三大交響曲にしては大きくない

以前も書いたような気がするのですが,三大なんたらシリーズの音楽編,三大交響曲。どこかのオケのコンサート案内で,三大交響曲の夕べみたいなプログラムがあったのです。

三大交響曲,どれだろう。まあ興行的にはBeethovenの5番通称「運命」,Schubertの終わらない青春「未完成」,これはいま8番なんでしたっけ。7番?

さてもう一曲。えっと,なんだろう。Beethovenがダブっていいなら第九,そうじゃなければMozartの41番Jupiter,Brahmsの1番,Brucknerの8番,Haydnの…,この人はまあいいや。

答を見たものの,なんだかあまり納得できません。三曲目はDovrakの交響曲第9番「新世界から」。

確かにポピュラーな曲ではありますが,BeethovenとSchubertに並べるのって,ちょっとどうなんでしょ。やはりウィーンに縁ある人じゃないと。

考えるに,この3曲ってコンサートのプログラムとして組みやすいんでしょうね。Beethoven, Schubertは短めなので,前半にこの2曲。新世界を後半に置いて,終わりのじゃ〜〜〜〜〜〜んで余韻を引きつつ解散。いやいやいい演奏だった。やっぱり交響曲の終わりは,じゃーんでなくちゃ,でSchubert涙目。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail