Santa FeでPCR done

日本帰国時のCOVID-19検査,この出国前検査証明の書式というのがやたら細く,混乱の元になっています。ちゃんとしたものを出さないと日本上陸できません。特に「医師名」と書かれた部分の英訳が signature by doctor。これはアメリカでは無理です。普通PCR検査してるのは看護師であって医者は関与しません。

色々調べると,日本領事館に解説がありました。

検査証明書で指定されている検査機関の印影や署名について、米国においては、医療機関、検査機関及び薬局等検査証明の発行が認められている機関において、医師、検査技師及び看護師等の検査証明を行うことが可能な者により作成された検査証明については、医療機関等のレター・ヘッド及び氏名の印字があれば、印影や署名がなくても有効な証明として取り扱うことが可能となりました。

https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/border-control.html

何回か読み返して,これは看護師の名前でOKであると解釈。

有効な検査方法の種類も限られてようで,その一つのRT-PCRを実施している診療所をSanta Feで見つけ,行ってきました。

建物には入らず,車に乗ったまま鼻ホジされます。看護師さんに,この書類に記入してもらえるかと外務省のサイトからダウンロードしてきたものを差し出すと,やってくれるとのこと。

書式には予めパスポート番号やらを自分で記入していました。そしたら,誕生日の書き方が微妙に違うんじゃないかと,あちらで全部書き直してくれました!

僕が書いた部分を何かで消したものを一旦コピーして,改めてそれに手書き。それに加えて診療所が発行する証明書にも,僕のパスポート番号を追加。なんというサービス。これなら日本で追い返される心配はない。

開国なるのかの瀬戸際に

数日前,いつまでも帰国できないとぼやいたら,入国後10日間の待機を最短3日へ短縮のニュース。いつから始まるのかわからないのが問題ですが,少しは帰国が楽になりそうです。もっとも強制隔離ではなく自主隔離なので,食料品の買い出しくらいなら外出できるらしい。あとはそんな生活に何日間耐えられるかの忍耐力です。もし3日なら楽勝。

そんな緩和の日を夢見ながら,今週末無謀にも帰国します。自主隔離は当然10日間。帰国者を受け入れてるホテルは限られているようですが,さらにホテル毎に対応がまちまち。

部屋に入ったが最後,外出まかりならん,食事は全部ルームサービスというのもあれば,近所のコンビニ等をご利用くださいと書かれているところもあります。選ぶのは当然後者。コンビニがあれば生きていけるのが日本。ビールでも酎ハイでも手に入ります。おつまみもよりどりみどり。

それはさておき,ホテル滞在中に隔離短縮が決まったらどうなるんでしょう。そこで切り上げていいのかな。それとも決まる前のルールが適用? さてどうなることやら。

Creativeカボチャたち

Los AlamosのPumpkin Grow,今年は開催されたものの,一方通行でカボチャ鑑賞するスタイル。これ,果たして良かったのかどうか分かりません。なんせ大渋滞です。ちょっと距離を取り気味に歩きました。

最後のは力作。なんとVan Gochの星月夜。厚みに変化を付けて濃淡を出しております。これはもう提灯の粋を超えてアール・ヌーヴォーのランプか。内部の灯もロウソクじゃ足りませんよね。LEDでも入ってるのかも。