Venezia旅行記

朝5時に起床。Cincinnati、New Yorkと飛行機を乗り継ぎ、やっとこさVeneziaに到着しました。滞在中のホテル、ネットの環境がいまいちで、わざわざロビーに降りてこないと無線LANにつなげません。おまけに有料だし。お返事等は遅くなると思います。すみません。

Veneziaの空港は小さいながらも国際空港。イミグレショーンが目の前にあるのを見て、あわててパスポートを取り出しました。ヨーロッパ人の同僚がEU用の窓口からスイスイと入国するのを横目に眺め、長い列に並びます。もっとも入国審査は簡単で、10分も待たずにイタリアの土地を踏むことができました。

水上バスで空港からVeneziaの中心街San Marco広場まで移動します。海から入るVeneziaも中々おつなもの。映画「ヴェニスに死す」の冒頭を思い出します。


今日日曜日は特に仕事も無いので、ホテルにチェックイン後、街中をうろうろしました。この町の面白い所は、簡単に迷子になってしまうこと。絶対にこっちだと思って
歩いていると、正反対に出たりします。所どころにSan Marcoというサインが出ていますが、ついつい小さな路地を探検したくなります。路地から路地をさ迷い、突然視界が開けてSan Marcoに出たときは、巨大迷路をやっと抜け出した気分。

ホテルはゴンドラ乗り場のすぐ横。窓の下の運河には、ゴンドラの順番待ち客が並んでます。それにしてもこの服、どっかの運送屋さんみたい。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

しか

昼間、家の庭にひょっこり現れた鹿。折角生えて来た桜の新芽を食ってしまったのは、こいつに違いありません。

「おい、そこのでっけぇの」
「あっしでしか?」
「おめぇ以外に誰がいるってんだよ」
「へぇ、あっししかおりやせんねぇ」
「おめぇ、こないだ、うちの桜の葉っぱ、齧っただろ」
「うーん、たしかそんな事もあったっすねぇ」
「なーにが、たシカだよ。おかげで、折角の桜の苗木、丸裸じゃねぇか」
「いやー、しかた無かったんですよ」
「なにがだよ、理由を言ってみろ、理由を!」
「ですから、その訳は、かくかくしかじかと。。。」
しかじゃ分かんねぇよ、しかじゃ。」
しからばですねぇ。。。。」
「俺のしたばらの話はいいんだよ。そのうちダイエットするから」
しっかり運動した方が、いいっすねぇ」
「ほっといてくれ…って、いまの、ちょっと苦しく無かった?」
「えぇ、これしか思いつかなかったんですよ」
「おめぇも大変なんだな。でも、葉っぱ食べちゃダメなんだぞ」
「おしかり、ごもっとも」
「反省してるように、見えないぞ」
「たしかに」
「………」
「………」
「おい…」
「なんでしか?」
「この会話、落ちは無いのか?」
「落ち、なしか…」
「このまま、終わってもいいのか?」
「さー?どーでしかねぇ。。。」
「期待されてるんじゃ無いか? 誰からとは言わんが」
「こころなしか、それは感じるっすねぇ」
「どうしよう」
「あきらめてもらうしかないっしょ」
「そうだな」
「それしか
そうだな
それしか
そうだな
それしか

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

時差にうっかり

来週一週間、ヴェネチアで仕事です。こういう海外出張、飛行機の切符の手配は職場がやってくれるので、日程を職場のトラベルオフィスに伝えるだけです。このオフィス、さすがにプロで、一番安い切符、それも最悪の座席指定をやってくれます。なので、自分で切符を手配する人も多いとか。

ホテルの方は、大概自分で探してくるのですが、こういう時に便利なのがネット予約。宿泊料金一覧を見ながら、別ウィンドウでは同じホテルに滞在したという旅行記を探してホテルの雰囲気をチェック。今回も、こんな風にしてちょっと良さげなホテルのディスカウント価格を見つけ、予約しました。

ホテル予約は2ヶ月程前の話。そのまま時は流れ、出発はいよいよ明後日です。職場から貰った飛行機の旅程表とホテル予約確認メールを読みながら、あれ!?

ここからヨーロッパに飛ぶと、往路では1日損をし、復路で1日得をします。ここを土曜日に発つと、ヴェネチア到着は日曜日となるわけです。ところが、ホテル予約は、なんと土曜日から。日にちが変わることを忘れてました。

一日分キャンセルしようと思ったら、このホテル、予約変更は3日前までとなっており、時遅し。ドタキャンは、ペナルティを取られるみたい。でも、一日遅れで行って、その先の宿泊全部キャンセルされてはたまらない。なんとかならんもんかな。

国際線に乗ったときに、同日着なのか翌日着なのか、いつも混乱します。実は前にも同じポカをやったことがあり、ヨーロッパのホテルに到着すると、「予約は無い」と言われ、そんな筈は無いとよくよく確認すると、翌日に予約を入れてたとか。なんか海外に行ってるという緊張感、ありませんね。

何はともあれ、8年ぶりのヴェネチアです。ネット環境があれば、旅行記など書くかもしれません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ロールアップス

このビニールシートのような物、うちの子達お気に入りのお菓子です。変に毒々しい色をしたものが多いアメリカの菓子ですが、これはその代表株。色のバリエーションも色々です。

印刷されているヘンテコな模様、これ、舌に乗せると絵が転写されるというもの。ベロに足跡やら骸骨やら自動車の轍やらが入れ墨のように付いて、ちと不気味。普通に食べるだけでも、舌が青くなったり…


ロールアップスという名前で、パッケージにはクルクルと丸められたシートが入っています。味はチューイングキャンディーとかグミみたい。。。。なんだそうです。アメリカのお菓子にしては、味はまあまあ。。。。なんだそうです。

食べている姿は、ビニール袋かじっているようにしか見えません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

CDコレクション

クラシックファンがCDを買い集めるのに、幾つかパターンがあります。あまり重複せず広く色々な曲のCDを買う人、一つの曲で違った演奏のものを買い集める人、一人の演奏家や一つのオーケストラに惚れ込んでそれらの演奏を蒐集する人、等々。自分が知っている音楽ファンの蒐集癖は、そこまで極端で無くとも、大体これらのパターンのどれかに近いものでした。

同じ曲/違った演奏のパターンは、色々な演奏のものが売られているのが前提なので、クラシック音楽の中でも王道を行く選曲となります。僕の知り合いは、Brahmsの第4交響曲やSchubertの7番を10枚以上持っていました。その他の枚数は聞きませんでしたが、おそらく田園や第9なんかも、かなりの数を揃えられているんでしょう。

「広く色々」派の中には、全集マニアがいます。Beethovenの交響曲を全部持ってないと気がすまない、とかそういったやつ。Brahmsは交響曲が4曲しかないので簡単ですね。Mendelssohnは5曲、Honeggerも5曲、Rousselは4曲、Schumannも4曲、この辺の作曲家の全集も簡単に集まりそうです。もっともHoneggerやRouselの交響曲のCDは、普段あまり見かけないと思いますが。

Shostakovichの15曲あたりになると、ちょっと聴くのが苦痛なのも含まれますが、全部持ってないと落ち着かないので、仕方なく購入します。

Schubertの初期の交響曲:ちょっと印象が薄いですけど、全集として買っておいて損は無いでしょう。

Mozartの20番以前の交響曲:神童を知る上で、聴いておいても損は無い…でも投資するほどのもんかなぁ。。。

Haydnの100曲以上ある交響曲:買っても絶対に聴かないな。

というわけで、Haydnに負けた私でした。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

サーバメインテナンス

唐突ですが、Life in Los Alamosサイトサーバのメインテナンスを行うことになりました。

で、もう終わりました。日本時間の土曜深夜にアクセスされた方、繋がらなかったでしょ? 悪いのは全部僕です orz

度重なる停電。サーバを再起動する度に何かとトラブルが起こるようになりました。どうやら内蔵電池切れのようです。普段はコンセントに繋がっているコンピュータも、実は中に電池が入っているのです。

写真のサーバはPentium4, 2.6GHz。2年前に作ったパソコンですが、性能的には結構良いものです。ふたを開け、電池交換のついでに内部に溜まった埃を掃除機で吸い取ります。また停電があってもすぐに再起動できるように設定しなおし、こちらの作業は完了。


もう一つのトラブル。ネットワークケーブルが、どうやら接触不良のようなので、RJ45コネクタを取り替えます。古いコネクタをパチンと切り取り、ケーブルの先端を剥がして新しいコネクタを取り付けるわけです。

10Base-Tのケーブルの中には、ご覧のように8本の線がよじれるように入っています。まず所定の長さまで被覆を剥がし、決められた順番に並べて…

と、ここで問題発生

順番を忘れた!

Ethernetケーブル作り、昔頻繁にやってたので、チョイチョイで終わると思ってたら、8本線の並べ方は完全に忘却の彼方です。

でも心配無し。こういうときは、ネットで調べれば良いんです。googleで検索すると…


インターネットに繋がらない!

。。。って、さっき自分でケーブル切ったやんか orz

仕方なく、さっき切り落とした古いコネクタを分解して、線の並べ方を調べました。8本の線を平たく並べ、先端を切りそろえてコネクタに差し込みます。写真に写っている青い特殊な工具でコネクタを固定して出来上がり。何故、こんな工具を持っているのかは秘密。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょい緑

耕運機まで使って開拓し、芝の種を蒔いた前庭西側。無事、芝も発芽し、全体がうっすらと緑色になってきました。雨が降れば多少の凸凹は均されるかと思ってましたが、実際には雨のために凸凹が余計酷くなってしまい、蒔いた種も一部に偏って発芽しています。薄くなってしまった所は、もう一度、種を蒔くほかありませんね。

今年の春からずっと育てている東側の方も、大体生え揃ってはいるんですが、むらあり、凸凹あり、禿げありで、写真を出すのをまだ躊躇しております。

蒔いている種はトールフェスクというやつで、一番育てやすいという単純な理由で選んだもの。実際、雑草のようなもんです。それでも茂ってくれば、それなりに芝生っぽくなってきます。芝生っぽくなると、何故か近所のポチ君たちが中に入りたがります。

斜向いの家のチャウチャウは、何故かうちの芝生が大好きで、散歩の途中飼い主が懸命にロープを引っぱってるにもかかわらず、必死に芝生の上に乗ろうとする困りモン。自分ちの前庭も芝になってるのに、なぜか「わざわざ」うちにの芝生に乗って、
挙げ句の果てにオシッコしていきます。で、「へっへーん、やっちゃったもんねー」と得意げな顔して去ってゆく。

そうすると今度は別の家の、放し飼いパグがチョコチョコやってきて、同じ所にオシッコ。外に出て怒っても、しらーん顔。もーおまえら、なんでわざわざうちに来てオシッコするんだ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感