終りのジャン

なかなか終らない交響曲ってあります.終楽章一番最後,盛り上がった末に「じゃん」…しばらくしてまた「じゃん!」,おまけに「じゃん,じゃん,じゃん」,とどめに「じゃーーーーーん」っていうやつ.Beethovenの交響曲の最後でお馴染みですね.このじゃじゃーんが何回あるのか,Beethoven全交響曲で調べてみました.

  • 交響曲第1番
    C durの分散和音で下りて来た後に最初のジャンがあります.それを含めて全部で7回.内2回は属和音.
  • 交響曲第2番
    D durのT和音6回.案外あっさりと終ります.
  • 交響曲第3番「英雄」
    これはどこからオシマイと見るのか,ちょっと難しい.一番最後のEs durの音階を上った後のジャンから数えると,たったの3回.sempre piu fからだと,なんと38回も叩きつけがあります.
  • 交響曲第4番
    低音弦楽器がB dur音階を下るところから6回.偶数番交響曲はアッサリ系.
  • 交響曲第5番「運命」
    これもどっから数えたらよいのかイマイチ不明ですが,スコア最後のページだけなら8回,sempre ffからだとなんと49回,
  • 交響曲第6番「田園」
    少ないです.2回.田園ですもん.
  • 交響曲第7番
    属和音を執拗に反復してA durで終結するまで,23回.くどい音楽.
  • 交響曲第8番
    一番多いんじゃないかと予想していた曲.480小節から29回.但し三連符続きの小節を1と数えています.これをバラバラに数えると51回で,運命を抜いてトップ.
  • 交響曲第9番
    えーっと,数えられません!聞こえ方からすると,一番最後の「タタタタタン!」で5回とも言えなくもないですが,その前のあたりからずっとドンチャン騒ぎになってますので,はっきりと「ジャン!」とは聞こえませんねぇ.

こういった終止法での横綱級はなんと言ってもG.Mahlerでしょう.1番の交響曲なんて,終りそうでなかなか終らないという状況が延々と続きます.一番最後の「じゃん」は17回.3番の交響曲では「じゃん」という歯切れの良いアタックはありませんが,13小節に渡ってD durの主和音のffが続きます.一番最後のDの音には,フェルマータが付いているだけでは足りないと思ったのか,Lange というドイツ語の指示まで付いています.

この3番の終結をパクったと言われる(?)D.Shostakovichの5番の交響曲はもっと強烈.練習番号131から始まるD durの属音Aが,まるで耳なりのように33小節も続きます.弦楽器の人達は楽勝ですね.ずーっとラを弾いてればいいんですから.もっともポジション高いです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

空港でごねる

空港のチェックインカウンターにて。

チェックインする荷物には重量制限があります。飛行機会社によって違うんですが、大体一個当たり20-40kgというところ。これを超える分は超過料金を取られるんですが、以前はさほどうるさく言われなかったと思います。少々超えていても、ちゃっちゃっとタグを付けてチェックイン終了という感じ。

それが昨年あたりから重量に厳しくなったようで、チェックインカウンターで重量オーバーでもめているのを何度か見かけました。最初のやつは成田空港。なんやら男女数名のグループがJALのおねえさんに大声で文句を言ってます。

どうやら、手荷物の重量が制限を越えており、追加料金が必要と言われているよう。問題は、以前全く同じような手荷物で同じ飛行機会社を使ったのに、その時は何も言われなかったということみたい。

ルールは変わるんだし、少なくとも問題は客の方にあるんだから、文句言っても始まらないとは思うんですが、そういう情報を徹底していなかった旅行社にも問題ありますよね。

一昨日福岡空港で同じ光景を見かけました。重量オーバーしたスーツケースを前に、ANAの職員と客が押し問答。この客、制限重量は全世界同じだと言いはっており、こっちは内心「おいおい、それは違うだろ」と思ってたんですが、さすがANAのおねえさん、それを軽く受け流して対応しておりました。こういう職種って、ストレス溜まりますよね。

客にしてみれば、超過料金は払いたくない、でも荷物を減らすには送り返すしかなく、それはそれでお金がかかる。どうにもならないジレンマに、飛行機会社に八つ当たりするしかないという心理なんでしょう。

言った所でどうにもならないんですけどね。日本の航空会社で良かったと感謝すべきです。もしアメリカの航空会社なら、文句言っても無視されるだけで、チェックインを受け付けてもらえず、飛行機にすら乗れないなんていうオチになりますよ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

結果発表

年末年始を慌ただしく日本で過ごし、ついさっきアメリカの自宅に戻ってまいりました。door-to-doorで28時間はやっぱり疲れます。東京-Los Angelesだけだったら10時間もかからないのに…。まあ田舎暮らししてる自分が悪いと言えばそれまでですけど。

で、表題の「結果発表」。なんのこっちゃという話ですが、飲んだ食ったの10日間の結果でございます。発表、2kg増加!ダイエットせねば。。。。うぅぅ。

それ以上に、ここ数日upし続けた食べ物の写真、アメリカに戻って改めて見直すのがちょっと辛いです。今度モスバーガーが食べられるのは、何時の事やら。

今回の戦利品です。なんかあんまり和食材に執着しなくなってきたんですが、それでもかなりありますね。中にはAlbuquerqueで買えるようなものまで運んで来ましたけど、こっちで買うと値段倍だし。子供のおやつが大半を占めているような気もしますけど。

写真左手奥のピエトロのドレッシング、福岡人はこれが無いとサラダげな食えん、というやつ。今では東京でも売ってるようですね。


今回の最大の時間つぶしだったのが、これ。「動物のお医者さん」はすでに何冊か持っていたので、その残りを買い足したもの。「のだめカンタービレ」、面白いよという話をあちこちで聞いていたので、試しに何冊か買ってみたところ、なるほどこれは読み始めたら止まりません。結局13巻まで全部買い、家族皆で読みましたデス。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

恐竜とお好み焼き

買い物してるか食べてるかの今回の日本帰省ですが、唯一観光らしいことをしてきました。北九州八幡のスペースワールド。小さな子連れなので絶叫マシン系はダメなんですが、それでも遊園地遠足気分を楽しんできました。子供たちがめいっぱい回すコーヒーカップなんて、親の方が絶叫していたほど。

まだ正月だったせいか入園者の数も少なく、どのアトラクションも待ち時間無しで入れます。12000円のファミリーフリーチケットというのを買って入園したんですが、十分元は取ったと思う。

それにしてもスペースワールドさん、どーしてJCBしか受け付けないんだ。世界に通用するテーマパークを目指すなら、とりあえずVISA, MASTERは基本でしょ!

実は本当の目的は、スペースワールド横で開かれている恐竜展なのだ。これ、日本に戻る前からチェック済みでした。有名なT-RexのSueが日本に来ています。元恐竜小僧としては、これを見逃す手はない。はいはい、そこの人、「石小僧じゃなかったんかい」というつっこみは無しね。

昨年末Chicagoに出張した時に、Sueが近くの博物館にいると聞きました。結局見に行く時間は無かったんですが、行かなくって良かった。その時Sueさんは日本出張中だったんですね。Chicagoから遠く離れた九州の地で、お会いすることができました。


遊園地の写真だけでは何なので(って、何なんだよ)、お好み焼き。客席の鉄板で自分で作るタイプのお好み焼き屋さんです。

お好み焼きも地方によって様々ですね。これは福岡で基本の形。野菜と具、水溶きとき小麦粉に混ぜて焼き、トッピングは青海苔、鰹節。鰹節がフワフワと踊ります。好んで食べていたのは広島風。薄くした生地と薄焼き卵の間にキャベツたっぷり、それに焼きソバ等を挟みます。かなり満腹になります。

学生の頃、近くに広島風お好み焼き屋があり、夕食代わりによく食べに行ってました。高度なテクニックを必要とする広島風を自分で作るのはちょっと無理なので、ここでは店のオヤジが作ります。

広島風お好み焼きのソースは、オタフクソース。その店で初めて知りました。今回の買い物リストにもしっかりと入っています。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

福岡近郊銘菓

福岡と熊本の県境近くにある大牟田、そこの銘菓、草木饅頭です。草木は地名で「くさき」と読みます。一口サイズの小さな蒸し饅頭で、中はあっさりとした甘さの白餡です。

中に入っている栞によると、3日以上保存する場合は冷凍しておけば良いそうですが、食べるときに、焼く、揚げる、蒸す、もしくは「冷凍のままで」なんだそうです。冷凍饅頭、夏場に試してみたいかも。


セブンイレブンのレジ横にたくさん置いてあった、きなこもち。人気商品なのかと思い買ってみました。多分、TAMAさんが以前書かれていたのと同じものだと思います。

これ、きな粉味のチロルチョコなんですね。「チロルは10円」のキャッチフレーズでお馴染み、チロルチョコ。年ばれ覚悟で言うと、昔のチロルチョコは今の3倍の大きさで10円だったのだ。

北九州南部に昔本拠地があった千鳥屋が出す饅頭は千鳥饅頭、で、洋菓子にチロリアン(千鳥→チロリ!)。同じ福岡ながら、チロリアンとは何の関係もないのがチロルチョコ。昔、商標でもめたとか。

今じゃ東京銘菓と勘違いされる「ひよこ」も、元々は福岡。福岡(というか炭鉱で栄えた地方)は菓子メーカーが多いのだ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

New Year Mos

大晦日の晩、岩城宏之指揮のBeethovenの交響曲全曲演奏会なんていうのがあってたもんで、ついつい最後まで見てしまいました。第9が始まったときにはもう年が明けてましたよ。除夜の鐘代わりにニ短調の第一楽章。

今これを書いている元旦の夜は、ウィーンフィルのニューイヤーコンサート。今年の指揮者はマリス・ヤンソンス。途中、携帯電話を使った演出は笑いました。TV画面は恒例のアンコール「美しく青きドナウ」が始まったところです。一度ナマで聴いてみたいもの。

「日本の食事」シリーズ、元旦のメニューと言えば勿論おせちですけど、おせち料理の写真をドーンと載せるのも芸が無い。ニューイヤーコンサートを聴きながら食べてたのは、実はこのモスバーガー。

モスバーガーそのものよりも、あっさり系アレンジ物が好きです。フィッシュバーガーとかチキンバーガー。好き嫌いの分かれるモスライスバーガーも、日本に居た頃はよく食べていましたね。特にキンピラ。今でもメニューに残っているのが嬉しいです。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

年越し蕎麦と雑煮

餅大好きなので、当然お雑煮も大好物。正月でなくとも、餅があるなら雑煮でしょう。全国各地で色んな雑煮があるそうですが、博多雑煮の特徴はカツオ菜という野菜を入れること。写真、緑色のホウレン草みたいなやつがそうです。味もホウレン草にちょっと似ています。

このカツオ菜、学生の頃に研究室で鍋をやったとき、鍋に入れてみたんですが、アクがやたらと出て失敗でした。その時、居合わせた先生が「この葉っぱ、うちの庭にたくさん生えてるぞ」と。雑草ですかい。

その他の具は、蒲鉾、椎茸、鶏肉など。地域だけでなく、それぞれの家庭の味ってありますね。

雑煮と数の子、それに黒豆。これだけで正月の気分。なぜかコンビニおにぎりも写ってますけど。

2005もあと30分(12月31日23時30分現在)、年越し蕎麦のお時間です。蕎麦の薬味に何を入れます?一味唐辛子、七味、New Mexicoならハラペーニョにグリーンチリって、さすがにそれは無いか。

温かい蕎麦にぴったりなのは柚子胡椒。柚子の香りにピリッとした辛みが効いています。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感