キノコの山,豊作とはならず

雨が降ったらキノコも出るはず,そう思って山を歩くも,既に季節外れになってしまったのか,あまり収穫はありませんでした。収穫って言っても食べませんけどね。

この巨大サルノコシカケの類,多分年中あるんだと思います。この辺りは山火事で燃えた樹木が立ち枯れしており,そこへパンみたいなキノコがそこかしこに。こういのはちょっと不気味です。

こちらは普通のキノコ。普通っぽいのは↑と↓の2種類のみ。

これもパンかお煎餅みたい。美味しそうなんですが,食べる気はしません。

そして今回最大の発見,それは

きもっ!

マクロレンズで拡大してますが,見た目,脳みそみたい。

調べたら,和名,コガネニカワタケ。漢字で書くと黄金膠茸。膠のような柔らかさだからなんだとか。英名は Witches’ Butter,魔女のバター。言い得て妙。

実はありふれたキノコで世界中に分布してるんだとか。白キクラゲの種類と言われると,なるほどなと。