三段跳びでParis到着

今週月曜日,早朝6時の便でAtlantaへと飛び,そこからさらにWashingtonへ飛んで会議に出てきました。今朝は全く同じ便でAtlantaへ飛び,そこからまずはJFKです。

New Yorkで仕事があったわけではなく,JFKまでは小さなステップ。さらにParisへとジャンプ。

パリ出張はたしか2年ぶりだったはず。その時は新人若手を一人連れて来たのですが,今回は別の新人。ポスドクを終えたばかりの女の子です。Atlantaまでは同じフライトだったものの,そこから彼女は直行でパリ。僕はもう一段階増やして大西洋便搭乗時間を少し減らしました。

直行に乗らなかった理由はそれだけではなくて,パリ到着時間を遅らせる目的も。直行便がパリ到着するのは朝の6時です。そこから日曜朝のパリを放浪したくはありません。もっとも一段階増やしたところで朝8時なので,大して変わりは無いのですが。

CDGで彼女と待ち合わせ,そこから電車で市内へ。まだ朝9時なのでチェックインは無理だろうから,取り敢えず荷物だけ預かってもらおうと思っていたら,なんと入れてくれました。

2年前に泊まったホテルと同じところで,Sorbonneのすぐ近く。ベッドが部屋の70%くらいを占拠していますが,そこはまあパリ,こんなもんです。

ところで電車を降りて駅を出るとき,自動改札機が切符を受け付けてくれません。近くに係員もいなかったので,丁度改札を出ようとしていたご婦人に「ちょっと助けてくれない?」と彼女が出た後について脱出しました。後輩新人は心配そうに眺めておりましたが,

そこはまあパリ,なんでもあり

こういうのを英語でpiggy backと呼びます。どうでもいいけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

遠くから来るもんだ

Amazonで注文していたCD,配達に数日かかるので在庫が無かったかと思ったら,なんと海外からの配達でした。わざわざ英国から発送されていたとは。

でも考えてみたら,日本から発送されたインスタントラーメンもありましたし,中国から直送もありました。送料なんて,国内で大規模な倉庫に商品用意するのに比べたら大したことないんでしょうね。

それはそうと,このケース割れてるんですけど。

中身に問題無いので,予備のケースに入れ替えればいいんですが,なんとなく悔しい。でも送り返す先は再び英国。交換はめんどくさいので諦めました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

頼み事されやすい人

世の中には頼み事をしやすい人,しにくい人がおります。別に僕がどっちだという話では無くて,昨日飛行機内で見かけたおじさんのこと。

僕の右隣,通路側に座っておられた初老の男性,年配の御婦人に,スーツケースを上に上げてくれと頼まれました。すでにシートベルトをしていたにも関わらず,嫌な顔ひとつせずに女性を手伝い,再び席についたその男性に,おばあちゃん

「縦じゃなくて,横向きにして」

ちょっと変だったのは,この女性,すぐ近くに座っていた人には頼まず,わざわざちょっと離れてた僕の隣の人に頼んだこと。たまたま目があったのか分かりませんが,瞬間的にこの人なら助けてくれると判断されたんでしょう。

その後フライトの途中,客室乗務員が「何か飲み物は?」と聞かれて,僕の注文を先にするよう促したり,持ってきたグラスを中継してくれたり。なるほど,ご婦人の洞察力に狂いはなかったようです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

もったいないおばけが出る前に

何度か書いたけれど,フォーマルな服装の話題。

年配の友人,いつもきちっとした服装で仕事にやってきて,職場の雰囲気とは一線を画しております。うちの連中ときたら,夏はTシャツに短パン,冬は大学名がどーんと書かれたトレーナーにジーンズが基本ですもん。

そんなダンディな彼は,以前の職場ではネクタイも締めておりましたが,さすがにそれは浮きすぎるのか,今ではジャケットのみです。先日,彼と仕事着の話をしておりました。

別に重要な会議に出るわけでもないし,カジュアルな服装でいいんです。ただ自分のリタイアまでの日々を考えたとき,クローゼットに並んだジャケットはもう使うこともないかもしれないし,折角なので着てる。この点は同意で,僕も普段の仕事にジャケットをひっかけて行くことはよくあります。

そしてネクタイ。さすがに日々の通勤には使いませんが,ちょっとした会議のときは締めて行くようになりました。単に使わないと勿体ないから。

明日からそんなちょっとした会議です。今回,報告事項は同僚に押し付けたので,僕の義務は車の運転程度。会議室の後ろに座ってるだけなのでどんな服装でも良いと思うのですが,そんな理由でネクタイ一本デイパックに詰め込みました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Deliusを大人買い

F. Delius ディーリアスは19世紀末から20世紀初頭の英国の作曲家ですが,一風変わった音楽を残しています。英国と言っても,ほとんどをParis南部のGrez-sur-Loingで過ごしていますが。

当時のWagner, Mahler, R.Straussの音楽がどーんと迫ってくる油絵なら,この人の音楽は田園の水彩画,あるいは印象派風。僕は好きな作曲家なのですが,持っていたCDを誰かに貸したままになってるらしく,ずっとunDeliusな年月が過ぎ去っていきました。

それが先日,Amazonで格安ボックス・セットを見つけたので,これ幸いとポチっ。でもまさか18枚セットだったとは。

この人の曲の隠れファンは多いと思うのですが,さほど頻繁に演奏されることはありません。「ディーリアス」でググってみても,たったの5ページ止まり。「春初めてのカッコウの声を聴いて」や「夏の庭で」,「楽園への道」あたりの管弦楽曲はそこそこ取り上げられ,YouTubeにも幾つか動画があります。

全体にあまりくっきりした旋律というものが印象に残らず,移ろいゆく音の色が印象に残る感じの作品です。極端な起伏も少なく爆発力もない。でもそこが魅力です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだまだ足りない語彙

普段,仕事上の英文を読むときに辞書を使うことはあまりありません。友人らのメールにはたまに変なjargonが紛れ込むこともあり,なんじゃいこりゃとパソコンに付属する辞書を使うことはありますが。

それがこの二日間で全く見たことが無い単語に遭遇いたしました。

Deontology

哲学者カントの唱える「義務論」 … だそうです。初めて見る単語に加えて,パソコンの英和辞書にも載ってない。英英にはありましたが,ググりました。知り合いのメールに書かれてたものですが,彼が哲学用語を駆使するとは知りませんでした。

Inauguration

辞書引いたあとに思い出したのですが,大統領の就任式 Presidential Inauguration,普通の意味は就任式。それとはちょっと違ったコンテキストで使われていたので,就任式には気付きませんでした。まだまだ修行が足りません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail