そして目覚めて二度びっくり

朝,まさかと思いつつ窓の外を見て,やっぱりびっくり。5cmくらい積もってますよ。晩夏の湿って重たい雪です。おそらく午前中に全部とけてしまうと思っていたのですが,一日気温が低かったせいか,夜になった今でもまだかなり残っています。

この時点で午後の予報は5℃くらいですが,実際には2,3℃までしか上がりませんでした。ぶるぶる。今日は一日,長袖シャツ着てましたよ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだ9月なのにびっくり

9月になってまた暑い日が戻ってきました。冷房なしで十分耐えられる程度なので,日本の夏のように汗たらたらは無いのですが,ジョギングは日没近くになるのを待つほど。

それが日曜日の天気予報,

水曜日は雪?!

最低気温は4℃の予報です。31℃から4℃への急降下。全米の天気図を見ると,中央部のみ極度の寒波が突然発生しており,周辺は熱波続き。そろそろこの世の終わり?

さらにここ数日,やや霞んだ空模様です。多分近くで山火事でもあるんだろうと思っていたのですが,原因はなんとCaliforniaの山火事。ここまで煙が流れて来ているらしい。

今現在の天気は雨,気温は7℃,まるで冬です。明日朝にかけて最低気温4℃まで落ち,雨は雪へと変わる予報。もう何が何だか分からない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

安・近・短を歩く日々

相変わらずLos Alamosの内側だけの生活です。幸い大自然の環境,ちょっと車を走らせば,そして根性で坂を登れば,こんなパノラマが広がります。この草原はPajarito山のスキー場,こんな坂を滑るんかいってビビリますが,通に言わせればこんなの普通なんでしょうね。

どれくらい傾いているかというと …

これくらいの傾き。

この辺りで標高3000m弱。ここはカルデラの外輪山の尾根で,左側下にカルデラが広がります。なんでそこを写真に撮ってないのか,いや自分でもさっぱり。

山火事で燃え立ち枯れた木々で,巨大な剣山。こんな天然トーテムポールも立っています。ひときわ燃え方が激しいので,もしかしたら枯れた後に落雷で再び火がついたのかも。下から山を見てると,結構バンバンと落ちてますもんねえ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

CDの収納方法を本格的に考えるとき

マニアの世界では上には上がおりますので,手持ちCDがそんなに大量だとは思っていませんが,それでもすでに600枚は超えてると思います。そんな事態でもBoulez指揮のMahler交響曲全集,14枚組でたったの$36を見て衝動買いしました。実は一部手持ちのものと重複してるのですが,それでもお買い得感半端ない。

Boulezの演奏は得てして頭でっかちで冷たい印象ですが,このMahlerシリーズは比較的普通です。もちろん彼特有の,全部の音がくっきり聞こえるという解剖学的音響は健在。

以前何度か書いたと思いますが,そんなこんなで本棚がパンク状態です。もうこれ以上CDは収納できないのに新たに買い込んでる訳ですから,二重駐車は当たり前。本格的に別の収納方法を考えないと。

何かアイデアはないかとネット情報を漁ってみたものの,ありきたりなものばかり。問題はプラケースを残すかどうかなんですよね。

ケースから全部出してバインダーに綴じれば,超越的に空間問題を解決します。でも表紙とか解説書を捨てる度胸は無い。薄手のケースに入れ替えるという案もありますが,これはお金と手間がかかりすぎ。

実は空間最大圧縮方法はあるのです。それはCDのデータを全部吸い出してしまうこと。今でもあらかたのCDはMP3へ変換してパソコンで聴いてますが,これだと僅かながら音質劣化します。全くそのまま取り出し,それを外付けハードディスクに入れてしまう。空いてるパソコンをアンプに繋いでおけば,どんな曲でも即座に鳴らせます。

CD一枚あたり600MBくらいですから,1000枚あっても600GB,今どきのディスクなら余裕で入ります。問題はその作業におそらく一ヶ月はかかるであろうこと。

さらに大きな問題は,そうやってデータを吸い出してしまっても,元のCDを捨てるには忍びない。結局全部残したままになりそうなこと。やっぱり全然意味ないか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

山はもう秋,会議は来年

3月末に日本から帰国して以来,全くここを出ずに夏が過ぎてしまいました。出かけたのはせいぜいSanta Feまでの買い物。こんなの初めてです。

普段,毎月のように何か出張している身でしたが,こうしてみると本当に出張必要だったのかなと思うことも。もちろん効率的には,現地に飛んだ方が良いのですが,飛ばなくても何とかなるもんです。

一番残念なのは,コンサートに行けなくなったこと。ウィーン出張の最大の楽しみの音楽,これが全く無くなってしまいました。無理やり現地を訪れたところで,客席減らした上演でしょうから,チケットなんて手に入らないんでしょうけど。

全ての国際会議が来年に延期されましたので,日程の奪い合いが続いているようです。とにかく早めにアナウンスしておかないと,その週を他の会議に取られてしまいます。

来年夏以後の週が次第に会議で埋まってきたのですが,はてさてその頃までに海外出張が復活してるんでしょうか。旅費節約に味をしめた職場側,オンラインでやらない理由を述べよって言ってきそうです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

長い一週間でした

早朝5時起床して3時間のオンライン会議,そのまま通常業務に突入して夕方まで仕事という日々が,ようやく先程終了しました。いやはや疲れました。夜は夜で,あれこれの問い合わせに返事してるし。

というわけで金曜夜。明日は土曜,明後日は日曜。おまけに月曜は祭日の三連休。まずはワインを用意して,パソコン開いて,会議の議事録まとめて,後輩が書いてる論文原稿をチェックして,別の研究会の発表ネタを考えて,書きかけの別の論文の最終チェックして,頼まれてた推薦書を書いて,放置していたプログラムのバグを修正して,え〜とえ〜と,あと何が残ってたっけ。

ま,とりあえずワイン呑んどこ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感