ここにもあった形式主義

驚いたことに2月が終わってしまいます。今年は2月は中止ですか? 2月は何処に行ったんだろう。

西の大学の友人研究者が新しいプロジェクトを計画しており,そこに僕の名前が入っております。学生さんの指導をちょっと手助けするような内容だと思うのですが。

それに関連して,あちらの事務の人からまず「具体的な仕事内容を添付の書類に記述せよ」なるメール。随分とまた上から目線だなと思いはしたものの,それ以上にそんなことに回す時間はなかったので,あちらの友人に

悪いけど,これ,書いといて!

罪悪感無いわけじゃないですが,あっちが僕に期待してることを書いてくれればそれでいいわけで。

で,さらにまたメールが来ました。

履歴書を添付の形式で送って

これ,実はその形式でなくてもよいことを僕は知ってました。なので既に別目的で書いてあったものを転送。そしたら,

形式が違います。この形式で書いて!」

いや,だからそれじゃなくて良いんだよ,という返事するも納得いかないらしく,

「今日中に必要!」

の催促。さすがにこれには僕もちょっと切れかかって,友人に,

この人,なに言ってるかさっぱり分からん

と連絡。そしたら友人から「電話して相談するから,そっちは気にしなくていいから」の返事。これで一件落着と思ってました。

そして1時間後,事務員さんに電話した友人から再度メール

「所定の形式で自分が全部書き直したから,間違ってないか確認して!」

押し切られてるやん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail