少々迷惑なStanding Ovation

地元高校のホールを使って開催される地元コンサートシリーズへ行ってまいりました。Horszowski Trioという若手の三重奏で,ピアニストは相沢吏江子という日本の方。ポーランドのピアニスト Horszowskiの名前を冠した三重奏団で,日本語ではホルショフスキと書かれていますが,あの国の名前です。本当は全く想像もつかない発音なんでしょう。

MendelssohnとSchumannのピアノ三重奏曲,それに現代曲をひとつ。Mendelssohnのは何度か聞いたことがあるはずなのですが,全く記憶に無し。例によって流麗に流れていき,終わったら,あれ,どんな曲だっけとなるような曲,と言ったら失礼か。

Schumannの三重奏曲第1番は時々聴いている曲で,良い曲なのですが,そこはやはりシューマンっぽいのでゴニョゴニョ。

さて今日の話題はコンサート評ではなくて別のこと。こんな田舎町でのコンサートのせいなのか分かりませんが,全曲終わると困ったことが起こります。それはスタンディングオベーション。

普通のコンサートなら,よほど大感動・大感激するような演奏に出会わない限り全聴衆が立ち上がって拍手することは滅多にありません。もっとも僕の経験は日本と欧州に限られるので,アメリカの一般の様子はちょっと分からない。

ともかくここでは,どんな演奏だろうがスタンディングオベーションしないといけないのがマナーかのようになっているのです。そりゃ演奏家さんたちには最大限の賛辞を送りたい。でも立ち上がってまで拍手したいっていう演奏はまずない。

問題はそれだけではないのです。こういうコンサートシリーズ,やはり客層の平均年齢は高い。そうなると立ち上がるのに難儀される年配の方々も多いのです。なのに前の座席が立ち上がっちゃうと,もうステージは見えない。

だからと言って立ち上がるなとも言えないし,なんだかモヤモヤした気分です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail