薄くちまちまと食べます

福岡の千鳥饅頭のお菓子,チロリアン。子供の頃からず〜〜〜〜っとあるんですが,バニラ,ストロベリー,チョコ,コーヒーの4種類が基本。僕はもっぱらコーヒー味を攻めていた記憶があります。

そんなチロリアンの九州版。もともと九州銘菓なのに,さらに九州版というのもよく分かりませんが,博多あまおう,宮崎マンゴー,それに八女の玉露味の詰め合わせです。

どれも味濃い目,なかでもあまおうはかなり来ます。その後に食べたマンゴーの味が分からないくらい。

ところで記憶が確かなら,チロリアンの筒状部分を薄く剥ぎながら食べていたような。最後クリームだけになったら,どうしてたんでしょうね。薄く剥ぎながらと言えば,ヨックモックもそんな食べ方していました。チョココロネも,渦巻を解きながら食べていました。ドーナツも周りから食べると,最後に虚無だけが残ります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだ冬への準備不足でした

さほど寒い日があまりなかったせいか,普段の通勤の服装はシャツの上にジャケットひっかる程度ですませていました。一応秋になって衣替えはしたものの,入れ替えたのはシャツのみ。家の中ではTシャツ短パンだし,それでさほど困らない。

とは言え,氷点下が続くようになると,ジャケットだけでは寒く,セーターも必要になってきます。でも今出しているのは,セーターとカーディガンがそれぞれ一着のみ。先月のNew York出張で急遽引っ張り出してきたものです。

さすがにこれじゃ組み合わせが底をつきますので,今週末あたり防寒着も出さなければ。

ところで自分で言うのもなんですが,同じ職場では,僕は結構まともな服装で通勤している方です。僕以外にジャケットを着ているのは,おしゃれで有名な欧州紳士ひとりのみ。あとはTシャツの上にパーカーだの,毎日変わらぬジーンズにセーターだの,そんな人ばかり。日本の大学の先生達のほうがずっとフォーマルです。分野によりますけど。

ただそんなカジュアルな環境ながらも,注意深く眺めていると,やはり欧州西側出身者はやや服装にお金をかけている傾向があるっぽい気がします。先程の欧州紳士は実は東欧出身ですが,イタリアと縁が深く,きっとそこでファッションセンスを磨いたに違いない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

出張費をなるべく安く

海外出張の申請を出しておいたら,旅行オフィスからチケットが高すぎるとの連絡。僕が出したDelta航空の旅程のチケットは$4000以上するそうで,半額のAmericanにしてよいかという問い合わせです。

エコノミークラスながらも払い戻し可のチケットだったようですが,40万円出す意味はありません。ほとんどビジネスクラスの金額です。

すぐにそんなチケット買わないでくれとの返事を出しておきました。既にチケットは自分で押さえています。払い戻し不可ながら値段は$1000程度。万が一出張キャンセルになれば,そのリスクは自分に跳ね返ってきますが,だからと言って数倍の金額を払うのはちょっとねぇ。

そして今度は国内出張。$300程度のチケットが最安値だったのですが,何故か購入不可になっています。なにかのトラブルかと思ったのですが,どうやら座席指定の無い格安チケットだったらしい。空港まで行っても乗れない可能性があるということか。さすがにこのリスクは取れません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

そんなキリコを探して

切子と言えば,江戸切子や薩摩切子が有名ですが,友人の結婚祝いに博多切子を送ろう,ガラス製品は割れたら縁起悪いけど,ペアのワイングラスなんて良いんじゃないかと思います。

グラスならデパートに行けばあるだろうと,福岡のデパートへ出かけたものの,何故か地下食料品売場に足を踏み入れてしまい,そこから出る方法が分かりません。とにかく上の階に上がらなくては。

ようやくエスカレータを見つけ,その隣にある売り場案内を見ようとして,やっぱりやめておきました。看板に頼るのはよくない,自力で探そうと。

エスカレータを登って一階に上がったら,なんとそこは建物外です。野外につながってるエスカレータだったらしい。キッチン用品はもっと上の階のはず。上の階にはどうやって行くんだろうと建物を眺めてみたら,デパートと思っていたのは郊外によくあるショッピングモールです。

こんなとこじゃ,高級な博多切子は売ってないだろうなあ。でも中に入らないことにはどうしようもありません。今度は入り口を探すも,それが見つからない。

迷っているうちに,目が覚めました。夢だった。

どんな意味の夢ですかね。そもそも博多切子なんて存在しないし。たぶん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

今年は暖冬,ただし今のところ

大雪で大わらわした昨年の冬ですが,今年はどうやら暖冬のようです。気温はそこそこ低いものの,雪というより雨。町中の池も凍っていません。

雪かきの重労働からは開放されていますが,まだまだ先は分かりません。一番気温が下がるのはクリスマスの頃。最低気温マイナス20度までいく年もありますので,その時期にどれだけ気温が下がるか,そこが暖冬の見極めどき。見極めなくていいんだけど。

昨日は雨で外出もままならなかったものの,今日は青空が見えていたので,ジョギングにでかけました。

軽く一時間走るだけなのに,いつもよりもキツく感じたのは,少々運動不足気味なせい。冬は日没も早く,週末くらいしか走れません。仕事を早めに切り上げて軽く走った後,夜自宅で仕事という手もないことはないんですが。働き方改革しなくちゃ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

大学関係のお付き合いは続きます

13日の金曜日,今日は朝からずっとミーティングでした。Michigan州立大学からの訪問客があったので,その対応一切合切を若者に丸投げ。発表形式にし,議論時間を設け,カフェで軽くランチ,さらに実験施設の見学会。しっかりと接待してくれました。

ちなみにその若い衆,そこの大学の卒業生なので,お客さんは自分の元先生なわけ。順当な人選です。

仕事柄,大学関係者との付き合いは多く,そこの卒業生が今では同じ職場という状況も珍しくありません。良い人材を採用しようと思ったら,大学と仲良くしとくのも作戦の一つ。

嘗ての学生が同僚ならまだマシ。下手するとお役所勤めになって,お金を僕に回してくる立場になったりもするので,微妙な距離を保ちつつの付き合いとなります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感