一番難しいMozartのピアノソナタは

いつだったか,ピアノを弾くポスドク君とMozartのソナタの中で一番難しいのは,という話題になりました。当時の楽器性能の限界もあったと思いますが,Mozartのソナタの難易度ってあまりばらつきありません。彼は14番ハ短調KV457と言って譲らなかったのですが,僕はこの曲は高校生のときにレッスンでやったので,そうかなぁって感じ。

どの曲を難しいと感じるかは,テクニック上の得手不得手にも関係しますので,簡単にランキングできません。もっともランキング大好き日本人,ピアノ曲難易度ランキングをちらほら見かけます。これが弾ければピアノ何段,みたいな。

Mozartのピアノ・ソナタで一般的に技術的に難しいと言われてるのは,9番イ短調KV310,15番ヘ長調KV533(494),そして最後のソナタ18番ニ長調KV576。18番は「プロイセン王女のために易しい曲を作曲してくれ」と依頼されて書いたという逸話が残っていますが,とんでもない超難曲です。嫌がらせ?

特に第三楽章の展開部最後の部分,ちょっと見シンプルですが,右手びゅんびゅんしながら左手でロンドのテーマ弾くのはしんどい。

こちらは9番の第1楽章,やはり展開部終わりあたり。右手びゅんびゅんに左手が飛び跳ねます。でも9番の一番無慈悲な部分は第三楽章にあります。

一見簡単そうに見えますが,指が届かない広い音程をノンレガートで猛スピードで弾きます。おそらくMozartは,自分が弾けりゃそれでいいやと思いながら書いたんでしょう。あるいは何も考えてなかったか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail