お釣りが出てくるのか心配なセルフゲート

気づけば今年も残すところあと3週間,光陰矢の如くどころか光の速度を超えて過ぎ去って行きました。今日は早くも冬休みになった長女を迎えに空港へ。

駐車場に車を入れていたのは,ほんの30分程度なもんです。駐車場出口に向かうと,3つのサインがあります。

Credit Card,読んで字の如く,クレカ専用ゲート。以前はよく利用していたのですが,一度カードをどうしても読んでくれなかったことがあり,それ以後避け気味。パネル操作するのに少々体を乗り出したりと,運転手目線の設計になってないのも避けたい理由です。

Full Service,係員さんが居て,現金なりクレカでの支払い。一番確実です。クレカよりもこのゲートを選ぶ車が多いようです。

そして今日気づいたのが,Self Service。今まであったっけ。

クレカ払いとどう違うのかと思ったら,現金も受け付けるようです。支払い金額は$4。財布に$5札が入っていたので,それを押し込んだのですが,ちと不安がよぎります。

そもそもこの国の自販機の札認識度の低さ。$1札を何度も入れ直し,別の札も試し,挙げ句の果にどっかでQuater4枚と交換してもらうとか。

そもそも$5札いれてお釣りは出てくるのか。Thank Youと表示されてオシマイの可能性も否定できません。どっかに小さな文字でNo Changeと書いてあったとか。

機械の沈黙を待つこと数秒,$1札がひょろっと出てきました。ほっ

駅にある切符券売機では,お釣りはコインで出てくるものがよくあるのですが,ここは残念ながら札。この国に来て$1硬貨に出会った回数は,まだ指折り数えられる程度です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail