ますます弾けなくなってくるMozart

手を軽く暖めるために,最初にMozartのピアノソナタか協奏曲を適当に選んで弾くことがよくあります。あまり難易度の差異が無く,そこそこ左右の手が程よく使われ,ソナタならさほど長くない。

同じ曲を何度も弾いていれば,次第に熟れてきて滑らかな演奏になってくるのが普通です。モーツァルトのソナタもそうだったはず。ところがここ最近,弾けば弾くほど弾けなくなってきてます。

すごくシンプルな楽譜,中程度の練習用に使われるソナタもあります。指さえ回ればひゅんひゅんと弾けるはず。でもこの頃は途中で詰まってばかり。あれれ,なんだこれ。

単純だと思っていたモーツァルトの曲,もちろんシンプルな構成ですが,それはつまり無駄が全く無いということ。それはつまり,ちょっとのミスが目立ってしまうということ。ハッタリが効く分,Beethovenのほうが楽ですが,とにかく乗り越えるしかない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail