Haydnの果てしないピアノソナタ

Beethovenのピアノソナタ集はJ.S. Bachの平均律クラヴィーア曲集と並ぶ鍵盤楽器曲の大傑作,これを持たずしてピアノ好きは語れない。一方Mozartになると少々趣味も入ってきます。極端に技術的でもなく愛らしい曲が多いものの,Mozartらしく軽やかに演奏するのは難しい。

そして忘れられがちなHaydn。子供のピアノ教則本に数曲のソナタが収録されており,それらはポピュラーですが,それ以外となるとさっぱりな印象です。Shostakovichのピアノ協奏曲第1番に,ちらっと教則本のソナタが出てきます。

一応65曲ものソナタが作品としてリストされていますが,実は偽作疑いやら失われた曲も多く,ソナタ全集に収録された曲は少々少なめ。出版社によって収録曲も異なります。

僕が持ってるのはHenleの全3巻ですが,数年前に買ったっきり,まだ全曲弾いたことはありません。ときたまパラパラと弾いてみる程度。理由はつまんないから。

いやつまんないなんて言ったらHaydn先生に失礼です。なんと言いましょうか,毒がないというか,優等生的な音楽。さらさらと流れていって,終わったら,あれ,いまの曲どんな曲だっけ,となりそうな曲が多いのです。

先日も最初から順番に弾いてみようと奮い立ち,数曲で挫折しました。全曲制覇,いつになることやら。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail