CDの収納方法を本格的に考えるとき

マニアの世界では上には上がおりますので,手持ちCDがそんなに大量だとは思っていませんが,それでもすでに600枚は超えてると思います。そんな事態でもBoulez指揮のMahler交響曲全集,14枚組でたったの$36を見て衝動買いしました。実は一部手持ちのものと重複してるのですが,それでもお買い得感半端ない。

Boulezの演奏は得てして頭でっかちで冷たい印象ですが,このMahlerシリーズは比較的普通です。もちろん彼特有の,全部の音がくっきり聞こえるという解剖学的音響は健在。

以前何度か書いたと思いますが,そんなこんなで本棚がパンク状態です。もうこれ以上CDは収納できないのに新たに買い込んでる訳ですから,二重駐車は当たり前。本格的に別の収納方法を考えないと。

何かアイデアはないかとネット情報を漁ってみたものの,ありきたりなものばかり。問題はプラケースを残すかどうかなんですよね。

ケースから全部出してバインダーに綴じれば,超越的に空間問題を解決します。でも表紙とか解説書を捨てる度胸は無い。薄手のケースに入れ替えるという案もありますが,これはお金と手間がかかりすぎ。

実は空間最大圧縮方法はあるのです。それはCDのデータを全部吸い出してしまうこと。今でもあらかたのCDはMP3へ変換してパソコンで聴いてますが,これだと僅かながら音質劣化します。全くそのまま取り出し,それを外付けハードディスクに入れてしまう。空いてるパソコンをアンプに繋いでおけば,どんな曲でも即座に鳴らせます。

CD一枚あたり600MBくらいですから,1000枚あっても600GB,今どきのディスクなら余裕で入ります。問題はその作業におそらく一ヶ月はかかるであろうこと。

さらに大きな問題は,そうやってデータを吸い出してしまっても,元のCDを捨てるには忍びない。結局全部残したままになりそうなこと。やっぱり全然意味ないか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail