お小遣い定額制,だったっけ

ニュース記事で高校生のお小遣いが5000円くらいという記事を読んだのですが,はて,自分の時はどうだっけ。

そりゃ今と物価が違いますので,金額だけで比較はできません。でも今の5000円って,当時の3000円くらいじゃないのかな。そこまで極端に物価が上がった記憶もないし。

どれくらいお小遣いを貰ってたっけと考えるも,何だか記憶があやふやです。覚えてないってことは,定額制じゃなかったらしい。箪笥の抽斗に常時現金が無造作に入っていて,そこから勝手に取っていくシステムだったと思います。

お小遣いを何に使っていたのか。もとより交友関係は狭いので,そっちの方は限定的です。

文庫本,これはかなり消費したかも。

食費,昼食以外にも外食することが多かったので。

カメラのフィルムと現像,そこまで多くはなかったはず。

ピアノの月謝と楽譜,子供の頃から同じ先生だったので割安でした。

LPとカセットテープ,流石に数は限られてますけど。

あとは缶コーヒーくらいか。書籍費と食費入れたら,3000円は超過してたかもしれません。でもそれって生活費みたいなもんだし,お小遣い部分は今と変わらない趣味投資ですねえ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail