庭の片隅の狩りの時間

散歩してたときのこと。家の前庭にカラスが立っています。別に珍しくもありません。僕がある程度近づけば飛び立って逃げるのが常です。そう考えながらカラスの前を通り過ぎようとしたときのこと。

なかなか逃げません。飛び立つのではなく,とんとんと地表をジャンプしてちょっと避けるのみ。あれ,なんか変だな。もしかして飛べないのかな。

と思った直後,ぱたぱたと飛び上がりました。でも数mで着地。やはり飛べないようです。怪我してるのか,弱ってるのか。かわいそうに。

ふと,さっきカラスが立っていた先をみると,なんとそこにウサギ。どうやらこのカラス,ウサギを狙ってたらしい。弱りつつも獲物を狙う,なんとも過酷な自然です。

ウサギはその場にうずくまっているように見えましたが,多分余裕で逃げることができたんでしょう。その後カラスは小さくジャンプしながら去っていきました。