ようやくNew Macbook Proの話題

随分と前に注文した話を書いたのですが,その後話題にしなかった新しいノートパソコン,Macbook Proの2020年版。商品は上海から発送され,Anchorage経由で5/24日に配達されました。配達と言ってもこの段ボール箱が玄関前に放置されてただけですが。

さて開封です。日本のパッケージを連想させるような,ぴ〜っと引っ張って剥がせるテープで封されています。

ぴったりサイズの箱に入った本体。見た目は,以前使っていたものと全く変わりません。色も全く同じ。

本体を取り出すと,電源アダプタとUSB-Cケーブルというシンプル構成。

本体の厚みがわずかに増えていますが,元のMacbook Proと持ち比べてみたら分かる程度です。厚みの理由は,以前の機種で不評だったキーボード。

前機種で導入された薄いキーボードはトラブル続出で,僕のもキーボードが無料交換になったほど。修理後もちょっと打ちにくくなるキーもあり,今回ようやく普通のキーボードとなりました。

以前の機種を購入したのは4年前なので,当然性能は向上しています。でもそれ以外に地味に嬉しい改良点が2つ。

ESCキーが本物のキーに戻ったこと。

旧モデルはESCもタッチバーの一部となっており,押した感触がありません。プログラミングする上でESCは多用するので,この復活はありがたいです。

そしてもう一点,スピーカーがめちゃ良くなっています。ノートパソコンのサウンドなんておまけ,それでもMacbook Proはそんなに悪くない音でした。それが本体のスピーカーだけで十分音楽を聴けるほど。出張時のホテルで重宝しそうです。出張の予定無いけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail