開けない古い記憶,開けるかもの記憶

倉庫に入っていた開かずの箱から,3.5インチディスクがごろごろと出てきました。かつて捨てるに忍びず保管したままになっていたもののようです。

多くはノートパソコンのバックアップ。写真だのプログラムだの,そういうもの。中には写真のようなDOSのシステムファイルも入っておりました。起動できなくなったときにフロッピーから立ち上げるための緊急用か。

ディスクに入った写真は,多分全部いまもここに入ってるはずなので,すでに用無しです。そもそも読むためのドライブがもうありません。もういいやと,ゴミ箱行き。

一枚だけ,手元にコピーが無いコンピュータプログラムが入ったものがあったのですが,読み出してみたところで所詮ノスタルジーを満足させるだけと,これもゴミ箱行きにしました。

ディスクのみならず,CD-Rもたくさん入っていたのですが,こちらはまだドライブがあります。しかしながらCD-Rは劣化しますので,読めるかどうかは運次第。そちらのほうは動画が入ってるようで,でもこのパソコンの中にコピーはありません。

さて読めるかどうか。今夜じっくりと試してみますかね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail