冠禍の日本を脱出して禍の国へ到着

福岡空港から成田へ。まずこのチェックインで躓きました。ANAとDeltaは提携していないので,元々通しのチェックインはできないのですが,スーツケースだけはAlbuquerqueまで預けられるはずです。それがうまくいかない。

成田でスーツケースを一旦受け取って再度預けなおす余裕はありません。ANAの職員さんもDeltaに電話をかけるまでしてくれて,なんとかそこはパスしました。

この時期の成田行き,当然ながらガラガラです。この非常事態に海外に飛ぼうなんて人は,あちらへ這々の体で帰国する人くらいなもんです。

成田第一ターミナルの南ウィング,Star Alliance側。全くの無人です。

そして北ウィングSkyteam側も,地上係員が暇そう。不幸中の幸いというのか,いとも簡単にチェックインできました。福岡で預けたスーツケースもちゃんと確認してもらえ,安心してSeattle行きへと乗ることができます。

国際線もご覧の通り,キャンセルだらけです。そんな中,Seattle行き便を飛ばしてくれたDeltaに感謝。乗客はおそらく2割以下だったので,大赤字の筈です。

ところでこのSeattle便が,最後の成田発Delta便だったようです。今後は全て羽田発着になります(そしてその羽田発をキャンセルされた)。

搭乗直前,パイロットさんが搭乗口に現れて最後のスピーチを行いました。今日は記念すべき日であることを伝え,成田の地上係員へ感謝を述べました。機体がボーディング・ブリッジを離れるときは,成田の係員もちょっとばかり感傷的になっていたように思います。

SeattleからSalt Lake City,そしてAlbuquerqueと,キャンセルも無く順調に飛びました。乗客は極端に少なく,機内サービスもありません。でも帰りついただけでも幸運です。

ABQでのレンタカーオフィスに誰もおらず,ちょっと焦ったのが最後のイベント。なんとレンタカー数社の対応をたった一人でやっておりました。それほどまで旅行者がいないということ。まさに異常事態です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail