Cantabile, 歌うSchumann

子供の頃からSchumannだけは苦手でずっと敬遠してたのですが,ぼちぼち許せるようになってきました。って誰が許すんだ。メロディーが,なんだか和音の固まりのように聞こえるんですよね。

そんな不得手なシューマンさんですが,ピアノ四重奏曲の第三楽章の旋律はとてもロマンティックなものです。ピアノと付くんだからピアノで歌いたいのに,何故か気持ちよく歌うのが弦楽器ばかり。ピアノは伴奏に徹するという不公平さ。

ならソロに編曲してしまえと,さっき唐突に思い立って楽譜を作り始めてはや3時間。ようやく18小節打ったところで挫折しました。これでまだ1/10以下。やってみて分かったんですが,この曲,楽器の音域が重なっていて,編曲しにくいです。最初にチェロが朗々と歌う部分,がっつりピアノ伴奏にぶつかってしまいます。さてどうしたものやら。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

風の洞窟に入ってみた

Los Alamos裏山にあるという洞窟,Cave of the Winds。場所が分かりにくく,しばらくたどり着けませんでした。道脇に積み上げられた小さなケルンを辿っていくと,こんな崖っぷち。この岩肌を降りていくと。。。

巨石の隙間に虚ろな空間。家を出るとき懐中電灯をちょっと考えたのですが,スマホでいいやと持ってきませんでした。でもこの闇はスマホの貧弱なLEDじゃ全く役に立ちません。

中で熊さんお昼寝中とかだったら大変です。さて入ってみたものかと迷っていたら,奇跡が起こりました。

あの狭い入り口から,偶然陽の光が奥へと差し込んだのです。季節の太陽の高さと時間の一致の瞬間。どうやら先客はいないよう。思ったより內部は広そうです。恐る恐る入ってみました。

中はちょっとした部屋サイズ。底は平らで,住めそうです。実際先住民が使っていたという話も。壁の落書きは最近のものですけどね。

土埃が差し込む光に舞っています。これを吸い込むとなると,ここに住むのは躊躇します。それ以上に,なんとも変な匂いが。ケモノ臭?やっぱりここで冬眠してるのかも。

岩の上に登ると,何やら意味ありげな人工的穴が2つ。やはり宗教施設かなんかだったんでしょうか。さっきの岩穴の奥底を掘ってみたら,白骨がごろごろ出てきたりして。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

室内楽のお誘い,続き

アマチュア弦楽四重奏団からピアノ五重奏曲をやろうというお誘いの続き。えっと,ピアノ五重奏とは聞いてません。ピアノ入りの室内楽なので,別に三重奏でも四重奏でもいいんだと思います。それだったらSchumannのピアノ四重奏をやってみたいんですが。

とまれ,どんな曲を考えてるの?とメール返信してみたら,案の定きましたよ,Brahmsのピアノ五重奏曲。楽譜は持ってますし,一応通して弾いたことはありますが,一楽章終わったら腕が上がらなくなるかも。

その他に書かれていた2曲は全く聞いたことなかったもの。

まずはE.W. Korngoldのピアノ五重奏曲。存在すら知りません。楽譜をざざっと眺めましたが,こりゃ譜読みが大変そうでパス。

次のはC. Franckのピアノ五重奏曲。これまた弾いたことも聞いたこともナッシング。早速楽譜を落としてきて1楽章と2楽章を弾いてみました。彼の代表作「交響曲ニ短調」を彷彿とさせるような半音階を含む旋律とか,ちょっとおもしろい。でもこの曲も体力勝負っぽい。

いきなりこんな大曲じゃなくて,もっと軽いのないのかな。Mozartのピアノ四重奏とかなら楽なんだけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

肩身の狭い夕方ジョギング

COVIDの緊急警報が再びスマホを鳴らしました。外出は必要最低限,極力家に居ましょうとのこと。でも最低限の運動は健康のためにもOKの筈なので,今日も夕方走りに出かけました。

しかしながらこの状況下,さすがに気が引けるのも事実。きっと呑気にジョギングしてる人なんていないだろうと思ったら...

犬の散歩やらジョギングやら,世間はなにも変わってないっぽい。ベンチでくっちゃべってる若者(高校生?)。アパート前に椅子を出して寛いでるおっちゃん,何してるのかと思ったらsmoking timeだった。そして家族総出での散歩も。

野外ですのでさほど五月蝿くは言われないのでしょう。レストランとかは勿論閉まってしまいましたし,僕の歯医者の予約もキャンセルになってしまいました。

ところで今日驚いたのは,郵便局から出てきたおばちゃん。道路脇に停めた車へ戻ってきたのですが,なんとエンジンかけっぱなし。

いくら安全な町だとは言え,エンジンかけたまま駐車して小用って,あまりに呑気です。もしかしたら無人に見えた車に,獰猛な番犬でも乗ってたのかも。

車を盗もうと乗り込んだら,怖いワンコが運転席から,

お客さん,どちらまで?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

再び急上昇中なのに遊びのお誘い

アメリカ国内でのコロナウィルス感染者が再びうなぎ登りです。日々の感染者数をネットで見るのが嫌になるほど。死者が10万を越えたときは大きなニュースになりましたが,今じゃもう25万弱。信じられない痛々しい数字です。

やや緩和されていたこちらの規制も,再び厳しくなるようです。とは言ってもどう厳しくなるのかよく分かりませんが,多分レストランとかでしょうか。こちらの仕事には変化なし。

もとより人付き合いの狭い性格に輪をかけて,社交性が完全にゼロになっています。以前なら,たまに友人とビール飲みに地元のパブに行くくらいはしてたんですが。

そんなとき,職場の新人からのメール。アマチュア弦楽四重奏団を始めたんだそうで,どっから僕のピアノの話を聞いたらしく,ピアノ入り室内楽をやらないかとのこと。

こんな時期に屋内イベントやってもいいのかなと思いつつ,そのメールに書かれていた一言が気になりました。僕のピアノの技量がわからないから,どの曲ができるかわからんけど,だそうです。人の技術の心配する前に,弦楽器のほうはどうなんだと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

じわじわ冬です

高齢,じゃない恒例のジョギングを夕方4時に出たら,もう薄暗い。3時くらいが丁度よさそうなのですが,一応勤務時間です。でも在宅ワークだし,おそらく勤務時間は常時より長いし,ちょっとくらい早めに脱出してもいいかな。

曜日感覚も薄れ,土日も通常営業。おまけに年休日数が常に最大値で毎週警告メールが来る始末。毎週適当に休暇をタイムカードに差し込んでいるのですが,その日も通常営業。良くないです。

夕日の落ちる早さに,ふと気づきました。来月はもう冬至。なんてこったい。この一年,一体何だったのでしょう。おまけに来週はThanksgivingの4連休ですよ。

来週は休業しますかね。とは言え,することも無し。結局音楽聴きながらパソコン仕事続けてそうです。Black Fridayのバーゲンで何か買っちゃうかな。CD10枚とか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感