触るなよー

先週あたりから,簡単な作文のはずなのに,とんでもなく面倒なことになって時間を食い潰しております。

外部の数名と共同作業で作文しているのですが,困ったことに訳あってネットに原本を置けない。仕方ないのでメールでやり取りという,古典的な方法を採ってるのです。そうすると修正がかち合って,もうワケワカラン状態に。

同時に書き換えられたら追跡不可能になります。まず一人に原稿を回し,それが返ってくるまで,

触るなよー,絶対に触るなよー

と言ってるのに,触ってるやつがいる。

「ううん,関係ないとこをちょっといじっただけだよ」

と言うから安心してたら,全然関係なくない!全員の意見を取り入れるには,今夜は遅くまでかかりそうです。まいったなこりゃ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

凍結は想定外

お隣の州が大変なことになっております。一刻も早く電気水道が復旧することを願っております。極端な寒波で水道管が凍結,ここは-20℃まで下がることもあるのでそれなりに対応していますが,あちらは想定外のことだったんでしょうね。

小学生の頃,水道管の凍結というのを体験しました。台所の壁の向こう側に水道管が剥き出しな家屋なんだから,そりゃ凍るでしょう。九州じゃそこまで気温は下がらないだろうというところに,想定外の大雪の夜。

その晩,僕は自宅に一人で,水が出ない状況に,何を考えたのか,ストーブの上のヤカンにせっせと雪を入れてとかし,ヤカンいっぱいのお湯を作ってました。それを水道管にかけて凍結をとかそうとしたのかどうかは定かではありません。

やがて母親が帰ってきて,お湯あるよと言ったものの,それをどうこうしたかの記憶もありません。ただ,雪の中にどうやら小石が入っていたらしく,空になったヤカンがカラカラと音を立てていたことだけを覚えています。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

彩雲,いいことあるかも

夕方の空,太陽に雲がかかってちょっと肌寒いなと見上げたら,雲の端が色づいてます。彩雲です。ここで見かけるのはちょっとめずらしいと思うのですが,注意して見てないだけかも。

画像処理してるようにも見えますが,そんなとこありません。まさにこのまま。

拡大したのがこちら。

印象派の絵のような彩雲,何かいいことあるかもしれません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

白いスパゲッティ

昔,ケーブル類といえば,部屋の片隅で目立たない黒が定番だったと思うのですが,某社の戦略で白だらけになってしまいました。しかも某社のせいで,コネクタが大混乱。

写真に出した3本だけでも,

USB-C <-> USB-C

USB-C <-> lightning

USB-2 <-> lightning

これ以外にも,USB-2(メス)から USB-C,へ, USB-CからUSB-2へ,lightlingからヘッドホンジャックへ。どこれもこれも,なんらかの需要があるので,これ全部Macbookケースのポケットに突っ込んでおります。

全部白,おまけに両側が微妙に違うだけなので,必要なケーブルを取り出すには,スパゲッティの選別が必要。もっとも,使うたびにくるくる丸めておけばこういう困難もないのですが,めんどくさいんだもん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

上はジャケット,下短パン

先月だったか,研究会発表会の司会やってくれという依頼がやってきて,さほど深く考えずに了解。僕が関係するような会合なら,だいたいカジュアルなものばかりです。しかも大学関係という話なので,発表は学生さんでしょう。

今朝も冷え込んだので,寝間着Tシャツの上に綿シャツをひっかけて会議にログイン。そこで見た講演者,それは

スーツ!

え,まじですか?! 背後こそ自宅書斎のようですが,かっちりとネクタイ締めてらっしゃいますよ。

続く数名も,皆さんジャケット姿。学生の講演と思ってたら,どうやらそのボスが出てくるものだったらしい。こんなにフォーマルな会議だとは思いませんでした。

自分が座長するセッションでは,さすがに顔出さないと様になりません。こりゃやばいと急遽シャツのボタンをとめ,ジャケットを引っ張り出して来ました。上着なんてずっと使ってません。

ちなみに見た目フォーマルなのは,もちろん上半身のみ。下は短パンに裸足。で,思ったんです。スーツ姿の大学教授,あれももしかして上半分だけだったんじゃないか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだあった変なアクセント記号

アルファベットってたったの26個,ひらがな・カタカナ・漢字あまたの日本語に比べれば簡単なものです。そう思っていた私がおりました。

アルファベットの鬼門,それはアクセント記号。

ドイツ語のウムラウトUmlaut,フランス語のヒゲ,セディーユCedille,そういうのはちょこちょこと使うので,どうやって出力するのかはすぐに分かります。でも諸国の個人名に出てくる変な記号は,もう斎藤とか渡辺の変異体組み合わせの世界。

今日も不思議な文字に遭遇しました。aの下にセディーユみたいなヒゲ。なんだこれ?

おそらくは東欧の名前の一部,ポーランドとあたりを付け,ポーランド人の友人に「この記号,どうやって出力するの?」と聞いたところ,

「ああ,それは難しいんだ。あーしてこーして...でもしダメだったら,

ポーランド語キーボードをMacにインストールして...」

それは解決になってるのか?

調べてみると,これはオゴネク,ポーランド鉤と呼ばれてるそうな。それが分かったところで出力できないんですけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感