邪宗の学者ぞ彷徨へる

通勤無しの日々となると,フレックどころか完全に時差生活です。たまに朝からネット会議が入りそうになるのですが,

あ〜,その時間,別の会議入ってるんだよね〜」

と適当なことを言って午後を指定。罪悪感も薄れつつある日々ですが,困るのは生活全体が夜型シフトしてしまうこと。

普段から夜型ながらも,一応1時には就寝するようにしていました。それが昨今は2,3時になることもしばしば。もちろん仮想遅刻は極力避けておりますが。ちなみに仕事で夜ふかしですよ。念の為。

でも仕事しつつとは言え,昼間モードとは全く違うのも事実。YouTubeをチラ見しつつ,CD聴きつつ,ワイン飲みつつなので,生産性さほど高くはない。

クラシックの曲は,演奏に大体が30分から1時間かかります。そこそこ長そうですが,これが仕事中となると意外と中途半端。ちょっと集中してたらいつの間にか終わっていて,次の曲を探すために仕事中断せざるを得ません。

勢い選曲はMahler, Brucknerらの巨大戦艦モノが多くなるのですが,もっと便利な曲があります。それは,

J.S. Bach,マタイ受難曲

3時間ものあいだ,流しっぱなしにできます。マタイをBGMに深夜の酒飲み,なんと罰当たりなことでしょう。ま,「宗教は物理」といつも答えておりますし,そもそも罰が当たるのは仏教でしょう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail