冠禍での日本滞在,ロプノールピアノ

小学生の頃にピアノを始め,まともにレッスンを受けていたのは大学時代まで。その間,引っ越しもありピアノもそれに合わせて移動してきました。

このピアノは元々同居していた祖母のものですので,僕が生まれるより前のもの。それを練習に使い始めました。

僕は中学時代に近くの町に引っ越し,でも暫くはピアノの置かれた祖母の家まで通って練習していたものの,やはり不便だからと自宅へ運送しました。後から聞いた話ですが,祖母はたいそう悲しんだんだとか。

時は流れて僕も大学卒業。もう誰も弾くことが無くなったピアノは,再び祖母の元へ。でも彼女がピアノに触っていた形跡もなく,東京の従姉妹と僕が弾く賛美歌「主よ御元に近づかん」を最後にしばし沈黙したようです。

その後,本家を守る叔父が亡くなった後,うちの母が再びピアノを自宅へと運搬したようです。でも僕は渡米,調律されることもなく,随分と酷いコンディションのまま10年の歳月。

そして先週,実家の整理をしながら,もうこのピアノは処分するほかないなと親戚と話していたら,従姉妹が「ピアノの練習したい」と言うじゃないですか。

古いピアノなので,運搬,修理,調律,全部で20万円の見積もりとなりました。正直,新しい電子ピアノを買ったほうが良いと思うのですが,思い出のピアノを温存してくれるというのだから嬉しい限りです。せめてあと10年,このピアノが音楽を奏で続けられたらと思います。

ところでピアノの上に置かれた青い本は,子供のピアノ練習で定番のソナチネアルバム。僕が子供の頃に使ったものですが,開いてみると自分の書き込みがありました。高校か大学時代,ソナタ形式と和声の勉強のために書き込んだもの。ソナチネは構造が単純で定形通りに書かれたものが多いので,音楽の勉強にはもってこいです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail