コロナ禍の日本帰国,車あります

レンタカーを月借りするつもりだと従姉妹に言ったら,うちに使ってないのがあるよ。保険も無制限ということなので,ありがたく使わせて貰うことにしました。車があると本当に便利です。

ちょうど今週祭日もあるし,長距離車を走らせる予定もありました。じゃあそのついでに従姉妹と温泉でも行こうかとなり,でも念の為あっちの親,つまり叔父叔母にも聞いたらやっぱり来るとのこと。そうなると温泉無しのドライブとなります。

行き先は九重。前日からの雨が山を少し白くしていました。紅葉には少々遅かったものの,こんな雄大な光景。ここまで来ると雨もあがりました。

昼食は大分名物のだんご汁。だんごとは言え,平たく延した麺です。温まります。

彼方には阿蘇山。ススキと草が初冬を彩ります。

ホントならこのあと黒川温泉にでも寄ってちゃっぷんの予定でしたが,それは我慢して帰宅。また改めて一人で行ってくるかなあ。

コロナ禍の日本帰国,せめて音を

無人実家の音響設備はほぼゼロです。もともとオーディオシステムは無かったし,残っている家電はテレビのみ。持参したパソコンとiPhoneはありますが,それじゃ音質に難ありです。

テレビの裏側にHDMIの端子を発見。変換ケーブルがあればパソコンを接続できます。近くの家電ショップで USB-C – HDMI変換ケーブルを買いました。これでパソコン内の動画やネット動画をテレビに写せます。

でも音だけ欲しいときがあります。再び家電ショップで外付けスピーカーの小さいものは無いかと見ていて,このBluetoothスピーカーを衝動買い。あまり荷物は増やしたくないのですが,この程度ならさほど邪魔にならない。スーツケースに入らなかったら,誰かにあげて帰ればいいし。

後で気付いたのですが,これ防水です。つまり風呂に持っていける。お風呂で音楽三昧,こりゃ風邪引くね。

コロナ禍の日本帰国,福岡の果へ

用事あって父の生まれ故郷である大牟田までやってきました。福岡と熊本のほぼ県境,かつて三池炭鉱で栄えた所です。父方の実家があることから子供の頃何度か来たものの,その後はすっかりご無沙汰です。大学生のときに法事で来たかなあ。

駅前にこんな立派な市役所。かなり歴史がありそうです。どっかの大学の建物を彷彿とさせるのは気のせいか。

福岡から大牟田へ行くには,JRと西鉄の2路線あります。行きはJRだったものの,帰りの電車がずっと無かったので西鉄側へ。そこでこんな懐かしい路面電車を発見。中はカフェになっていました。

本格的なコーヒーが出るカフェです。おいしそうなフルーツサンドイッチも並び,電車を待つ間ちょっとした食事ができる路面電車。

実はこのときテレビ局が取材中でした。スタッフが写らないように写真撮ったのですが,フレームの外側に5人ほどと大きなテレビカメラ。

カフェの人に尋ねたらFBSとのことでしたので,今日の夕方ニュース番組見てるのですが分かりません。今日じゃないのかな。

コロナ禍の日本帰国,居酒屋にて

地元の居酒屋行ってきました。焼き鳥,小料理,ビールに焼酎,めちゃ懐かしい匂いに満ちております。

まずは豚バラ。福岡定番の「焼き鳥」です。鳥ちゃうやんというのがこちらの焼き鳥。

銀杏。これまた鳥とは関係ない。他にも何品か頼んだんですが,写真撮る前に手が出てしまいました。

鰹のたたき。ニンニクスライスが強烈です。

でもそれ以上に強烈だったのは,その上にあるメニュー。

それ,ソフトドリンクか?

コロナ禍の日本帰国,風呂あり

昨日の続き。壊れていた温水器のパーツ交換が終わり,タンクへ給水。夜にはお湯も沸き,昨晩は念願のシャワーを浴びることができました。風呂桶に入るには,まず掃除したほうがよさそう。

昨年家を閉めていったとき,最低限の生活だけできるようにして,他は処分したつもりだったのですが,まだまだ大量に残ってました。高級そうな焼酎も。2000とあるので,20年もの?

その一方,あったら便利なものが残ってたのも助かります。電子レンジとコーヒーメーカー,湯沸かしポットは普通に使えそう。エアコンも動くので暖房はなんとか。家中の時計は止まってましたが,余ってた電池を入れてみたら動くようになりました。

壁に下がったカレンダーが,どれも昨年3月のもの。ほんとに時間の止まった家だったようです。

コロナ禍の日本帰国,風呂なし

無人の実家に到着。親戚が時々様子を見てくれていたとは言え,一年半放置されています。果たして生活できるのか。玄関を開けると,うっすらと埃が積もっているものの,昨年3月に家を閉じたときのままのようです。

ブレーカーを上げると,冷蔵庫がぶーんと音をたてて稼働。居間の照明点灯,テレビもつきます。水道も出るし,トイレも流れます。なにも問題なさそう。ん,冷蔵庫?

確か空にしたはず。でももしかしてと扉を開けると

ヴォエッ

なんか液状のものがあり,悪臭が拡散。なんだこれ。分析はさておき,ビニール袋に入れてそのままゴミ箱へ。冷蔵庫内の棚を全部取り出して水洗い。でも匂いは取れないみたい。ま,ビール冷やすだけだからいっか。

そして最大の問題,電気温水器。昨年,水抜きをして電源を落としました。その逆の作業をすればよいわけです。元栓を開け,タンクに水を注入したら,壮大な水漏れ。

こりゃやばいと慌てて水を止めました。業者さんに見てもらうしかありません。その日の夜はスーパー銭湯で寛ぎました。

業者に電話すると,来れるのは翌日とのことなので,その夜はホテル泊。

今朝業者さんが来てチェックした結果,パーツが破損してるとのこと。在庫はありそうなので,また明日来るそうな。なので今夜もスーパー銭湯。なんか毎晩スーパー銭湯でもいい気がしてきました。

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感