通信ゲーム今昔

ネット会議のプラットフォームがあれこれ出てきて,ややこしい状況になっています。先日,また新しいのを使った会議の案内が送られてきました。僕は少々手間取ったものの,何とか会議参加に成功。同僚の一人は,全く入れないというメール連絡。別の友人はさらに変な状況。

顔は見てます。でも音声が全くだめ。何か言ってるらしいけど,聞こえない。こちらから「聞こえないよ」と言っても伝わらない。

仕方ないので彼に電話しました。スマホを取り上げて返事してる姿が見えてるのが笑えます。

そんな状況を眺めつつ思い出したのがInternet黎明期。大学間がようやく専用回線で結ばれつつあった時期,どうやって電子メールを送信するかとか,手探り状態です。

同じ大学の別キャンパスにメールを出し,あっちの友人に「届いた?」と電話確認。あっちからも「今,送った,どう?」

さらには,あっちのコンピュータに侵入して,こっちのコンピュータへメールを送る。もう自分がどこにいるのやらわけわからん状態。新しいテクノロジーが広まるたびに,似たような状況が繰り返されるんだなあと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail