コロナ禍の日本帰国,福岡の果へ

用事あって父の生まれ故郷である大牟田までやってきました。福岡と熊本のほぼ県境,かつて三池炭鉱で栄えた所です。父方の実家があることから子供の頃何度か来たものの,その後はすっかりご無沙汰です。大学生のときに法事で来たかなあ。

駅前にこんな立派な市役所。かなり歴史がありそうです。どっかの大学の建物を彷彿とさせるのは気のせいか。

福岡から大牟田へ行くには,JRと西鉄の2路線あります。行きはJRだったものの,帰りの電車がずっと無かったので西鉄側へ。そこでこんな懐かしい路面電車を発見。中はカフェになっていました。

本格的なコーヒーが出るカフェです。おいしそうなフルーツサンドイッチも並び,電車を待つ間ちょっとした食事ができる路面電車。

実はこのときテレビ局が取材中でした。スタッフが写らないように写真撮ったのですが,フレームの外側に5人ほどと大きなテレビカメラ。

カフェの人に尋ねたらFBSとのことでしたので,今日の夕方ニュース番組見てるのですが分かりません。今日じゃないのかな。