USBメモリで爪は切れません

Kershaw爪切り

この小さな金属の棒,ちょっと見ただけじゃ何か分からないと思いますが,爪切りです.貝印Kershaw爪切り.

小さいながらも精密な金属加工で作られており,爪切りへとtransformerするギミックが男の子心を擽ります.実際,最初はどうやって使うのか分からなかったほど.

開いたところ

片側の板をスライドさせると開きます.この蝶番部分をごちゃごちゃと知恵の輪のように触っていると,

爪切り完成

ご覧の通り,爪切りの完成.全然説明になってないけど.

爪が伸びていると,ピアノを弾く時やコンピュータのキーボードを叩くときにカチャカチャ鳴って煩わしい.常時深爪になってるほど爪は短くしています.

でも出張中はそうもいかない.出発前に必ず爪を切るのですが,一週間以上の旅だとちょっと伸びてくる.それが気に入らない.

アーミーナイフの爪やすりを使ってたこともあるのですが,うっかり飛行機の手荷物に入れたままにして没収されてしまいました.

多分爪切りも手荷物に入れてたら何か言われると思うのですが,この爪切りは絶対に分からないでしょうから,ペンケースに入れたまま.一緒に入ってるUSBメモリと区別つかないはず.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

無機質な都会で聞こえるありがとう

竹橋

国立近代美術館へ行った帰り,皇居周りをてくてくと歩いていたときのこと.前からやってきた外人さんに「皇居はどこ?」と聞かれました.

これだけどと,でっかい石垣を指差したら,

どっから入るの?

内部を見学できるとでも思ったんでしょうか.僕だって見てみたいもんです.取り敢えず橋があるとこまで行きゃ,門くらいは見えるからと教えると,OK, Thanksと笑って去って行きました.

地下鉄の階段をゆっくりと降りていくおじいさん,リュックのチャックが開いています.しかもその中に一眼レフのレンズが見えている.落としちゃ大変だと,追い抜きざまに「リュック,開いてますよ」と声をかけました.暫くして背後からでっかい声で,

ありがとーーー

距離があったので周りの人は僕への掛け声とは思わなかったでしょうけど,ちょっと恥ずかしかった.

桜餅

ほぼ満員電車の東西線,この日はやや人が少なめだったせいか,少々隙間があります.突然の急停車に,目の前に立っていた女子高生が転けそうになり,思わず体を支えて「大丈夫?」と言ったものの,もちろん無言.そりゃ満員電車でオヤジが女子高生に声をかけるのはご法度です.

でも彼女が電車を降りる時,こちらを向いて小さな声で

ありがとうございました

その日は何となくいい気分です.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

保険証 クレカ代わりになりません

かめかめ

Obama Careを出すまでも無く何かと話題になるアメリカの医療保険制度,貧乏人は… パンを食え?みたいな,病気になったら負けな世界を作っております.今回の日本滞在ではアメリカの医療保険はそのまま継続しているのですが,さすがにアレを海外で使うのは面倒なので,日本の健康保険に入り直しました.

保険料を払ってるからには使わにゃ損々,という訳でもないのですが,比較的手軽に医者に診てもらえる日本です,以前から気になっていた皮膚科の診療を受けてきました.それにしても,今時の保険証ってカードサイズなんですね.うっかりクレカを受付で出しそうになったですよ.

お肌のトラブルですが,実は大仰なことはありません.数ヶ月前から顎のあたりにイボが出来て,それが気になって,つい触ってしまう.いじってるうちに爪を立てるようになって流血事件,その繰り返し.

診てもらったら,小さな傷からウィルスが入ったんだろうとのこと.噂に聞いてはおりましたが,治療は液体窒素で火傷させて取る方法でした.そのうち取れるけど,何度かしないといけないそうです.普通に生活してても良いが,あまり触らないようにと釘を刺されました.

そう言われて,ここが気になって触る理由が分かった気がします.仕事中に頬杖をつく癖があるらしく,その時丁度イボの辺りに手が触れるのです.それでカリカリやり始めるわけ.もう頬づえはつかない.

実は以前も似たようなトラブルがあったのです.その顛末はこちら.アメリカでのデキモノ治療,徹底してます.

さて,今日の一枚はこちら.

陣取りゲーム

問題のあるタイルをテープで囲ってるらしい.薄緑にピンクってのがちょっとかわいい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

川崎にゾロアスターを聞きに行く

あっちはザルツブルク

コンサートのチケットを頂いたので,川崎へとやって参りました.川崎は初めてかと思ったのですが,今は大変なことになってる某T社に,大昔会社見学に行ったのを思い出しました.なんで行ったんだっけ(入れてやるとは言われなかった…はず).

とまれ,現代の川崎駅は全くの別世界,Salzburgまでたったの9000kmってんだから,文化都市の香りも高い.

この楽譜,ト長調でソの後に8分休符があるから,Eine Kleineかな?

K. Urbanski指揮のNDR Elbphilbarmonie Orchestra.聞き覚えの無い名前でしたが,嘗ての北ドイツ放送響,名門です.

演目は,Beethovenの序曲Leonoreの3番, ピアノ協奏曲第3番,それに映画「2001年宇宙の旅」でお馴染み,R.Straussの “Also Sprach Zarathustra” 最近では「ツァラトゥストラはこう語った」と訳されることが多いですが,やっぱこれは「ツァラトゥストラはかく語りき」と呼びたい.

パイプオルガンも入る大曲です.まずは予習していかねばと…

スコア

コンサート前にカフェでスコアのチェック.冒頭だけが超有名というこの竜頭蛇尾な管弦楽曲,スコアを追っかけながら聞かないと後半眠くなります.

ミューザ川崎シンフォニーホール

川崎駅からすぐのミューザ川崎シンフォニーホール.オケの裏側にも客席があるのはBerlin Philっぽい.休憩時間にちょっと探検してみました.パイプオルガン側から見たところ.

裏側から

僕の座席はステージ向かって右側でした.オーケストラを横から眺めながら聴くのは初めてでしたが,音的には何の問題もありませんでした.やはり良く設計されてるんだ.ウィーンの楽友協会大ホールもステージ背後に客席がありますが,あそこはちょっと聞けたもんじゃない.

Beethovenは全くの正攻法の演奏.Leonoreでは乗りまくってた隣の座席のおっちゃん,ピアノ協奏曲ではすやすやと夢心地.こんな素敵な子守唄で,さぞや良い夢を見ていたことでしょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

あんぱんとカレーパンとで昼ご飯

カレーパン,あんぱん

昨日夕方見かけた衝撃的な光景,東京駅大丸のスイーツ売り場から溢れ出したサラリーマンの長蛇の列.そうか,ホワイトデーなるもの義理返しの買い物してるんだ.スーツの列の写真撮りたかったけど,ぐっと堪えました.さすがにちょっとね.

さて,昼食のカレーパンとあんぱん.

もっと海外で宣伝しても良いと思う日本の傑作カレーパン.僕も大好きなのですが,これを追求し始めたら底無し沼のカレーパン地獄へとはまってしまいますので,コンビニグルメに留めております.

上のはローソンの揚げビーフカレーパン,下は25円高級なスパイスが効いたカレーパン.

スパイスが効いたカレーパン

あんぱんは粒あんと決めてるのに,何故かこの日に店頭にあったのは,こしあんのみ.粒あん,売り切れか.

あんぱんの方は,さすがに底無し沼になりそうにはありません.シンプルさが売りなので,あまり奇を衒ったものが少ないせいかも.せいぜい,粒あん派とこしあん派の覇権争いですよね.ま,結果は見えてますけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

バーで飲む酒のつまみは文庫本

Leffe

ちょい飲みできるバーを探しています.仕事帰りにふらり立ち寄り,一杯飲みながら微読書タイム.でも日本のバーってどちらかと言えばパブっぽい.わいわい喋って飲んでる所が多くて,ぼっち飲みには向きません.

アメリカ国内やヨーロッパ出張で,文庫本片手にふらりとホテルのバーに出かけます.ああいう時間が欲しいだけなのに,中々見つからない.そりゃ日本のホテルにもバーはありますよ.でもデートする若い男女で溢れるオシャレな酒場でおっさんがぼっち飲みしてる図は,修学旅行の引率先生か.

上の写真は,大手町のどっかのビルの地下のカフェ.ビールもあったので,散歩帰り一杯やってきました.夕方4時頃だったのでガラガラです.

下は東京駅の黒塀横丁にあるYEBISU BAR.ここは一人ビールに便利ですが,いかんせん座席が狭い.

エビスバー

東京駅の大丸12階にあるB.C.T.バー.ここならウィスキー飲みながらちょっと休憩できるのですが,常連さんらしき客がちとかしましい.そういうのに入っていけない自分がだめなんですけどね.

BCT
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

八海山貴醸酒2014年

貴醸酒

日本橋にある八海山の日本酒バーで見かけた酒,貴醸酒.初めて見ました.ちょっとデザートワインのような濃厚な甘さで,アルコールもちょっと高めです.

調べてみると,水の代わりに酒で仕込むんだとか.酒を使って酒を作るって,なんだか良くわからないんですけど.

珍しいので,バーを出るときに一本買って帰りました.晩餐会に合う日本酒として開発されたそうです.確かにこれなら食後の軽い一杯によさそう.

あと,どうでもいいんですが,2014の文字が逆さまです.写真を撮るとき既に酔ってたか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感