Albuquerqueにて無為な一日

昨晩よりAlbuquerque空港横のホテルに滞在しています。別に仕事はありません。単に土曜早朝の飛行機に乗るため。

普段なら早朝のフライトでも朝3時に車でLos Alamosを出れば間に合います。なのに今回は早めの下山,その理由は雪。

木曜夜から金曜,土曜と大雪の警報が出ていたのです。下手すると空港までのフリーウェイが閉鎖されます。実際過去にそういう事態に遭遇し,飛行機に乗れなかったことがあり,そんなトラウマから前もって空港まで来る決心をしたわけ。

旅程前日に空港まで来るのでもよさそうでしたが,それすら危険という予報に,木曜夜にLos Alamosを出発。実際Santa Feを通過する頃には雪が降り始め,このままなんとかもってくれと願いながらの高速道路運転でした。

ホテルにチェックインして一夜明け,あちらの天気を確認してみたら,なんと雪の予報が弱まっています。金曜出発でも十分大丈夫だったっぽい。おまけに金曜朝になったら,雪どころか雨。

まあそんなのは結果論。二泊分払ったのは痛かったものの,ホテルでなんもすることもなく,Don’t Disturbの札をドアにぶら下げてのんびりと午後を過ごしました。たまにはこんなのも良いものです。後は自宅から持参したワインでも飲んで早朝便に乗り遅れないように早寝するのみ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Santa Feに出現した妖怪

Santa Feの Museum of International Folk Artで日本の妖怪展が開催中と聞き,行ってきました。この博物館そのものも,色々と面白いところがあったのですが,そのまずは一つ目妖怪のお出迎え。

妖怪とくればこの方ですが,幽霊,般若,カッパ,天狗,なまはげ,信楽焼たぬき,貞子,トトロにポケモン,なんでもありっぽい。

宇和島市の牛鬼。御札にはちゃんとサンタフェ市と書かれています。

おなじみ,「なぐごはいねか」の人。これは妖怪かな。

正直言うとあまり期待していなかったのですが,なかなかポイントを押さえた展示となっていて楽しめました。会場内にはちょっとしたお化け屋敷も作られており,それなりにびっくりする仕掛けもありました。お客さんもそれなりに入っており,ポケモンのルーツはこれだったかと皆さん納得したはず(いいのか?)。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

氷のかけらを探して

少しばかり雪が積もった今日,足元の悪さにも負けずにジョギングしてきました。午後には日差しもあり,道路は大体とけてはいたのですが,それでも突然行く手を雪道に阻まれることしばし。

こんな日,ジョギングするには少々不便なのですが,iPhoneを持ってでかけます。お目当てはあちこちに残った雪や氷。垣根に積もって雪が解け,それがまた不思議な形で凍ります。

スマホで撮るのはちょっと難しいのですが,むにむにした形に成長する氷がおもしろい。

枝に氷の蛹がくっついてるようです。こういう小さいけれど変わったものを発見する面白さ。ちょっと高級なカメラかスマホが欲しくなります。

それはさておき,雪道をジョギングする人はおりませんでした。ましてやクリスマスだというのに。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

金の切れ目が仕事の切れ目

申請していた新しいプロジェクトが審査を通ったというメール,週明けから縁起が良さそうな話ですが,実はこっちにお金は入らない。

国際プロジェクトの形になっており,申請が通ればそれぞれの国の予算を割り振ってくれるものです。こちら側は取り立てて大きなお金は申請していないのですが,某国の共同研究者へ研究費を回すことができます。

彼のグループは今,存続の危機にさらされています。同僚の多くは既に他のグループに配置換え。彼だけが細々と今の研究を続けている状況で,理由はお上の都合。僕らと同様,彼も半公務員の身分なので,仕事内容が政策に左右されがちです。

新しい予算が通ったとなれば,しばらくの間は今の研究を続けることができそうです。少々心細い状況が続きますが,政権交代までの辛抱,ということらしい。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

薄くちまちまと食べます

福岡の千鳥饅頭のお菓子,チロリアン。子供の頃からず〜〜〜〜っとあるんですが,バニラ,ストロベリー,チョコ,コーヒーの4種類が基本。僕はもっぱらコーヒー味を攻めていた記憶があります。

そんなチロリアンの九州版。もともと九州銘菓なのに,さらに九州版というのもよく分かりませんが,博多あまおう,宮崎マンゴー,それに八女の玉露味の詰め合わせです。

どれも味濃い目,なかでもあまおうはかなり来ます。その後に食べたマンゴーの味が分からないくらい。

ところで記憶が確かなら,チロリアンの筒状部分を薄く剥ぎながら食べていたような。最後クリームだけになったら,どうしてたんでしょうね。薄く剥ぎながらと言えば,ヨックモックもそんな食べ方していました。チョココロネも,渦巻を解きながら食べていました。ドーナツも周りから食べると,最後に虚無だけが残ります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだ冬への準備不足でした

さほど寒い日があまりなかったせいか,普段の通勤の服装はシャツの上にジャケットひっかる程度ですませていました。一応秋になって衣替えはしたものの,入れ替えたのはシャツのみ。家の中ではTシャツ短パンだし,それでさほど困らない。

とは言え,氷点下が続くようになると,ジャケットだけでは寒く,セーターも必要になってきます。でも今出しているのは,セーターとカーディガンがそれぞれ一着のみ。先月のNew York出張で急遽引っ張り出してきたものです。

さすがにこれじゃ組み合わせが底をつきますので,今週末あたり防寒着も出さなければ。

ところで自分で言うのもなんですが,同じ職場では,僕は結構まともな服装で通勤している方です。僕以外にジャケットを着ているのは,おしゃれで有名な欧州紳士ひとりのみ。あとはTシャツの上にパーカーだの,毎日変わらぬジーンズにセーターだの,そんな人ばかり。日本の大学の先生達のほうがずっとフォーマルです。分野によりますけど。

ただそんなカジュアルな環境ながらも,注意深く眺めていると,やはり欧州西側出身者はやや服装にお金をかけている傾向があるっぽい気がします。先程の欧州紳士は実は東欧出身ですが,イタリアと縁が深く,きっとそこでファッションセンスを磨いたに違いない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail