10年以上経ったので大きなピアノメインテナンス

先月,ピアノの調律をしてもらったときのこと,かなり年月も経ってるようなので,そろそろ全体の調整もしたほうがよいとSanta Feの調律師さんに言われました。確かに買ったのは15年ほど前です。調律は毎年欠かさないものの,その他のメインテナンスは殆どやってません。

問題があるのは薄々感じていました。買った頃に比べて,音色が全く変わっています。初めはもっと深い音だったのが,なんだかペラペラ軽い音になっています。音量の幅が狭くなってきて,変化を付けにくくなっています。なんだかアップライトピアノみたい。

作業はフルに2日とのこと。それなりにお代もかかりますが,腕の良さそうな調律師さんだったので,お願いすることに。彼はpiano regulationと呼んでいましたが,日本語ではピアノの整調と呼ばれるようです。実際にはそれに整音も入ってました。

まずはカバーを取り外し。さすがに重たいので,ここは手伝います。

大量の工具と部品,テーブルに椅子まで持ち込んで,リビングは臨時工場。取り出したアクションを,キー1個ずつ調整していきます。鍵盤を押さえると,このハンマーが弦を叩いて音を出す仕組み。

本体の方もピカピカに磨いてくれました。うちのピアノはあまりカバーを開かないので,内部奥の方にちょっとホコリが積もっていた程度。彼が言うには,蜘蛛の巣が張ってるのなんてしょっちゅう。ネズミがいたこともあるらしい。

作業をずっと見ていたかったのですが,なんせコロナ対策で,お互いマスク付けて距離を取ったままです。ときたまこっそりと盗み見る程度。

2日がかりだったピアノの整調・整音ですが,できあがりを弾いてみてびっくりです。音が全く違います。タッチも違います。薄っぺらい音だったのが,深く暖かい音色になりました。お金はかかりましたが,お願いしてよかったと自分でも納得です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail