何かが違うこちらの日本

ようやく流通が回り始めたらしいのですが,何故かまだティッシュだけが不足なんだとか。買い占めされる理由がよくわかりませんが,箱のデザインがどことなく和風です。日本の伝統文様っぽい。

日本の伝統と言えば,CNNのニュースサイトに富嶽三十六景の有名な「神奈川沖浪裏」が出ていたのですが,その英語タイトルを見て驚いた。

The Great Wave off Kanagawa

浪裏,なみうら,という言葉が一般の単語なのかどうかちょっと知りませんが,雰囲気は伝わります。神奈川沖はともかく,それが単に Great Waveって。

浮世絵はそのままUkiyo-eです。でも個別のタイトルとなるとそれなりに英訳されます。

「竹取物語」はThe Tale of the Bamboo Cutter。「見返り美人」はBeauty looking back。俵屋宗達の「風神雷神図」はWind God and Thunder God。尾形光琳の「八橋図」はIrises at Yatsuhashi。さすがに八ツ橋の適当な英訳は見当たらないか。

万葉集や鳥獣戯画も,そのままローマ字表記。Collection of Ten Thousand Leavesの意味であると説明はされておりますが。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail