なんの先生?

友人らと町中の小さなカフェでランチしていたときのこと。突然全く知らないおじさんがテーブルへとやってきて,僕に話しかけてきました。

「お前は物理を教えてるの?それとも音楽?」

友人らとの会話が物理関連だったと思うので,それを聞いてそっち関係のグループと思ったんだろうとは思います。でも何で音楽?

大学じゃないから教えはしないけど物理だよ,と答えたら,なんか市民講座的な質問をちらほらされた後に,おじさん,去って行きました。

で,何で音楽?

隣の友人に「音楽って言ったよね。なんでだろ」と聞いてみるも,彼も首をかしげています。彼が言うに,僕がどっかでピアノを弾いてたのを見てたんじゃないかと。でも知らない人の前で弾くことって全く無いんですよね。もしかしてうちの近所の人だったのかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

みるみる埋まっていく予定

1年先の予定はかなりスカスカです。年始は仕事関連の会合が少ないのと,冬の不安定な天候に出張を控えたいという心理も働きます。だんだんと予定が入ってくるのは仕方ないとして,どんだけ出張予定が入ってるのか,今年度予算の確認も含めて再確認してみました。

2月には予算関連の絶対出席会議が一つ,フランスとの共同研究の会合が一つ。3月には将来プロジェクトに関した超気が乗らない会合が一つ。4月と5月,6月,これまたプロジェクト関係。

6月には海外が一つ。夏は今の所静かな予定ですが,秋にはまた海外が2つ。

もちろん予定ですので,全部出席という訳ではありません。その一方で,これ以外に会議が飛び込んでくる可能性は高い。さらに言うなら,これ全部自分だけが参加する訳ではなく,連れて行く後輩らの旅費も工面する必要があります。

必要な旅費予算は,当然ながら100万円超,いやその数倍となります。お金のことは考えたくは無いのですが,これも仕事の一部,仕方ない。ちなみに日本にいた頃,年間旅費は9万円でした。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

仕事始めに小障害

こちらでは2日から通常営業です。でも日本に帰国していた関係上,2,3日は年休を入れて,昨日ようやく初出勤しました。実際同僚らも今週から出勤している人が多いようです。

実は先週末締め切りという報告書があったのですが,こっちに戻ってみたらまだ他研究所からの分が集まってません。まだ提出できないからもう一日待ってもらえるかと問い合わせをするも,返答なし。これはつまりあれですね。こっちの都合良く解釈してよいと。

さて仕事初めにする儀式の一つ,それは新しいルーズリーフノートをおろすこと。まずは一番最初のまっさらページに2020と書き込みます。それから昨年のノートから一部必要なリーフを抜き,新しいものへ差し込みます。

買うタイプは特に決めてはいません。毎年帰国の際に適当に一冊買って帰ります。今年のは綴じ部分が柔らかく開きやすいのが売りらしく,確かにこれは便利そうです。

中央部を開き,ノートを差し込もうとして,

あれ? 穴のピッチが違う。

ルーズリーフなんてどれも規格は同じかと思ったら,今回買ったものは穴の数が微妙に多い。強度を増やすため?

こればかりはどうにもなりません。正しいサイズのは次回帰国するとに買うとして,しばらくは昨年のノートに追加して使い続けるしかないようです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

日本のセルフレジで戸惑う

ちょっと円安なので,本当なら日本での支払いはドルのクレジットカードにしたほうがお得なのですが,現金が少々残っていたので,日本滞在中はほぼ現金払いでした。その例外の一つ,スーパーマーケットでのセルフレジを初めて使ってみました。

バーコードを中々スキャンせずにイラっとすることもありますが,黙々と作業に没頭できるのがよいところ。全てスキャンを終え,さて支払い段階になると,スーパーの系列のカードがずらずらと並んだ画面となります。もちろん,その他を選びカードを入れると,

係員が参ります。そのまましばらくお待ち下さい。

僕のクレカがアメリカのものだったせいでしょう。直筆サインが必要と言われました。折角自分だけで全て完結すると思ったのに。

書店のレジにて。「ブックカバーをおかけしますか」は必ずNo。「手提げ袋にお入れしますか」もNo。リュックを持ってますし,読んでるのを見られて恥ずかしいような本は(たぶん)ありません。そりゃ,この歳のおっさんが星野源を読んでる図はちょっとどうかとも思いますけど。

それはさておき,店員さんの手間を省くために全部要らないと言ったのです。で,どうなるか。

「ではシールだけ貼らさせてください」

と全部の本一つ一つにシールを貼る手間。素直に袋に入れといてくださいと言えばよかった。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

数年ぶりの初詣

元日午後,酔い醒ましを兼ねて実家の近所を散歩してきました。正確に言うと中学生時代まで住んでいた家の近所であって,今の家からは少々離れております。ちょっとした散歩コース。

近所の小さな神社,折角なので初詣。小さなところなので参拝客もちらりほらり。そもそも何の神様なのかよく知らないのですが,まあいいや。

もう時効なので白状しますけど,小学生の頃,ここで少々悪そうしておりました。床下に潜り込み,友人らと秘密基地。そこで生まれた初めてアリジゴクを見ました。すり鉢状の穴を掘って蟻が落ちてくるのを待ってるやつ。

そんなのがあれば,もう蟻を落としてみるしかない。蟻を捕まえて入れてみたら,あっという間に脱出されてがっかり。

そんな床下への側面はコンクリートで固められ,今ではもう入れなくなっています。「近所のガキが入ってきて悪さするから」という理由ではないと信じたいんですが。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

明けましておめでとうございます

皆様,あけましておめでとうございます。

数年ぶりに日本での年越しです。とくに何もすることもなく,書店で本を物色したり,和食っぽいものを食べたり,だらだらとテレビを見たり(これは本当につまらない)。

近所を散歩していたら高校の同級生から「もしかして歩いてた?」とメールがきたり,ショッピングモールで小さな子が何故か突然立ち止まって僕に手を振り始めて母親から不審がられたり,お釣りの30円をそこにあった募金箱に入れといてくださいと言うと「本当にいいんですか」と確認されたり,なんたらかんたらポイントカードお持ちですかにNoを言い続けたり。

というわけで,新年が明けたついでに缶ビールをもう一本ぶしゅっと開けて,Life in Los Alamos,今年もよろしくお願いいたします。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail