BYOBとCorkage

会議開催時,酒類を出すことは許されません。そりゃビール飲みながらの会議なんて普通はないですが(やったことは何度かありますが),問題はディナー時。ワインの出ないディナーなんて,こちらでは考えられないということです。

そういう場合の一般的なworkaround(解決策)は,キャッシュバーを用意してもらうこと。飲みたい人だけ,そこで自分で買ってくる方式です。

別の解決策,それはBYOB, Bring Your Own Booze,最後のBはBottlesでもBeverageでもBeerでも良いんですが,要するに酒の持ち込み。最近,安いワインを10本ほど貰ったので,それを来週のSanta Feのディナーへと持ち込もうと企んでおりました。

ホテル側からOKを貰っていたのです。但しその場合,Corkageを取られるとか。コルケージ,何と訳せばよいのか分かりませんが,抜栓料?

もちろんこれも会議予算からは捻出できませんので,自腹で払うつもりでいたら,昨日ディナー会場から連絡。BYOBはやっぱり不可だって。ホテル側がワインを正規に購入して,それを提供する必要があるんだとか。

実は同じホテルで,かつてBYOBをやったことがあるのです。なのでできるはずと思ったのですが,あの時はちょっと裏技を使ったのを思い出しました。ディナー会場に, ホテル最上階のペントハウスを使ったのです。客室で客が勝手に飲んでるわけだから,何のお咎めなし。

今回は通常のディナー。残念ながら裏技無し。手持ちの安ワインは数ヶ月かけて,僕が美味しく頂くことにします。

え?数ヶ月じゃなくて,数週間?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

最後の最後まで分からない

ちょっとしたサイズの会議を企画しています。国内外から数十人を集めてやるのですが,そういう機会で欠かせないのが晩餐会。とは言ってもかしこまったものではなく,カジュアルな夕食会です。

会議参加者全員が夕食会に出るわけでは無いので,人数確認は欠かせません。会場ホテル側に参加者数を伝えておかないと,あちらも用意できません。

そういう時に困るのが,必ずと言っていいほど出てくる,ぎりぎりで何か言って来る人々。

多くはありません。例えば,夕食会に出るつもりだったんだけど,やっぱりいらないとか。参加登録で夕食を付け忘れたとか。これは数が確定しないパターン。

ヴェジタリアンとか,宗教上の理由で何かが食べられないとか。これについてはホテル側が対応します。

中には変なリクエストもあります。あれが食べられない,これが食べられない,かなりピンポイントで指定してくる人。アレルギーでも無い限り,こんなのは対応できません。

そして最後の最後,参加者でもない一人からのリクエスト。

会議出ないけど,夕食会だけ来ていい?

いや,いいけどさ。いいんだけどさ。お金払ってね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

夏と冬の境界で

週末,爽やかな秋晴れの中,久しぶりに外で仕事をしようと,パソコン,Bluetoothスピーカー,アイスコーヒーの三点セットを持ち出しました。でも寒いんです。爽やかさだけでは耐えきれなかった。

日陰になると,とてもじゃないけど野外で仕事なんて優雅なこと言ってられません。毛布が欲しいくらい。で,足を日向へと延ばします。

そうすると,暑いんです。直射日光でそこだけチリチリと焼けるよう。中間が無いのです。

寒くなれば直射日光面積を増やし,暑くなってくるとじりじりと日陰へ移動。平均値が欲しいんですけど。

先週まではまだまだ夏の続きだったのに,今週から突然朝冷え込むようになりました。朝は上着を。でも昼はまだ暑い。折衷案として,半袖Tシャツにジャケットをひっかけるという,ちょい悪オヤジスタイルそのまんまで通勤しております。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

図書館消滅

同僚との話題が職場の図書館に及んだときのこと。あの地下に仕事で使える机があるんだとか。そう言えば昔,書庫に籠もってた際,そんな机で古い文献を調べていたことがあります。でも今どき古い論文は目の前のパソコンで全て見ることができ,書庫に用事はありません。

書庫へ入ったの? と尋ねたら,そういう用事では無く,単に仕事場所を探してたんだとか。書籍はもう置いてないんじゃないかと言います。

確かにかつて図書スペースだった場所の本は,何年も前に全て消滅し,共用のミーティングスペースへと変貌しています。文献も全て電子化されて,書庫と呼ばれるものはもう無いのかも。

大学に勤めていた頃,あのカビ臭い書庫は,ある意味非日常空間でした。今日は気合い入れて文献を集めるぞと,書庫に半日籠もり,興味ありそうな論文を片っ端からコピーしていました。

ちょっと疲れたら古い雑誌コーナーへ。昔の音楽関連,コンピュータ関連の雑誌記事をぱらぱらとめくるのも楽しいものです。でも今じゃそれもネットのどこかにある話。

書庫は英語でArchive。古い電子情報を保存するのもアーカイブ。同じと言えば同じですが,あのカビ臭さだけは失われてしまいました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

古い紙,古い写真

昔のアルバムに,写真と併せて旅行時のチケットやらを貼っておりました。ほとんど一人旅なので自分が写った写真はほとんど無く,風景や建物ばかりなので,逆にこういうチケット類が今となっては面白い。

生まれて始めてウィーンを訪れたときの3日間フリーパスです。当時の92シリングが幾らだった定かではないのですが,1シリング20円くらいじゃなかったかなあ。このパスを使い,地下鉄と路面電車であちこち移動したんでしょうか。記憶に無いんですけど。

ウィーンでの滞在は,安いユースホステル。憧れの音楽の都です。まずは国立歌劇場へ。でも普通の座席は高いので天井桟敷。

出し物は「蝶々夫人」でした。舞台はほぼ見えませんので,オケピットを鑑賞。後ろの方では,常連さんなのか,おっちゃんが床に座り込んで音楽だけを楽しんでおりました。

オペラを観た気分にはなれなかったので,翌日はフォルクスオーパーへ。

演目は定番の「こうもり」です。こちらはちゃんとした座席で,お値段もそこそこだったようです。

ちなみに実家の方には子供の頃のアルバムもあり,小中学生の頃の自分の写真も数葉。今と変わらず生意気そうなガキの顔をしておりました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

行って帰って服増加

一週間のご無沙汰でしたが,実は帰省しておりました。先週金曜日朝に発ち,昨晩戻ってきましたので,実家に4泊,少々慌ただしい旅です。ほぼ自宅飯だったし,お見せできるような写真も特に無いのですが,例えば

こんなのとか。キッチンで見つけた夜食。うどんもありました。

小さなスーツケースで帰国したので,荷物は最小限です。まあ日本だし,衣服が足りなきゃ買えばいいやと思っていたのですが,そんな時間もままならず,ジーンズ一本買い足したのみ。

若い女性の店員さんに,いま履いてるようなシルエットのジーンズが欲しいんだけどと言って彼女が指差したのは,超スリム。ジョギングで鍛えたふくらはぎがもっこりしそうです。

いやいや,そんなのは履いてないでしょ。つか,この歳のおっさんにスリムフィットジーンズを薦める?

ジーンズ以外に増えたものがあります。それは祖母が作ってくれた久留米絣の着物。ずっと実家に放置されており,そろそろ持って帰るかと引っ張り出してきたら,

予想以上に布の厚みがありました。かなり圧縮して持って帰りましたけど,はたして着るかなあ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail