折角の春真っ盛りの花も

春の,と書き始めて,果たしてまだ春なのか。日本ならGWの頃はもう初夏です。でもこちらはまだまだ朝晩は冷え込みます。とは言え恒例の夕方ジョギングでは汗が流れるほどになってきました。曇りのち晴れじゃなくて,春のち夏が一日であるような感じでしょうか。

町中の街路樹は花盛りですが,残念ながらそれを見る人影もまばらです。夕方になると散歩やジョギングする人達がちらほら現れてきますが,それでも普段とは比べものにならないほど閑散としています。

ところで普通にジョギングしている最中のこと。つば飲み込みに失敗したのか,咳き込みそうになったのです。普段なら走りながらでも,ちょっと咳払いすれば良いだけのこと。でも今の時期はちとまずい。

運悪く,たまたま付近に通行人がいたのです。絶対に咳はできない。

必死に我慢しましたよ。もう苦しいのなんのって。咳しながら走ってたら絶対に白い目で見られますよね。いや通報されかねない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

メールが消えてたので魔窟探索

定期的に来るはずの案内のメールがなかなか来ないなあと一瞬思ったものの,そのまま忘れていました。そして今度は来るはずのメールが来ない。こりゃなんかおかしいと迷惑メールボックスを開いてみたら,ちゃんとそこに分類されていました。

最近のメール振り分けシステムはとても賢いので,間違って迷惑メールになってしまうことは少く,油断していました。たまーにはそこも覗いてみないと。

ずらずらっと並ぶ迷惑メール,実は大半は迷惑メールじゃなくて某Y社の宣伝メールなのですが,それを全部迷惑メールと報告しているうちに,しっかりと学習してくれました。今ではそれらを見ることもなく幸せです。

メールのタイトルだけは一覧で見ることができます。ちらほら散見されるのが,あなたのアカウントが凍結されました,というタイトルのもの。

まあ,たいへん

もちろん開いたりはしませんが,よくまああれこれとセコイ手を考えるもんだ。そもそもFacebookやらなんやら,アカウント無いし。

中には全く読めない言語で書かれているものもあるのですが,一体全体どういう人をターゲットにしてるんでしょうね。たまたま来てたのを調べてみたら,インドネシア語でした。そう言えば仕事用のメールアドレスにも読めない言語のが舞い込みます。即削除しますけど,なにを考えてるんだか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

廃材にわくわく

こういうコンクリートの廃材が無造作に捨てられていると,どういう所で使われていたんだろうと,なんだかわくわくします。新しいものなのか,古いものなのか。古いと言ってもこの土地柄,せいぜい80年前くらいか。

コンクリートの古さを,表面に浮かんできた砂利から推定するというのをどっかで聞いたと思うのですが,もしかしたら日本限定なのかもしれません。これもかなり表面がザラザラしており,かなり風雪に耐えてきた感があります。

コの字型のブロック,水路だったのか,建築物の一部か。「さっぱりわかんねえ」ですけど,妄想するのは自由です。こういう20世紀の遺跡を求めて,ぶらぶら探検してみますかね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

三密無縁な日曜日

こちらに帰国して4週間目となります。自宅待機命令も,最小限度の運動ならよいことになってますので,少々外の空気を吸いにいくのはOK。3月末に戻ってきたときは,まったく人気の無い町に変わり果てていたLos Alamosですが,気候もよくなり,散歩する人々もそこそこ見かけるようになりました。

とは言え,広大な大自然にぽつんと存在する町です。密閉,密集,密接とは全くの無縁。たまに犬の散歩する人とすれ違う程度。

で,真っ昼間からビール。退廃的午後にストレスも消え去ります。さて昼寝するか〜

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

さっぱりわかんねえ

Amazon Primeで,何故か大昔の「ルパン三世」を視聴できます。なんとなく懐かしく,深夜寝る前にちょっとずつ見る日々になってしまいました。子供の頃は全く気にも止めませんでしたが,やっぱこれかなり大人路線。

で,その第9話「殺し屋はブルースを歌う」に出てきた秘密のノート。次元大介が「さっぱりわかんねえ」と言って一瞬画面に映るのですが,一瞬でピンと来ました。巻き戻して画面キャプチャ。

グラフは物理の教科書に出てくる原子核の束縛エネルギーの図。式も物理関係のものです。で,そこに書かれた文字

したがってサンマ一匹のネダンは

こんな一瞬のコマで,よくまあこういうネタを仕込むもんだ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

公私混同なのか市民サービスなのか

先週末の昼下がり,ピアノの鍵盤をぶっ叩いてると,パトカーが二台ファンファン鳴らしながらやってびっくり。近所で事件か。パトカーの後ろには数台の車も連なってます。

何事かと窓から表通りを見たら,近所の家族も子供らと一緒に玄関前に座って警察隊を眺めております。そりゃあ気になりますよね。

でも驚いたことに警察隊,その家の前に止まったのです。こりゃ野次馬じゃなくて,あの家で事件があったのか。やばいことになったと思ったその瞬間,警官がスピーカーで何かを警告,

いや,歌だった。

Happy Birthday to You ♪

え?え?

一瞬何が起こったのかさっぱり理解できません。パトカーの後ろに連なる車の中からも,ハッピバースデーの声。これはつまり...

コロナの自宅謹慎状況で誕生日のパーティができなくなってしまった子供に,友人ら家族が車でお祝いを言いにきたわけ。それも警察に先導されて(公私混同?)

いやはやなんともアメリカらしい光景でした。その家族,警察パレードが来るまで,玄関前で待ってたというわけ。

そうとは知らず,僕はばりばり鍵盤を叩いておりました。すまんねえ,そんな状況で「残酷な天使のテーゼ」とか弾いてて。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail