかと、再びWebページを開くと、$150が消えています。残ってるのは軒並み$200超ホテル。Ritz-Carltonなんて名前も見えてます。なんと$290!さすがにビビる。職場の秘書さんに

「リッツしか残ってなかったら、ここ予約してもいい?」

と試しに聞いてみたら、返事がありませんでした。 

やむなく選択肢の中で最低金額の$230の所を選び、名前やらクレジットカード番号やらを記入。かなり緊張します。一泊2万5千円です。

全部入れ終わって、[予約]ボタンをポチ。っと…

ERROR。管理者に連絡ください、ごにょごにょ

気を取り直して最初からやり直し。ホテル一覧のページを表示してっと…あれ?

なんと、さっきは無かったHotel Courtyard by Marriottが出ています。結構高級なチェーンですが、ルームレートは$180!間髪を入れずに予約ボタンを押しました。キャンセルが出たんでしょうか?なにはともあれ、アンダー200で予約出来て幸いです。

リッツに比べれば安いとは言え、一泊$180はやっぱり高いです。この記事を書きながら、念のためにもう一度ルームレートを確認してみたら、また変化があるようです。リッツ一泊$210。え?!あと$30プラスで、あのリッツに泊まれたの?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感