室内楽のお誘い,続き

アマチュア弦楽四重奏団からピアノ五重奏曲をやろうというお誘いの続き。えっと,ピアノ五重奏とは聞いてません。ピアノ入りの室内楽なので,別に三重奏でも四重奏でもいいんだと思います。それだったらSchumannのピアノ四重奏をやってみたいんですが。

とまれ,どんな曲を考えてるの?とメール返信してみたら,案の定きましたよ,Brahmsのピアノ五重奏曲。楽譜は持ってますし,一応通して弾いたことはありますが,一楽章終わったら腕が上がらなくなるかも。

その他に書かれていた2曲は全く聞いたことなかったもの。

まずはE.W. Korngoldのピアノ五重奏曲。存在すら知りません。楽譜をざざっと眺めましたが,こりゃ譜読みが大変そうでパス。

次のはC. Franckのピアノ五重奏曲。これまた弾いたことも聞いたこともナッシング。早速楽譜を落としてきて1楽章と2楽章を弾いてみました。彼の代表作「交響曲ニ短調」を彷彿とさせるような半音階を含む旋律とか,ちょっとおもしろい。でもこの曲も体力勝負っぽい。

いきなりこんな大曲じゃなくて,もっと軽いのないのかな。Mozartのピアノ四重奏とかなら楽なんだけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail